はぴねす歯科

お知らせ

気になる前歯の治療、どうしたらキレイになる?

前歯はお口の中で最も目立つ部分であり、全体の印象を作り上げる大変重要なパーツです。この前歯が審美的に問題があると、笑顔にも自信がなくなり、相手に与える印象にも影響が出てしまいます。では前歯にコンプレックスがある場合、どんな治療をすれば美しくなるのでしょうか。

レジンで修復する場合

小さな虫歯や先端が欠けてしまった場合、レジンで修復することが可能です。レジンは保険適用のため費用を抑えて治療することができること、治療回数が少なく、症例によっては一回で終了できることもメリットのひとつです。

ただしレジンは着色しやすいため、年数が経つと修復した部分が変色して目立ってしまうため、再度治療が必要となります。

セラミッククラウンで修復する場合

神経を取った歯の変色や、以前被せ物を装着した部分の歯ぐきが下がって歯ぐきとの境目の黒ずみが気になる場合は、セラミッククラウンなどセラミック治療を行うことで審美性を取り戻すことができます。

神経を取った歯の黒ずみはいきなりセラミッククラウンを被せるのではなく、まず「インターナルブリーチ」という、根管内部の漂白を行って改善を試みます。この方法で改善されることが多いですが、改善されない場合はセラミッククラウンを被せる治療を行います。

また前装冠と呼ばれる保険の差し歯の場合、年数が経つと歯ぐきが下がって内部の金属が見え、歯ぐきとの境目が黒ずみが目立ってしまいます。セラミッククラウンとレーザー治療を行うことで、審美性の高い前歯を取り戻すことができます。なおセラミッククラウンを装着した後は、ブラッシングの強さに注意が必要です。強い力でゴシゴシと磨くと、歯肉の退縮の原因になります。優しい力で丁寧に磨くようにすることが、歯肉退縮を防止するポイントとなります。

クラウンの形態が悪い

以前装着した被せ物が短く、周りの歯との調和が取れていない場合、被せ物の作り直しによって審美性を取り戻すことができます。クラウンの形態が悪いと口元全体や笑ったときのバランスが悪くなってしまうため、セラミッククラウンで自然な白さと全体のバランスを整えます。前歯の治療は審美性が大変重要です。仮歯を作って経過を見るなど、慎重な治療が行われるため時間もかかりますが、美しい口元を手に入れるためには不可欠な治療工程です。

前歯の治療は慎重に行われます

ひとことで前歯の治療と言っても、機能性と審美性を重視するため大変慎重に行われます。特に被せ物の治療は再度根管治療を行ったり、歯周病の治療を並行するなど慎重に行われます。仮歯を作製、装着したりと手間もかかりますが、美しい前歯を取り戻すために必要な治療です。前歯をキレイに整えたい方は、様々な症例に対応している歯科医院を選ぶようにすることがポイントです。

 

当院のセラミック治療についてはこちら