可愛い赤ちゃんの歯を虫歯から守るために|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

可愛い赤ちゃんの歯を虫歯から守るために

産まれたばかりの可愛い赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。しかし小さな乳歯が生え始め、離乳食が始まると虫歯リスクが生じます。では可愛い赤ちゃんを虫歯から守るためには、どのようにすればよいのでしょうか。

虫歯菌の代表格「ミュータンス菌」は大人から感染する

虫歯菌は歯の表面に付着し、酸を出して歯を溶かして虫歯にします。もし生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌が入り込んでしまったとしても、歯が生えていないため棲みつくことができず、唾液で洗い流されるため影響はないと言われています。

しかし乳歯が生えて離乳食が始まると、虫歯リスクとの戦いが始まります。乳歯が生え始めた時期に虫歯菌が入り込んでしまうことで、虫歯になる可能性が出てくるのです。虫歯菌にはいくつかの種類がありますが、その代表格が「ミュータンス菌」です。ミュータンス菌がお口の中に存在すると、食べかすを栄養素としてプラークを作り出し、そこへ棲みついて酸を放出します。

では生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にいなかったミュータンス菌は、どのようにして赤ちゃんに感染するのでしょうか。それは、大人により媒介されるのです。何らか何らかの場面で大人のお口の中に棲んでいる虫歯菌が、赤ちゃんのお口の中に入ることで虫歯菌が棲みついてしまいます。

特に離乳食が始まると、大人が使っているお箸やスプーンを使って食べ物をつぶしたり小さくすることがあります。この「食器の共用」が、赤ちゃんのお口の中に虫歯菌を棲みつかせる原因になるのです。中には大人のお口の中で食べ物をすりつぶして柔らかく細かくしてから赤ちゃんにあげるご家庭もあるかもしれませんが、この方法は絶対に避けるようにしましょう。

まずは大人が口腔ケアをきちんと行いましょう

赤ちゃんとのスキンシップは、より良い親子関係を築くうえで欠かすことができません。しかし大人の持っているミュータンス菌が赤ちゃんに移ってしまう事を考慮すると、まずは大人が口腔ケアをきちんと行う必要があります。虫歯がないかどうかをチェックし、虫歯や歯周病の原因となるプラークを取り除き、清潔な口腔内環境に整えておきましょう。また妊娠中のお母さんは体調の良いときに妊婦検診を受けておくことをお勧めします。

赤ちゃんの歯磨きは、乳歯が生え始めたころから少しずつ始めます。いずれ仕上げ磨きをイヤがる時期がやってくるかもしれません。しかし、お父さんお母さんをはじめとしたご家族の方がきちんと口腔ケアを行っていることで、お子さんも自然と歯の健康に対する意識が身に付くことでしょう。

可愛い赤ちゃんを虫歯から守るためにも、虫歯に対する正しい知識を身に着け、口腔内の健康を維持しておきましょう。

 

当院の小児歯科についてはこちら