昔治療した銀歯が取れてしまった・・・再接着は可能?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

昔治療した銀歯が取れてしまった・・・再接着は可能?

食事中などに急に詰め物が取れて焦ってしまった経験はありませんか?詰め物が取れてしまうと食事がしにくく、しみることもあります。このような場合、取れてしまった詰め物を再度接着することは可能なのでしょうか。

詰め物が取れてしまった原因

虫歯で歯を削った場合、その範囲が広かったり、神経近くまで虫歯が進行していると、レジンでの修復では難しい場合があります。このようなケースでは、型取りを行って、部分的な修復を技工物で補います。専用のセメントで接着するため、しっかりと歯に取り付けられ、食事に不自由を感じなくなります。

ところが数年経って詰め物が取れてしまうことがあります。詰め物が取れると歯に穴が開いた状態になり、早急に治療が必要です。では取れてしまった原因は何が考えられるのでしょうか。それは、劣化したセメントが流れ出て、その隙間から虫歯菌が入り込む「二次カリエス」によるものが原因として挙げられます。これは、保険適用の銀歯に非常に多く見られます。詰め物が取れた部分が虫歯になっていると、真っ黒になっていることがよくあります。銀歯の下で虫歯になってしまったことで詰め物が合わなくなり、浮き上がって取れてしまうのです。

二次カリエスのリスクを低減するには

もし詰め物が取れた原因が虫歯でなく、取れた詰め物が再接着できる状態なら、歯の汚れをきれいに取り除いて再び再接着します。しかし二次カリエスになていた場合、再治療を行わなければいけません。虫歯をきれいに取り除き、もういちど型取りを行って詰め物を作製し、再度接着する必要があります。

このときに意識しなければならないことは、「二次カリエスは再び繰り返される」ことです。治療をした歯は常に虫歯の再発リスクを抱えることになるため、再治療を繰り返すのではなくできるだけ再治療にならないよう、意識することが大切です。

そのためには、保険の銀歯ではなく自費の素材が強みを発揮します。詰め物は前歯ではなく、小臼歯や大臼歯といった、噛む力を必要とする部位に詰めます。そのため耐久性に優れていることも大切です。そこで最適な素材が「ジルコニアインレー」「e-max」といった、強度に優れている素材です。セラミックは二次カリエスのリスクは低いですが、耐久性にやや不安があるため、固いものを噛むと割れたり欠けたりする可能性があります。ジルコニアやe-maxは強度にとても優れているため、再治療の素材として最も適してると言えるでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら