はぴねす歯科

お知らせ

年齢を重ねるからこそ気を付けたい、歯の色

歯の色は、年齢を重ねるにつれてだんだん黄ばみやくすみが増してきます。歯の色の変化は、実際の年齢よりもさらに上に見られがちなのです。では歯の色を改善することで、何か変化が起こるのでしょうか。

歯の黄ばみやくすみは年齢を重ねた証

若いころはそれほど気にならなかったのに、最近歯の色が汚くなってきて、人前で笑うのが恥ずかしい・・・こんな経験をした方はいらっしゃいませんか?歯は年齢を重ねるにつれ、だんだん黄ばみが増してきます。歯の表面は固いエナメル質で覆われていますが、内部の象牙質はやや黄色味を帯びた色をしています。年齢を重ねるにつれ象牙質の色が濃くなり、濃い褐色のようになってしまいます。歯が黄ばんで見えるのは、内部の象牙質の色が濃くなったためと考えられます。

また変色もしやすく、歯の汚れとともに歯の被せ物も変色してきます。セラミッククラウンやジルコニアクラウン、古くはメタルボンドといったセラミック系の被せ物は比較的変色しにくい素材ですが、前歯の保険の差し歯は表面がレジンで作られているため、月日が経つにつれてだんだん差し歯の表面に細かな傷が生じてしまいます。そこに着色や汚れ、細菌などが付着することで変色となって表れてきます。白く美しい歯は口元をキレイに見せるとともに、実年齢より下に見られることのふが圧倒的に多いのです。しかし月日が経ってご自身の歯や被せ物の色が悪くなってしまったら、できるだけ早く歯科医院を受けたほうがよいでしょう。

歯を白く美しくするならホワイトニングかセラミッククラウン

歯の色を白くする方法は、主に2種類です。ひとつはホワイトニングで、もうひとつはセラミック治療によるセラミックの被せ物に変えることです。

ホワイトニングは、ご自身の歯をさらに白く美しく仕上げることです。歯科医院で扱うホワイトニングジェルを歯に塗布して熱を加え、象牙質内部の歯の黄ばみを分解して真っ白に仕上げます。なおホワイトニングは被せ物には効果がなく、ご自身の歯のみに変化が起こります。

セラミッククラウンは、ホワイトニングでは白くならない歯、つまり汚れて劣化した人工の被せ物をセラミック系の被せ物に変える治療法です。セラミッククラウンは汚れが付きにくく変色しにくいため、長期にわたって白さをキープすることが可能です。

ホワイトニングとセラミック治療、どちらを行っていいかわからない場合は、歯科医院に相談してみましょう。ご自身の歯の状態に合わせて、どの方法で歯をきれいにするのが最良の結果を手に入れることができるのか、相談することで治療法が変わってきます。

白く美しい歯は、実年齢よりも若々しく清潔感に溢れています。年だから、と諦めず、歯を白く美しく整えて、生き生きとした毎日を送ってみませんか?

 

当院のホワイトニングについてはこちら