歯がしみる場合、ホワイトニングはできる?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

歯がしみる場合、ホワイトニングはできる?

真っ白の歯に憧れてホワイトニングを希望する方が増えていらっしゃいます。しかし誰でもホワイトニングができるわけではありません。ホワイトニングをしたいけれど歯がしみる場合、ホワイトニングをしても大丈夫なのでしょうか。

歯がしみる・・・原因は?

芸能人やモデルのように真っ白な歯は清潔感にあふれ、口元を魅力的に魅せてくれます。しかしどんなにホワイトニングを希望していても、歯の状態によってはできない場合があります。歯がしみる場合、考えられる原因は虫歯と知覚過敏です。虫歯ははじめは自覚症状がありません。しかし虫歯が進行するとやがて甘いものや冷たいものがしみるようになります。これは虫歯がエナメル質の内側にある象牙質まで進行すると、痛みなどを感じるようになるため、治療が必要になります。神経まで達するとかなり痛みが強くなるため、ホワイトニングどころではなくなってしまいます。

歯がしみるもうひとつの原因は、知覚過敏です。虫歯ではないのに歯が沁みる場合、強いブラッシングにより歯ぐきが下がり、歯の根元が露出してしまいます。歯の根元は象牙質にほど近いため、刺激が伝わりやすいのです。また歯周病でも歯ぐきが下がり、知覚過敏の症状が出やすくなります。

症状に応じた治療を行うことが先決

虫歯でも知覚過敏でも、そのままの状態でホワイトニングを行うことはできません。薬剤の刺激により症状が悪化してしまうため、まずは痛みの元を取り除く治療が必要になります。軽度の虫歯の場合、虫歯部分を削って樹脂で詰めて修復します。知覚過敏の場合、症状が辛いときは根元を樹脂で覆って刺激から保護します。

治療を終えたらホワイトニングできる?

ホワイトニングを行う前には必ず歯科医師の診察が行われます。基本的に、虫歯治療を終えた後はホワイトニングが可能になります。ただし樹脂を使った部分はホワイトニングで歯白くならないため、ホワイトニングを行ってもムラが出てしまう可能性があります。

知覚過敏の場合、樹脂で覆ってもホワイトニングの薬剤による刺激が強い場合、施術後に痛みが出る可能性があります。そのためホワイトニングができるかどうかは、歯科医師の判断によるでしょう。もしホワイトニングができない場合、クリーニングでも十分キレイになります。またどうしても真っ白にしたい場合、セラミック治療という手もありますが、歯をたくさん削らなければいけないため、歯の寿命に影響が出てしまうことがあります。

歯がしみるけど歯も白くしたい方は、まずは受診をして歯科医師の指示に従ってください。

 

当院のホワイトニングについてはこちら