ホワイトニング後に歯が痛い・・・!これはなぜ?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

ホワイトニング後に歯が痛い・・・!これはなぜ?

歯を真っ白に美しく仕上げるホワイトニングが人気を集めています。しかし中にはホワイトニング後に歯が痛くなったり、しみるといった症状を訴える方もいらっしゃいます。ではホワイトニング後に起こる歯の痛みは、どのような原因が考えられるのでしょうか。

ホワイトニング後の歯の痛みやしみる症状は、知覚過敏

知覚過敏とは、虫歯でないのに冷たいものなどによる刺激で歯が痛む症状です。軽くしみる程度から、ズキンと脈を打つような痛さまで様々です。知覚過敏の原因は様々ですが、ではホワイトニング後に知覚過敏の症状が出るのはどうしてでしょうか。

ホワイトニング後の知覚過敏の原因は、主にホワイトニングジェルの刺激によるものです。歯科医院で使われるホワイトニングジェルの濃度は、低いものから高いものまで段階を経て使い分けられます。当然、濃度が高いものは歯への刺激が強くなります。また濃度は低めでも、使用時間が長いと歯に刺激を与え、痛みといった症状が起こってしまいます。

特にホームホワイトニングの場合、ホワイトニングジェルを流し込んだマウスピースの装着時間が長すぎると歯に多大な刺激を与え、痛みとなって現れてしまうので注意が必要です。

知覚過敏になりやすい要因とは?

ホワイトニングを行う全ての人に知覚過敏が起こるわけではありません。ホワイトニング後に知覚過敏が起こるのは、濃度や時間のほかに、患者様の口腔内に原因があることも要因のひとつです。では知覚過敏になりやすい特徴とは、どういったものなのでしょうか。

・歯ぎしりをする方・・・無意識に行われる歯ぎしりが原因で知覚過敏が起こることがあります。歯ぎしりを続けていると歯の表面が摩耗し、象牙質がむき出しになってしまうことがあります。この症状を咬耗症と言い、咬耗症の方がホワイトニングを行うと象牙質に刺激を与え、痛みとなって現れてしまいます。

・歯にの表面にキズやヒビがある場合・・・歯は少しずつ目に見えないヒビや傷が生じるものです。そこへホワイトニングジェルによる刺激が知覚過敏となって現れることがあります。

・虫歯がある場合・・・虫歯があるのにホワイトニングを行うことで、痛みを感じることがあります。ホワイトニングを行う前は、必ず歯科医師の診察があり、ホワイトニングをしても大丈夫かどうか判断します。もし虫歯が見つかった場合、知覚過敏になる恐れがあるため虫歯治療を行ってからホワイトニングを受けていただきます。

ホワイトイングを行ったからと言って、全ての人に知覚過敏の症状が出るわけではありません。しかし施術後に少しでも痛みやしみるといった症状が起きた場合、できるだけ早くホワイトニングを受けている歯科医院に相談しましょう。

 

当院のホワイトニングについてはこちら