自費のセラミッククラウンと、保険適用のCAD/CAMの違いとは|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

自費のセラミッククラウンと、保険適用のCAD/CAMの違いとは

口元の美しさを求め、審美性やメタルフリーが人気を集めています。被せ物の中にも金属が使われていないものはいくつかあり、そのほとんどが保険適用外となりますが、セラミックが入っているにもかかわらず保険適用となる「CAD/CAM冠」があります。同じセラミックを使った被せ物でも、オールセラミッククラウンとCAD/CAM冠ではどのような違いがあるのかを説明いたします。

オールセラミッククラウンとCAD/CAM冠の素材における違い

オールセラミッククラウンは、その名のとおり被せ物全てが歯科用セラミックでつくられています。セラミックの最大の特徴は、見た目の美しさです。特に目立つ前歯の場合、保険適用のプラスチックでは経年とともに汚れが付いて見た目が悪くなります。

オールセラミックの場合素材の特徴上、汚れはほとんど付きません。そのため年数が経っても白さが持続するのが大きな特徴です。

CAD/CAM冠は、セラミックとプラスチックを使った素材で、見た目はとても美しい被せ物です。銀歯しか知らなかった患者さんが初めてCAD/CAM冠を目にしたとき、びっくりする方も多くいらっしゃいます。

素材上の特徴ですが、CAD/CAM冠はプラスチックが使われているため、オールセラミックと比べると耐久性に劣ります。プラスチックは割れやすく、汚れも吸収しやすいため、オールセラミックと比べると数年後に審美性において差が出ることがあります。

適用部位における違い

オールセラミックの場合、部位の制限がありません。つまり全ての部位において使用が可能です。ただ奥歯の場合、噛む力が強いため稀に欠けてしまうことがあるため、特に審美性が最も重視される前歯に最適です。奥歯の場合、強度にとても優れているジルコニアセラミッククラウンが最適でしょう。

適用部位に制限がないオールセラミックに対し、CAD/CAM冠は保険の決まり上、適用部位が限られています。適用部位は上下4、5番目の小臼歯と、条件付きとなりますが、下の6番目の大臼歯です。上の6番目の大臼歯は適用できず、保険治療の場合、銀歯となります。

笑たときに見える小臼歯に適用できるため、保険で安く白い歯にできることはメリットが大きいと言えるでしょう。しかし前歯に適用とならないため、前歯を保険で、とお考えの方は前装冠という、表側が白いプラスチック、裏側が金属の被せ物という選択肢になります。

それぞれの特徴を理解しておきましょう

自費のオールセラミッククラウンと保険適用のCAD/CAM冠の違いについてお話いたしました。経年劣化と耐久性の面を考えると、やはりオールセラミッククラウンが適していると考えられますが、それぞれに特徴が違うため、よく理解して素材を選択することが望ましいでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら