美しい横顔を作る「Eライン」とは?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

美しい横顔を作る「Eライン」とは?

「美しい人」「きれいな人」とは、正面から見た美しさだけではありません。美しさのひとつの定義に「横顔の美しさ」というものがあり、その条件として「Eライン」があります。今回は美しい横顔を作り出すEラインの基準などについてお話をいたします。

理想のEラインとは?

Eラインは「エステティックライン」の略で、横顔の美しさの基準を表すものです。Eラインとは、横から見たときの、鼻の先端から顎の先端を結んだ線のことで、唇がその線の内側にあることが、理想のEラインであると言われています。

日本人は欧米人と比べると鼻がやや低いやや低いことから、理想のEラインを持つ方は少なめです。欧米人は基本的に鼻が高く、理想のEラインを持ち合わせている人が多い傾向があります。

理想のEラインを崩す、歯並びや噛み合わせの異常

Eラインは鼻先から顎の先端まで真っすぐであることが理想です。ところが歯並びが悪かったり、出っ歯や受け口などの不正咬合は、理想のEラインを大きく崩してしまいます。

出っ歯の場合、上顎の歯もしくは上顎全体が前へ突出しているため、上唇がEラインよりはみ出してしまいます。受け口の場合は下顎全体が前へ出ているため、下唇や顎の先端がEラインから出てしまいます。また上下顎前突の場合、上下の顎ともども前方へ突出しているため、大きくEラインを崩してしまいます。

このように、歯並びや不正咬合は横画の美のバランスを崩し、口元だけでなく横顔にもコンプレックスを抱く原因となってしまいます。

Eラインを崩す歯並びの悪さや不正咬合を改善するには?

歯並びの悪さや不正咬合は、見た目と歯の機能に大きく影響します。正面からぱっと見た感じで歯列が整っていても、上顎全体が前へ出ている場合や受け口の場合、横から見た口元が理想のバランスを崩していることがわかります。

このように、口元の健康と美を崩す歯並びの悪さや不正咬合を改善するには、やはり歯列矯正が最も有効手段と考えられます。中には抜歯をしなければ改善できないケースがあるなど、患者さんの顎の骨格や歯の生え方によって抜歯をするほうがスムーズに治療できるなど、まずはお口全体を精査する必要があります。

しかし骨格に問題がある場合、歯列矯正だけでは改善が難しいため、将来的には外科処置を伴うことも視野に入れておかなければいけません。

口元にお悩みがある方、出っ歯や受け口が気になる方、理想の口元をお求めの方は、いちど専門医に相談してみて下さい。

 

当院の矯正治療についてはこちら