インビザライン治療中に行うアタッチメント、ディスキングとは?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

インビザライン治療中に行うアタッチメント、ディスキングとは?

インビザラインによる歯列矯正では、ただ単にアライナーを嵌めるだけではありません。より正確に歯を動かすために、治療途中でアタッチメントを装着したり、必要に応じて歯を薄く削るディスキングが行われます。今回は、インビザラインにおけるアタッチメントとディスキングに焦点を当ててお話いたします。

アタッチメントとは?

アタッチメントとは、より歯をしっかりと動かすための処置で、動かしたい歯の表面に米粒くらいの樹脂を付けます。アタッチメントを付けることで、アライナーが歯に加える力を調整します。アタッチメントを付けてアライナーを装着すると、痛みや違和感が増すことがありますが、歯を動かすためには欠かすことができない大切な処置です。

アタッチメントは歯と同じような色の樹脂で、ほとんど目立つことはありません。クリンチェックにて歯の動きをシュミレーションし、治療計画を立てますが、アタッチメント装着は一度だけではありません。患者様の歯の動きに応じて、アタッチメントの位置を付け替えます。

治療が終了するとアタッチメントは全て取り外します。稀にアタッチメントが取れてしまうことがありますが、すぐに付け直すことができるので、アタッチメントが外れてしまったらまずは歯科医院に連絡して下さい。

なおアタッチメントは樹脂のため、飲食物がアタッチメントに付いてしまうことがあります。

ディスキングとは?

ディスキングとは、歯の表面をおよそ0.2ミリほど削る処置です。ディスキングでは、抜歯が必要と判断された場合、歯の表面をごく少し削ることで歯と歯の間にすき間が生じ、抜歯をせずに治療を進めていくことが可能です。つまり歯が正しい位置に並ぶための治療を行います。歯を削ることに抵抗があるかもしれませんが、歯が重なっていたり、全く隙間がないと歯を動かすことはできません。

歯の表面のエナメル質はおよそ2ミリ程度であり、ディスキングで削る歯はおよそ0.2ミリとごくわずかです。歯を削ることで虫歯になったという報告はないということなので、歯をごく薄く削ることで大きな問題は生じないと理解していいでしょう。

クリンチェックで治療過程をしっかりと理解しておきましょう

アタッチメントもディスキングも、インビザラインで歯を動かす上で欠かせない処置です。治療計画を立てる際に「クリンチェック」と呼ばれるソフトで歯の動きをシュミレーションしますが、アタッチメントもディスキングもきちんと計画を立てたうえで処置が行われます。最初にきちんと理解しておき、わからないことや疑問点は歯科氏に相談するようにすると、安心して治療を受けることができるでしょう。

 

当院の歯列矯正についてはこちら