はぴねす歯科

お知らせ

歯並びと口呼吸は関係がある?

歯並びが悪くなる原因は様々です。遺伝など骨格による先天性のものと、日常的な習慣による後天性のものに分けられますが、後天性のものによる原因のひとつに、「口呼吸」があります。では口呼吸をすることで、歯並びにどんな影響が出るのでしょうか。

「口呼吸」によるリスクとは

呼吸は本来、鼻で行います。鼻の中には粘膜と毛があり、鼻からから入った空気の中に含まれるほこりや細菌などを食い止める役割を持っています。ところが口で行う口呼吸(こうこきゅう)は、細菌やウイルスなどを含んだ空気がダイレクトに体内に入り込んでしまいます。その結果風邪やインフルエンザになりやすいなど、全身の健康への影響が心配されます。

また口が開いているとお口の中が乾燥する原因にもなってしまいます。お口の中は常に唾液で湿った状態で、細菌を洗い流す効果も持っています。しかし口呼吸によってお口の中が乾いてしまうと細菌が増殖し、虫歯や歯周病のリスクが高まるとも言われています。また細菌の繁殖により、口臭の原因となり、エチケット面でも良いことはありません。

歯並びと口呼吸の関係とは?

体とお口にとって良いことはひとつもない口呼吸ですが、歯並びとの関係はどうでしょうか。小さいお子さんでよくお口がポカンと開いているのを目にしますが、小さい頃はまだ口を閉じる筋肉が発達していないことが一因として考えられます。早い段階で噛み応えのあるものをしっかり噛むことでお口周りの筋肉が発達していきますが、最近は柔らかいものが主流となり、固いものをしっかりと噛むということが少なくなってきているように思えます。またアレルギー性鼻炎をはじめとした、鼻に原因がある場合も鼻で呼吸しづらく、口で呼吸してしまうことが多いようです。

口が開いていると、下顎が下方に下がり、それに伴って舌の位置も下がります。舌は本来、上顎に触れた位置に収まっていますが、口が開いていると必ず舌は下方へ下がってしまうのです。

また口呼吸は上顎の成長を妨げるため、上の歯の歯列が狭くなってしまいます。その結果ガタガタの歯並びや出っ歯を引き起こしやすくなります。

このように、口呼吸になると間違った舌の位置や顎の成長を妨げる原因となり、口周りの筋肉の発達に影響を及ぼし、歯並びが乱れるのです。

歯列矯正の前に、呼吸の仕方を見直してみましょう

歯並びが悪いなら、歯列矯正を行えばいいと思うかもしれません。成人の場合は歯列矯正を行うことで口呼吸も改善されることもあります。

しかし小さいお子さんの場合、歯列矯正よりもまず口呼吸を気にかけてあげることから始めるべきでしょう。成長期の段階で口呼吸を改善することは、矯正治療にも少なからず影響が出てきます。

お子さんの口呼吸が気になる方は、日常生活を気にしてあげること、そして早めに専門医に相談してみて下さい。

 

当院の小児矯正についてはこちら