奥歯の被せ物は銀歯のほうが強い?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

奥歯の被せ物は銀歯のほうが強い?

奥歯の大事な役目は、しっかりとした咀嚼です。そのためには強度が大変重要です。根の治療の後に被せる被せ物には強度が重視されますが、強度が強い被せ物には、やっぱり銀歯しかないのでしょうか。

奥歯は審美性よりも強度?

虫歯や細菌感染などで根の治療を終えたあとは、土台を立てて被せ物を装着する治療が必要です。そこで奥歯の被せ物をどんな素材にするか決めなければいけません。

一般的に奥歯は見た目よりもしっかり噛めることが重視されます。そのため審美性が重視される前歯に比べ、「奥歯は金属で」とおっしゃる方も多いことでしょう。確かに金属は強く、奥歯の詰め物の場合、白いレジンで修復してもいずれ割れたり欠けたりする可能性が出てきます。そのたびに再治療を行わなけばならず、最後にはやっぱり強い金属で、ということになるでしょう。

もちろん強度を重視した場合、金属の素材が適していることになります。大きくお口を開けない限り、気にならないこともありません。特に上の奥歯は見えにくいため、銀歯を選ぶ傾向が強いかもしれません。

金属は確かに強いけれど・・・

金属が強度に優れているということは間違いではありません。特に臼歯部を白いレジンで詰めた際、強度に不安が残るため、次に破損をしたら銀色の詰め物にしましょう、という提案はめずらしくありません。

しかし保険適用の金属は強度には優れているものの、歯との密着性があまり良くありません。セメントを使って付ける方法は「接着」ではなく「合着」となります。つまり歯と補綴物との間にどうしてもわずかな隙間が生じ、そこから唾液が流れ込んでセメントが溶けて内部に虫歯菌が入り込んでしまいます。その結果虫歯が再発し、再治療を余儀なくされてしまうのです。

金属と同程度の強度を持つ素材とは?

そこで金属と同じくらいの強度を持つ素材として注目するのが「ジルコニア」です。ジルコニアは人工ダイヤモンドと言われているほど強度に優れており、歯の補綴物として非常に適した素材です。

補綴物としてジルコニアが使われるのは主に「ジルコニアセラミック」と「オールジルコニアクラウン」です。ジルコニアセラミックとは、セラミックにジルコニアを混ぜた素材で、審美性にとても優れています。ただしセラミックはやや強度に不安があるため目立つ前歯で使われることが多く、見た目を重視したい方に適しています。

いっぽうオールジルコニアクラウンとは、全てジルコニアで作られた被せ物です。強度が非常に強く、金属と同程度、もしくは金属よりも強い素材とも言われているため、噛む力を必要としている奥歯に最適です。ただし白さが単調でやや人工的な色をしているため、審美性はやや劣ります。しかし奥歯で使う分にはまず問題はない色のため、金属は強くていいけど見た目がちょっと・・・という方はジルコニアを使った被せ物を検討してみてはいかがでしょうか。

 

当院のセラミック治療についてはこちら