はぴねす歯科

お知らせ

以前治療した部分が変色している・・・!対処法は?

小さな虫歯や欠けた部分は、保険適用のレジンで対応する場合がほとんどです。レジンによる治療はほとんどが一回で終わり、費用も安く抑えることができるため、良く使われる治療法です。しかし年数が経つにつれて、レジンで治療した武運が変色することがあります。どう対処すればよいのでしょうか。

小さな虫歯や欠けた部分を修復するレジンの問題点とは?

レジンは樹脂で柔らかく、光を当てて硬化させて修復します。種類もいくつかあり、歯の色に合わせて色を選ぶので自然な仕上がりとなります。

しかしレジンの弱点は、強度と劣化しやすいことです。強度に不安があるレジンは、奥歯の詰め物にはあまり適していません。小臼歯はそれほど強度を必要としないので、小臼歯に使うにはあまり問題はありません。しかし咀嚼機能として大切な大臼歯と、食べ物を噛み切る力を必要とする前歯をレジンで治療した場合、治療したレジン部分が取れてしまうことがあります。

また劣化しやすいこともレジンのデメリットのひとつです。レジンは表面がややザラついているため、水分や色素を吸収しやすく汚れの原因となってしまいます。そのため治療当初と比べると、レジンを使った部分が黄ばんで変色し、治療した跡がよくわかってしまいます。

そして治療した部分の内部が再び虫歯になる二次カリエスのリスクも持ち合わせています。二次カリエスになると再治療が必要となり、歯を再び削らなければいけません。こうして治療と再治療を繰り返すことで歯がどんどん削られ、最終的には歯の寿命に関わってしまいます。

安価できれいに修復できるレジンですが、このような問題点を持ち合わせているのが気になる点と言えます。

ダイレクトボンディングによる治療で対応が可能

同じ樹脂を使った治療で、ダイレクトボンディングという治療法があります。ダイレクトボンディングにつ分かれる素材は、樹脂にセラミックの粒子を混ぜたもので、審美性に優れています。セラミックの粒子を混ぜることで強度も増し、美しい色調と強度を兼ね備えた治療を受けることができます。

セラミックは滑らかで汚れが付きにくく、年数が経っても変色はそれほど目立ちません。自費治療のため費用は少々高くなりますが、保険治療内で何度も再治療を繰り返していると、結果的に自費の治療であるダイレクトボンディングとそれほど大佐なくなるかもしれません。

その他にもダイレクトボンディングは歯と歯のすき間を埋めたり、金属の詰め物の再治療に使用するなど、多様な働きをします。以前のレジンによる治療跡が目立つ方、気になる方は審美性と強度に優れているダイレクトボンディングを考えてみられるといかがでしょうか。

 

当院のセラミック治療についてはこちら