部位によって適する素材が異なるセラミック治療|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

部位によって適する素材が異なるセラミック治療

セラミックを使ったセラミック治療は、口元を美しく仕上げるための、審美性を追求した治療です。このセラミック治療で使われる素材はいくつか種類があり、それぞれ適した部位に使うことで効果を発揮します。

セラミックの種類と適した部位

・オールセラミッククラウン・・・その名のとおり、全てセラミックで作られた被せ物です。周りの歯と調和する自然な仕上がりで、美しさを引き立てます。主に前歯で使われます。

・ジルコニアセラミッククラウン・・・セラミックに人工ダイヤモンドと言われているジルコニアを混ぜることで、強度をより増しています。前歯および目立つ小臼歯によく使われます。

・オールジルコニア・・・全てジルコニアで作られた被せ物です。強度はオールセラミックよりもかなり強いですが、セラミックが混ざっていない分、色調がやや単調になるため前歯には向きません。噛む力を必要とし、お口を開けたときに見える大臼歯に向いています。

・e-max・・・ニケイ酸リチウムから作られているセラミックで、従来のセラミックよりも強度と審美性に優れていると言われています。透明感があるため、土台がレジンコアやファイバーコアの場合、美しさを引き立てることができますが、土台がメタルコア(金属の土台)の場合、被せ物が透けてしまいます。またオールセラミッククラウンほど繊細な色調を出すのは難しいですが、強度との兼ね合いを考えると前歯や小臼歯に向いている素材です。

なお昔から行われているメタルボンドは、審美性は悪くありませんが、内部に金属が使われているため加齢とともに歯ぐきが下がってくると、内部の金属が見えて審美性を損ねてしまいます。最近ではオールセラミッククラウンやジルコニアセラミックなどが主流のため、それほど使われていません。

気になる費用は?

セラミック治療は自費治療になるため、費用が高くなってしまいます。価格は歯科医院や部位によって異なりますが、最も費用が高いのはジルコニアセラミッククラン、次いでオールセラミッククラウン、e-maxと設定されているところが多いでしょう。

長持ちさせるためには、ケアが大切

セラミック系の被せ物はプラークが付きにくく、セメントとの接着性も保険適用素材と比べるとずっと良いため、劣化しにくく二次カリエスになりにくのが特徴です。しかしお口のケアを疎かにすると、被せ物の周りの歯ぐきが腫れるなど、トラブルが起きてしまうことがあります。また長持ちさせるためにも毎日のケアは基本です。きれいな被せ物を維持するため、またお口の健康維持のためにも毎日のケアを念入りに行い、定期検診は必ず受診することが大切です。

 

当院のセラミック治療についてはこちら