はぴねす歯科

お知らせ

アンチエイジングに!口元の美しさが与える効果について

最近、様々なメディアにおいて「アンチエイジング」という言葉を目にする機会が増えています。アンチエイジングとは、簡単に言うと「老いを遅らせ、いつまでも健康と美、若さを保つことへの取り組み」です。アンチエイジングはお肌に対するイメージが強いかもしれませんが、実は口元が与える印象はとても強く、口元のアンチエイジングを行うことで、若く見られることがほとんどなのです。

口元は年齢が現れる重要なパーツ

人間は、誰しも年をとっていきます。若い時はなかったシミやたるみなどが、年齢を重ねるにつれて気になり、何度も鏡を見たり、高級な化粧品を購入する方も多いと思います。そこで意識していただきたいのが「口元」です。笑った時の口元はどうでしょうか。年齢とともに黄ばんだ歯になっていませんか?歯が黄色くなっていたり、茶色く変色していると、大変老けて見えるのをご存じでしょうか。年齢を重ねるとともに、歯もだんだん黄色くなっていきます。どんなにアンチエイジングに力を入れても、歯の色ひとつでその印象は大きく異なるのです。

例えば口元のほうれい線が目立っても、大きなシミがあっても、白い歯はその人をとても魅力的に魅せ、年齢を感じさせないものです。

これは若い方でも同じことが言えます。着色が著しかったり、タバコで歯や歯ぐきが茶色くなっていると、清潔感を感じることはできないものなのです。

黄色くなった歯は加齢と被せ物の劣化

笑ったときに目立つ歯の黄ばみやくすみの原因は、天然歯の場合は着色物の蓄積および歯の内部の象牙質の色が濃くなったことです。いっぽう被せ物の場合は、着色のt久積おおび被せ物の劣化が考えられます。原因によって対処法は異なりますが、原因に応じた治療を行うことにより、見違えるような美しい口元に仕上がります。

天然歯が多い場合、ホワイトニングを行うことで歯の色が格段に白くなります。半年に一度など定期的に歯科医院でホワイトニングを受けていただくことで、キレイな白さを保つことができます。また3か月にいちどは定期的にクリーニングを受けると、徐々に蓄積される着色を取り除き、本来の色を取り戻すことができます。歯周病や虫歯の予防にもなりますので、3か月にいちどのクリーニングをきちんと受けていただくと、口元の健康を維持することができるため、必ず受けるようにしましょう。

いっぽう古くなった被せ物は、セラミック治療などできれいな歯を取り戻すことができます。周りの歯の色に合わせて作製しますので、自然な美しい被せ物ができあがるとともに、汚れも付きにくいのが特徴です。ホワイトニングと同時に行う場合は、先にホワイトニングでトーンを上げてから作製することをお勧めします。

誰しも年齢を重ねることは厭えません。しかし老いに負けない、健康的で生き生きとした毎日を送るためには口元の健康がとても大切です。口元の美しさを維持することは、結果的にアンチエイジングに繋がるのです。

 

当院のホワイトニングについてはこちら