着色や加齢が原因でない歯の黄ばみについて|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

着色や加齢が原因でない歯の黄ばみについて

歯の黄ばみや変色の原因の多くは、日常の飲食によるステインが考えられます。特にコーヒーやカレー、赤ワインなどを好む方は着色が付きやすく、くすみとなって歯に表れてしまいます。しかしこのような飲食物をほとんど摂らないにもかかわらず歯が黄色い場合、何が原因なのでしょうか。

ステイン以外の黄ばみの原因について

日常の飲食物が原因でない歯の黄ばみやくすみ、変色には次のようなことが考えられます。

・エナメル質形成不全・・・生まれつきエナメル質の形成がうまくいかない病気です。エナメル質形成不全は歯の色に現れ出ることが多く、歯の一部が濃い色になっていたり、歯全体がくすんでいたりと色々です。中には虫歯と間違えるような、かなり濃い茶色になっていることもあります。

・抗生物質による副作用・・・抗生物質には色々なものがありますが、その中のテトラサイクリン系という抗生物質を長期間服用すると、その副作用として歯がグレーっぽく変色してしまうことがあります。歯全体が変色するため、お口全体の印象があまりよくないように見受けられます。

ホワイトニングで白くならない歯について

エナメル質形成不全や抗生物質による変色は、ホワイトニングで白くすることは期待できません。ホワイトニングで白くできない歯を白くしたい場合、他の選択肢となります。

その選択肢は、セラミック治療になる場合が多いでしょう。白い被せ物を被せたり、ラミネートべニアと呼ばれる薄いセラミックを歯に張り付けて歯を人工的に白くすることで、歯の色のコンプレックスから解消されるでしょう。ホワイトニングで白くできない歯にお悩みを持つ方にとって希望となる治療法となります。

しかしセラミック治療のデメリットは、歯を削らなければいけないことです。被せ物を被せるためには多少なりとも歯を削らなければいけません。またラミネートべニアでも、歯の表面をごく薄く削る必要があるため、将来の歯の健康にって多少のリスクを負うことになります。

とはいえ、気になる歯の色のコンプレックスを解消するためには原因に応じた治療や施術が必要です。セラミック治療でないと白くできない、と言われた場合はよく考えて治療を受けて下さい。

ホワイトニングで白くできるかどうかは、まず歯科医師に判断してもらいましょう

歯を白くしたいからホワイトニング!とホワイトニングを受けにいったにもかかわらず、病気や薬の副作用で歯の変色が起きた場合、まずはあきらめずに歯科医師に相談してください。もしかすると他の方法を提案されることも考えられます。そのためには、歯科医師がちゃんと在籍している歯科医院を選ぶように気を付けて下さい。

 

当院のホワイトニングについてはこちら