マウスピース矯正でも虫歯になる?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

マウスピース矯正でも虫歯になる?

インビザラインに代表される透明のマウスピースによる歯列矯正は、目立たないという特徴の他に、取り外し式のため歯磨きがしやすく、虫歯になりにくいというメリットがあります。しかし歯磨きがしやすいはずのマウスピース矯正でも虫歯になることがあります。これはどうしてなのでしょうか。

遮るものがないため虫歯リスクを低減できる

インビザラインなどのマウスピース矯正は、固定式のワイヤー矯正と違い、矯正装置を取り外すことができます。そのため食事はもちろん、歯磨きもしやすいことが大きなメリットです。ワイヤー矯正は歯の表面にブラケットがついていること、そしてそこにワイヤーが通っていることから歯磨きがしにくく、ブラケット周りや歯と歯の間に汚れが残りがちになります。

マウスピース矯正はワイヤーのような遮るものがなく、歯磨きがしやすいのが特徴です。そのため虫歯リスクを抑えることが可能ですが、残念ながら絶対に虫歯にならないとは限らないのです。

マウスピース矯正で虫歯になってしまうのはなぜ?

もし歯磨きが不十分なままマウスピースを装着すると、マウスピースで虫歯菌を閉じ込めてしまいます。またお口の中は常に唾液で潤っています。唾液には色々な働きがありますが、その中のひとつに「細菌を洗い流すこと」という役目があります。お口の中には非常に多くの細菌が棲みついていますが、唾液により洗い流して付着や繁殖を防いでくれます。

ところがマウスピース矯正の場合、マウスピースで歯を覆うため、唾液の循環がシャットアウトされてしまいます。つまり歯磨きが不十分だと虫歯菌を閉じ込め、洗い流すことができません。その結果、虫歯になってしまうのです。

特によく見られるのが、大臼歯などの臼歯部です。歯の溝に汚れが溜まり、そのままマウスピースで塞いでしまうので虫歯になるケースが見られます。

マウスピース矯正で虫歯にならないためには

ではマウスピース矯正で虫歯にならないためには何に気を付けなければいけないのでしょうか。それはやはり「丁寧な歯磨き」です。丁寧な歯磨きは虫歯などのトラブルを防ぎ、お口の健康を維持するための基本中の基本です。ワイヤー矯正のように遮るものがないからと油断せず、丁寧な歯磨きを行いましょう。

またマウスピースを清潔にしておくことも大切です。一日20時間以上装着するマウスピースは唾液や細菌で汚れており、そのまま装着するとお口のトラブルを招いてしまいます。マウスピースは除菌し、清潔にしておきましょう。

歯磨き後にマウスピースを装着する前に、家庭用のフッ素ジェルなどを塗ることもお勧めです。フッ素は再石灰化を促し、虫歯になりにくい歯を作り出してくれるため、家庭用フッ素を使ってみてもいいかもしれません。

マウスピース矯正だからといって油断せず、常にお口の中を清潔に保ちましょう。

 

当院のマウスピース矯正についてはこちら