口元を美しく仕上げるセラミックについて|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

口元を美しく仕上げるセラミックについて

口元の審美志向が高まっており、金属の詰め物や被せ物は口を開けたときに目立つから、白くきれいな素材に変えたいという声を多く聞きます。審美性の高い素材としてよく知られているのはセラミックですが、セラミックの良さは見た目の美しさだけではありません。今回はセラミックの特徴を、デメリットも併せてご紹介したいと思います。

セラミックの種類とメリット、デメリット

セラミックは陶器のように滑らかな素材で、歯の審美性を考慮した治療において使用されます。ひと言でセラミックと言っても、歯科治療で使われるセラミックにはいくつか種類があります。順にご紹介していきましょう。

オールセラミッククラウン・・・「オールセラミック」です。名前のとおり、全てセラミックで作られた補綴物で、天然の歯のように美しく仕上げることができます。特に見た目が重視される前歯に最適です。デメリットは、やや強度に不安があるため奥歯にはあまり使用しないほうがいいこと、また稀に欠けてしまうことがあることです。

ジルコニアセラミック・・・ジルコニアは「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほど強度に優れた素材です。セラミックと混ぜることで審美性と強度の両方を兼ね備えることができます。そのため前歯や小臼歯、大臼歯とほぼ全ての部位に適用できます。デメリットは、価格がオールセラミックよりも高くなることです。なおセラミックを使わず、全てジルコニアで作られた補綴物「オールジルコニアクラウン」はやや人工的な白さで審美性は劣りますが強度は申し分ありません。そのため噛む力を必要としている大臼歯に向いています。

メタルボンド・・・内側が金属、外側にセラミックを使った補綴物です。メタルボンドの歴史は長く、安心して使える素材ですが、内側に金属が使われているため歯ぐきが下がってくると、金属部分が露出して審美性が下がります。

ハイブリッドセラミック・・・セラミックとレジンを混ぜた素材です。価格は他のセラミック系補綴物に比べると安価ですが、レジンは強度があまり強くなく、インレー(詰め物)として使うと割れてしまう可能性があります。またレジンは汚れを吸収しやすいため、オールセラミックなどと比べると着色や汚れが目立ちやすくなります。

e-max・・・e-maxとは「ニケイ酸リチウムガラスセラミック」という素材を主成分としたセラミックです。強度、審美性にとても優れており、天然歯に近い硬さを持つセラミックです。主に前歯や小臼歯に使われます。

セラミックを入れても口腔内のケアは念入りに

セラミックは汚れが付きにくく、二次カリエスになりにくいと言われています。だからといって、お口の中のお手入れをおろそかにしてはいけません。セラミックと歯ぐきの境目は汚れが残ると歯ぐきが腫れやすいため、お口の中のケアは引き続き念入りに行うことが大切です。

 

当院のセラミック治療についてはこちら