矯正治療中に虫歯になってしまったら?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

矯正治療中に虫歯になってしまったら?

矯正治療中は矯正装置の関係もあり、虫歯ができやすい口腔内環境のため注意して過ごす必要があります。しかし、もし虫歯になってしまった場合、虫歯治療を先に行うべきかどうか迷うこともあるかもしれません。矯正治療中に虫歯ができてしまった場合、どうすべきなのでしょうか。

虫歯は矯正治療中の代表的なリスク

一般的なワイヤー矯正の場合、ブラッシングが行いにくく、フロスも通しにくいため虫歯リスクが高まります。またインビザラインなど取り外し式のマウスピース矯正もブラッシングが不足したり、間食の摂り方などに問題がある場合、虫歯リスクを抱えることになります。

矯正治療を行っている方は、行っていない方と比べると口腔内環境を清潔に保ちにくいため、虫歯になりやすいのです。そのため虫歯は矯正治療中の最も大きなリスクと言えるでしょう。

もし虫歯が見つかったら・・・?

矯正治療を始める前に虫歯が見つかった場合、虫歯治療を済ませてから矯正治療に入ります。矯正治療を始めてから虫歯ができてしまった場合、部位にもよりますが、ほとんどの場合矯正装置を外さずに治療することが可能です。

しかし神経まで達した大きな虫歯の場合、根の治療を行う必要があるため歯をたくさん削らなければいけません。この場合は矯正装置をいったん外し、必要な治療を行うことが優先されます。

また被せ物ですが、セラミッククラウンなど審美性の高い素材を考えている方は矯正治療を終えてからのほうが良いかもしれません。矯正治療中は保険適用の素材を選び、矯正治療を終えてから改めて補綴物を作製すると良いでしょう。

なお歯科医院によって方針が異なる可能性があるため、担当医とよく相談するようにして下さい。

虫歯になりにくい環境作りを

矯正治療中に気をつけることはお口の中を清潔に保つことです。しかしいつも使う歯ブラシだけでは汚れを落としにくいため、補助道具が必要になります。ワイヤー矯正の場合デンタルフロスが通りにくいため、歯間ブラシの使用がおすすめです。もちろん歯間が狭い部分は無理に通す必要はありません。無理やり通すと歯ぐきを傷つけてしまうため、入る部分だけでも歯間ブラシを使って汚れを取り除きましょう。

またワンタフトの使用もお勧めです。ワンタフトブラシの小さな毛束が歯一本一本に対し、汚れを落としやすくしてくれます。奥歯など磨きにくく汚れが残りやすい部位には是非ワンタフトブラシを使ってみて下さい。

そして定期検診の受診も大切です。矯正治療中であるからこそお口の中に異常がないかどうかを確認し、虫歯や歯肉炎などのトラブルを早期に発見することで最小限に留めることができます。

矯正治療中は常にお口の中を清潔にし、虫歯になりにくい生活を送ることが大切です。

 

当院の矯正治療についてはこちら