お子さんの仕上げ磨き、いつまで必要?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

お子さんの仕上げ磨き、いつまで必要?

お子さんの歯の健康を守るのは、保護者の方の仕上げ磨きです。自分でしっかりと汚れを落としきるのが難しい年齢において、保護者の仕上げ磨きは欠かすことができません。では仕上げ磨きは何歳くらいまで必要なのでしょうか。

酸に弱い、乳歯と生えたばかりの永久歯

お子さんの歯はまだ未熟で、虫歯菌が出す酸によってすぐに溶けてしまいます。お子さんのお口の中に虫歯菌の存在が認められると、食べたものやその内容によってはあっという間に虫歯になってしまいかねません。エナメル質が大人の歯の半分くらいという薄さは、虫歯菌が作り出す酸によってとても溶けやすい状態なのです。乳歯はどうせ抜けるからといって虫歯だらけになると、後から生えてくる永久歯にも悪影響が出てしまいます。まだまだ弱いお子さんの歯を虫歯から守るための基本は、やはり歯磨きなのです。

自分で磨くのはとても大切

3歳くらいになるとだんだん自立心が芽生え、お子さんご自身で歯磨きを行うようになります。もちろん歯磨きが大嫌いで、歯ブラシを見ただけでも大泣きするお子さんもこの時期にはたくさんいますが、自分で「歯磨きする!」と頑張って歯ブラシをお口に入れて一生懸命磨くお子さんも多く、とても微笑ましく成長を感じる一面を目にすることで、保護者の方も嬉しく感じられることと思います。このように、お子さんご自身が歯磨きを行うのはとても大切で、磨けていなくてもいっぱい褒めてあげましょう。

そして寝る前には必ず保護者の方が仕上げ磨きを行ってあげましょう。一般的にお子さんは唾液分泌が多いですが、寝ている間は唾液分泌の量が減少します。特に口を開けて寝てしまうお子さんはお口の中が乾いてしまうため、むし歯菌が増殖する傾向にあります。寝る前に一日の汚れをきちんと落とし、虫歯菌の活動を抑制してあげましょう。

仕上げ磨きは何歳まで?

では仕上げ磨きは何歳くらいまで必要なのでしょうか。仕上げ磨きは何歳まで、という明確な定義はありませんが、永久歯へ生え変わる8~10歳ころまでは仕上げ磨きが必要と考えられます。小学生になると、さすがに自分で歯磨きを行わなければいけませんが、ささっと早く済ますお子さんや、歯磨きをサボってしまうお子さんもちらほらと見受けられます。そして生え変わったばかりの永久歯はまだまだ未熟で酸に弱く、脱灰が起こるとそのまま虫歯へと進行する恐れがあります。少なくとも乳歯から永久歯に生え変わる8~10歳くらいまでは引き続き、保護者の方の仕上げ磨きが必要です。

お子さんの将来の歯の健康維持のためにも、仕上げ磨きが必要な時期までは保護者の方も一緒に頑張って下さい。

 

当院の小児歯科についてはこちら