はぴねす歯科

お知らせ

口臭の原因、もしかして被せ物が原因かも?

人前に出るためのエチケットの中でも最も気になるのが口臭ではないでしょうか。ドラッグストアなどに行くと、たくさんの口臭ケアグッズが売られているのが目に入ります。しかしいくらケアをしても臭いが気になる場合、被せ物に原因があるかもしれません。

しっかり歯磨きをしても口臭が気になるのは?

口臭は自分では分かり辛く、家族などから指摘されてはじめて気づくものです。また口臭が気になって念入りに歯磨きを行っていても何となく臭いが残っているのではないか、と疑心暗鬼になってしまうこともあるでしょう。口臭の原因は様々ですが、もしかしたら以前に治療した補綴物の周りに汚れがついているのかもしれません。

汚れやプラークが付きやすいレジンや金属素材

歯科治療には色々な素材が使われます。その中でも保険適用の代表的な素材として、レジンと金属があります。どちらも虫歯治療や被せ物に使われており、保険が使えるため安価で機能を取り戻すことができます。

しかし保険適用の素材は耐久性に劣り、表面がざらついているためプラークや汚れが付きやすい特性があります。プラークは細菌の塊で、虫歯や歯周病の原因になるだけでなく、臭いの元にもなります。特にブリッジの場合清掃が難しく、口臭を伴うことが多く見られます。このように、お口の中の補綴物の素材が口臭の原因になってしまうことも少なくはないのです。

汚れが付きにくいセラミック素材

口臭の原因が補綴物である場合、素材を金属やレジンからセラミックのものに変えることで口臭のリスクを低減させることができます。セラミック素材は表面が滑らかでプラークや汚れが付きにくく、耐久性に優れています。セラミックには色々な種類があり、耐久性のほかに美しさも兼ね備えています。

・オールセラミック・・・全てセラミックでできており、自然な美しさは特に前歯に適しています。

・ジルコニアセラミック・・・人工ダイヤモンドと言われているジルコニアをセラミックに混ぜたもので、強度と審美性に優れています。

・オールジルコニア・・・全てジルコニアでできている被せ物です。やや人工的な白さのため目立つ前歯では使われず、強度が必要な奥歯で使われます。

・e-max・・・強度、審美性に優れており、e-maxを取り扱う歯科医院が増えてきています。

・ハイブリッドセラミック・・・セラミックとレジンを混ぜたもので、セラミックの中ではやや安価です。レジンが混ざる分やや審美性と耐久性に劣り、プラークが付きやすい素材でもあります。

口臭の原因に応じて対処しましょう

エチケットの代表ともいえる口臭の原因は様々です。その原因がもし被せ物であった場合、素材をセラミックに変えることで改善できる場合があります。まずはご自身の口臭の原因を特定し、それに応じた改善策を施すようにしてみて下さい。

 

当院のセラミック治療についてはこちら