イヤイヤ期の歯磨き・・・どうすればいいの?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

イヤイヤ期の歯磨き・・・どうすればいいの?

毎日のお子さんの成長に嬉しさを感じる反面、自分の意思表示ができるようになるにつれて訪れる「イヤイヤ期」。特に仕上げ磨きの時間は、保護者の方にとって戦争であり、憂鬱な時間であることと察します。このイヤイヤ期の歯磨き、どうすればよいのでしょうか。

なんでもかんでも「イヤ」!

「ごはん食べよう」「イヤ」「着替えよう」「イヤ」「お風呂入ろう」「イヤ」・・・。2~3歳くらいの。いわゆる「イヤイヤ期」と呼ばれる時期のお子さんは、何かしようと言われると必ず「イヤ」と返します。この時期は最も手がかかるため、保護者の方はイライラしたり、疲れがどっと溜まることでしょう。仕上げ磨きも同じで、歯磨きの時間が最も憂鬱、という声が大多数を占めています。保護者の方の膝の上にあおむけにさせて必死で歯ブラシを口に入れると、イヤ~~!!!と大泣きするお子さん・・・。これではきちんと磨けないので、毎日このような状態が続くと、虫歯が心配になると思います。

乳歯は脆く、虫歯になりやすい

乳歯は永久歯と比べるとエナメル質が薄いため、酸に非常に弱く、虫歯になるとあっという間に進行しています。子どもが虫歯なので診て下さい、と受診するお子さんのお口の中は、虫歯は一本で済まないことが多く、あちこち虫歯になっているケースが多いのが特徴です。治療をしようとしても、まずチェアに横になれずに大泣きし、暴れるため歯を削ることも難しくなります。このように、乳歯は弱いためあっというまに虫歯になり、低年齢の場合は治療が難しいのです。

仕上げ磨きが重要なのはわかっているけど・・・

保護者の方も、虫歯からお子さんの歯を守るのは仕上げ磨きであるということは重々ご承知でしょう。歯磨きが好きで、素直に磨かせてくれるお子さんが羨ましく思え、ますます仕上げ磨きが憂鬱になってしまうことも考えられます。

しかし、どんなに泣いてもイヤがっても、お子さんの歯を虫歯から守るのは歯磨きなのです。歯医者での治療ではありません。イヤがっても、他の人の手を借りて動かないようにし、歯磨きを担当する方は歯磨きだけに集中しましょう。長時間する必要はありません。手早くさっと磨いてあげて下さい。

なお上の前歯の場合、上唇の裏側にあるスジを強く磨くと痛みで泣いてしまうことがあります。上唇をめくり、歯ブラシを持っている反対の手の指でスジを軽く押さえながら前歯を磨いてあげて下さい。

虫歯になりにくい食生活も大切

仕上げ磨きが虫歯予防に最も重要ではありますが、それだけではありません。お子さんが喜ぶからと、たくさん甘いものをあげていませんか?この時期はいろいろな食べ物を食べるようになっており、甘い美味しさも知る時期でもあります。しかし喜ぶからといって、時間や回数を決めずに甘いものを与えていると、確実に虫歯になってしまいます。甘いものは時間と回数を決めてあげることも、虫歯になりにくい生活に繋がります。これは成長しても同じで、このころの生活習慣が、のちの永久歯の虫歯にも影響するため、仕上げ磨きとともに、食生活にも弧を付けてあげて下さい。

 

当院の小児歯科についてはこちら