矯正治療が必要な症例とは?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

矯正治療が必要な症例とは?

歯並びが悪いと、どうしても笑顔に自信を持つことができず、つい手で口元を隠したり、思いっきり笑うことができずに矯正治療をお考えになることがあると思います。しかし、歯並びのわるさだけが矯正治療の対象ではありません。矯正治療の目的は、歯並びを整えること、そして噛み合わせを正しくすることです。では矯正治療が必要な症例とは、どのようなケースでしょうか。

歯列矯正を必要とするケース

・ガタガタの歯並び・・・乱杭歯とも呼ばれる歯並びです。最も一般的な歯並びのお悩みは、歯と歯が重なったりデコボコとした歯並びでしょう。見た目のコンプレックスはもちろん、歯磨きが行いにくいため歯周病や虫歯のリスクが高くなります。

・出っ歯・・・前歯が前方に飛び出ている歯並びです。出っ歯でお悩みの方は非常に多く、その原因は遺伝などによる骨格性のものと、指しゃぶりなどの悪癖が原因で起こる歯性のものがあります。

・受け口・・・下の歯が上の歯よりも出ている、いわゆる反対咬合です。横から見たら顎がしゃくれているように見えることから、しゃくれと言われることもあります。食べ物をしっかり噛むことができない、顎に負担がかかるなど、見た目とともに顎にも影響が出てしまいます。

・オープンバイト・・・開咬と言われる不正咬合で、奥歯で噛んだ時に上下の前歯にすき間ができる歯並びです。前歯を使って食べ物を噛み切ることができないため、奥歯に過度なダメージがかかります。

・すきっ歯・・・歯と歯の間にすき間が生じる歯並びで、見た目のコンプレックスの他、空気が漏れやすく発音が不明瞭になりやすいことがあります。

・上下顎前突・・・上下の前歯が前方に突出している不正咬合。前から見たら歯並びに問題がないように見えますが、横から見たら口元が突き出しており、横顔や口元にコンプレックスを抱く方が多いと思います。

このように、一言で歯並びが悪いだけでなく、噛み合わせの異常が認められた場合、歯列矯正の対象となります。

歯列矯正の方法は色々

ご紹介したように、歯並びの乱れだけでなく噛み合わせの異常が、矯正治療の対象になります。矯正治療の方法は様々で、特に最近では目立たない矯正治療が主体となってきています。では次に、矯正治療の方法にちてご紹介いたします。

・ワイヤー矯正・・・最もオーソドックスな矯正治療。金属の装置がお口の中で目立ってしまうため、最近ではホワイトワイヤーなど目立たずに治療を進めていく方も増えています。

・マウスピース矯正・・・インビザラインなど、取り外し可能なマウスピースによる矯正治療法。目立たず歯並びを整えたい方には最適です。

少しお悩みを抱える方は、無料相談を

乱れた歯並び及び不正咬合は、見た目のコンプレックスだけでなくおくちの健康に悪影響を与えてしまいます。少しでも見た目が気になる方は、まず無料相談を受けてみて下さい。

 

当院のまうすぴーすによる歯列矯正についてはこちら