はぴねす歯科

お知らせ

お子さんの歯列矯正の必要性について

可愛いお子さんの成長は、親御さんにとっての楽しみでもあります。しかし、もし歯並びが悪かったら将来がかわいそう・・・そう思われる親御さんも多いと思います。お子さんの歯並びの悪さは見た目だけでなく、将来の歯の健康維持にも大きく影響してしまいます。今回は、お子さんの歯列矯正の必要性について考えてみたいと思います。

もしお子さんの歯並びが悪かったり不正咬合だったりすると・・・?

ガタガタの歯並びや出っ歯、受け口は見た目に問題が生じ、親御さんはさぞご心配なことと思います。またお子さんご自身も成長するにつれ、自分の口元にコンプレックスを抱くようになってしまうでしょう。特に思春期を迎える頃となると、お洒落をしたり、かっこいい髪形にしてみたりと周りを気にするようになるものです。そこで口元に問題があると、どうしても笑顔に自信がなくなり、お友達同士で活発に交流ができなくなることも考えられます。

このように歯並びの悪さや不正咬合になると、まずメンタル面が心配になります。そしてこの問題は、お口の中の健康にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

ガタガタの歯並びは歯と歯が重なっている部分などの歯磨きが非常にし辛く、汚れが残ったままになってしまいがちです。そこに細菌が寄り付いてプラークが作られてしまうため、虫歯や歯肉炎を引き起こしてしまいます。特に歯肉炎になると歯ぐきが赤く腫れ、歯磨きだけでも出血してしまいます。また口臭の原因にもなるため、周りのお友達から「口が臭い」と思われてしまうことになりかねません。このように、歯並びの悪さは歯やお口の健康にも影響してしまうのです。

歯列矯正によって、見た目の改善と歯の健康を維持しやすくなる

歯並びの悪さは歯列矯正を行うことによって改善することができます。全て永久歯に生え変わってからも矯正はできますが、できるだけ早い時期から矯正治療を始めることで、早い時期にある程度の歯並びを改善することが可能となります。乳歯と永久歯が混在する時期では、顎の骨の成長を促して永久歯がきちんと並ぶスペースを作るための「床矯正」を行うことで次の治療へスムーズに進めることができます。床矯正は「第一期治療」とも言われていますが、床矯正である程度歯並びがきちんと整ったら、次はよりきれいに歯を並べ、噛み合わせを整えるための「第二期治療」を行います。第二期治療ではワイヤー矯正やマウスピース矯正で行われます。ワイヤー矯正の金属が目立つからイヤ、とおっしゃる場合、目立たないホワイトワイヤーやセラミックブラケットを使うことで、目立たずに治療を進めることができるので、特に見た目が気になる思春期のお子さんに適しているでしょう。

歯列矯正を行うことは、見た目の改善ととともに将来の歯の健康維持にも大きな役割を持つことになります。お子さんの歯並びが気になったら、早めに歯科医院へ相談してみて下さい。

 

当院の小児矯正についてはこちら