歯のクリーニングはどこまでキレイになる?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

歯のクリーニングはどこまでキレイになる?

歯科医院で行うクリーニングは、歯の表面に付着した汚れや着色を落とす効果があります。では同じ歯を白くする方法でも、歯のクリーニングとホワイトニングでは白さや施術などにどのような違いがあるのでしょうか。

歯のクリーニングとは?

私たちの歯は、毎日の飲食により少しずつ色素が沈着するため、気が付くと歯の色が黄ばんでいたり、茶色くなっています。歯の色は笑った時に大変目立つため、黄ばみやくすみが目立つ歯では、口元だけでなくお顔全体の印象にも影響してしまいます。どんなにきれいにメイクをしてヘアスタイルをバッチリ決めていても、残念ながら口元でその人の印象は変わってしまうのです。それほど歯の色や口元は影響が出やすいのです。

歯のクリーニングは、日常の飲食によって付いてしまった汚れを取り除き、歯本来の自然な色を取り戻すことができます。またクリーニングは保険適用のものもあるため、同時に歯石除去を受けることで歯周病の予防にもなります。

保険と自費、クリーニングではどのように違う?

歯のクリーニングには保険適用のものと自費のものがあります。では同じクリーニングでも保険と自費ではどのように違うのでしょうか。歯科治療における保険治療というのは、虫歯や歯周病などといった病気が発症している際に適用になることを言います。つまり保険適用のクリーニングは、歯周病治療という名目で行われることがほとんどです。そのため歯周ポケット数値を測る検査が必要となり、歯石除去も行われることになります。使える器具や薬剤も、保険で定められたものしか使うことができません。

いっぽう自費のクリーニングは、保険のように制限がありません。ペーストや薬剤も、保険適用のものよりも幅広く使うことができるため、虫歯予防のフッ素塗布や歯質を強化するペーストなども使うことができます。そして何より、患者様の口腔内の状態に合わせた予防プログラムを組んで施術を受けることができることが大きな特徴です。

より白さを求めるのならホワイトニング

歯のクリーニングは、日常の汚れをきれいに落として本来の歯の色を取り戻す施術です。汚れやくすみが気になる方は、保険の範囲内で元の色を取り戻すことができることができるため、3か月に一度くらいのペースで継続されると良いでしょう。

より白さを求めるのならホワイトニングです。ホワイトニングは、ご自身の歯の色よりも白く仕上げることができるため、クリーニングでの施術よりももっと白い歯を!と思われる方は是非ホワイトニングを受けてみて下さい。クリーニングとホワイトニングの白さの差はかなりはっきりと出るため、白さを実感したい方はホワイトニングをお勧めします。

 

当院のホワイトニングについてはこちら