乳歯が早くに抜けてしまったら、歯並びにどんな影響が出る?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

乳歯が早くに抜けてしまったら、歯並びにどんな影響が出る?

乳歯は根が短く、永久歯が押し上げることでだんだんグラついて抜け落ちます。或いは永久歯が生えてきているのにまだ抜けない場合は永久歯がきちんと並ぶために抜歯を行います。ところが永久歯がまだまだ生えてくる気配がないのに乳歯を失ったら、歯並びにどのような影響が出るのでしょうか。また対処法はあるのでしょうか。

乳歯の役目

乳歯は、永久歯が生えるまでの間の歯、という認識が強いですが、実は永久歯が生えるまでに大切な役目を持っています。それは、正しい永久歯列を確保するということであり、将来のお子さんの歯並びにとってとても重要な役目なのです。また永久歯の歯並びだけでなく顎の発達や顔の輪郭、咀嚼機能の発達など、乳歯はたくさんの役割を持っているのです。

乳歯を早期に失うことでどんな影響が出る?

乳歯は永久歯が生えるまでの間のみ役割を持っており、永久歯が生えることでその役目を終えます。ところが虫歯や事故などで乳歯を保存できなくなった場合、永久歯の歯並びに大きな影響が出てしまいます。

永久歯がすぐそこまで顔を出しかけているならそれほど心配はいりませんが、永久歯が生えるのがまだまだ先の場合、乳歯が抜けたままにしておくと、抜けた両隣の歯が傾斜してスペースを狭くしてしまいます。その結果、数年後に生えてきた永久歯が正しい位置に並ぶことができず、重なって生えたりデコボコした歯並びになる可能性が非常に高くなります。また噛み合わせにも異常が出てしまうなど、乳歯を早期に損失することで、のちの歯並びや噛み合わせに悪影響が出てしまうと考えられています。

乳歯を早期に失った場合の対処法

もし奥歯を早期に失ってしまった場合、将来の歯並びを悪くしないために、奥歯が動かないように固定をする装置を入れることがあります。この装置を「保隙(保隙)装置」と言います。この保隙装置は上下の第一乳臼歯一本のみ保険が適用となります。それ以外は保険が適用とならないため、部位によって保険外の保隙装置が使われることが多いようです。保険外治療のため、保護者の方と十分な話し合いが必要です。

早期に乳歯を失わないために

乳歯はどうせ抜けるからとお子さんのお口のケアを怠ってしまうと、ひどい虫歯になって早期に歯を失うきっかけを作ってしまいます。このようなことにならないためにも、お子さんがまだ小さいうちは仕上げ磨きをきちんと行ってあげましょう。また歯科医院で定期的にメンテナンスを受け、虫歯にならない強い歯にしてあげることもとても大切です。

 

当院の小児矯正についてはこちら