差し歯は絶対に変色しない?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

差し歯は絶対に変色しない?

前歯は非常に目立つ場所です。この前歯が虫歯になり、神経まで到達してしまっ、根の治療が必要になります。根の治療終了後、差し歯を装着して治療を終えますが、この差し歯は変色しないのでしょうか。

素材によっては前歯の差し歯は変色する

差し歯の場合、選択肢として保険適用のものと自費のものがあります。一般歯科の場合、保険診療の素材を選択される方が多いかもしれません。犬歯までの前歯の差し歯は見える表側が白いレジン、内側および裏側が金属となります。費用もそれほどかかりません。差し歯の色も、周りのご自身の歯の色と合わせて決めるため安価で白い前歯を取り戻せたことでホッとなさることと思います。

しかし保険適用のレジンは傷がつきやすく劣化しやすい素材です。わかりやすく表現すると、プラスチックのコップやタッパーが少しずつ傷ついてザラザラするようなものでしょう。

保険の前歯の差し歯は年数が経つにつれて細かなキズがつき、そこへ日常の飲食物の着色が入り込んで徐々に変色していきます。また細菌も入り込むため、汚れだけでなくプラークが付きやすくなってしまうことも心配材料でしょう。内側に金属が使われているため、歯ぐきが下がってくると歯と差し歯の境目が黒く変色してしまうことも、見た目を損ないます。

保険適用の差し歯は安価で治療できる分、再治療を繰り返すことも多いため、意外とコストがかかるなど色々なデメリットがある素材だと言えます。

前歯の差し歯は変色しにくく審美性が高いセラミック素材がおすすめ

いっぽう自費治療であるセラミック素材は、審美性が優れているだけではありません。セラミックは滑らかで傷がつきにくいため、飲食物が着色しにくいという特徴があります。そのため年数が経ってもほとんど変色、劣化せずきれいな白さを保つことができます。

またメタルボンドを除くほとんどのセラミック素材では金属が使われておらず、歯ぐきが下がってしまっても黒ずむ心配がありません。そのため長持ちしやすく、長い目で考えると保険適用のものとコストがあまり変わらないかもしれません。

白さは長持ちしますが、歯間ケアはきちんと行いましょう

審美性に優れているセラミック素材ですが、差し歯や被せ物の周りのケアはきちんと行わなければいけません。人工歯は変色しにくいですが、歯ぐきのきわに汚れが残ると歯ぐきの腫れや出血など歯肉炎を引き起こしてしまいます。また虫歯になりにくいとはいえ、絶対に虫歯が再発しないというわけではありません。セラミックにしたからもう安心、と思わず、毎日の歯磨きと予防治療は継続するよう心がけましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら