ゴシゴシ歯磨きは歯ぐきを痛めるもと|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

ゴシゴシ歯磨きは歯ぐきを痛めるもと

毎日の歯磨きはお口の中を清潔にし、虫歯や歯周病などからお口の健康を維持するために欠かせないものです。それには適切なブラッシングで、きちんと磨けていることが大切です。ところがしっかりと歯磨きをしようとするあまり、ついゴシゴシと乱暴に磨いていませんか?力を入れ過ぎた歯磨きは歯ぐきを痛める原因になります。

ゴシゴシと力を入れた歯磨きは、お口の健康にどんな影響がある?

食べた後は歯磨きをすることで、お口の汚れを取り除き、虫歯や歯周病の原因となるプラークの発生を低減できます。しかし力を入れ過ぎたブラッシングは、かえって歯や歯肉を傷つけてしまいます。

力を入れ過ぎた乱暴な歯磨きによっていちばん起こりやすいトラブルは「歯肉退縮」です。歯肉退縮とは、ゴシゴシと力を入れ過ぎた歯磨きにより歯ぐきが傷つこ、歯肉の位置が下がることを言います。

さらに歯肉退縮により歯の根元が露出し、「くさび状欠損」というトラブルも招く恐れがあちます。くさび状欠損とは、下がってしまった歯ぐきに沿って歯がくさび状に削れてしまった状態を言い、虫歯ではないのに冷たいものがしみる知覚過敏を起こす原因となります。虫歯ではないのに冷たいものがしみる場合、シンク退縮が起こっている可能性があります。そしてそれは、毎日の歯磨きによって引き起こされていることが考えられます。

せっかく虫歯や歯周病にならないように頑張って歯磨きをしていても、磨き方が悪ければトラブルを起こしてしまうのです。

適切なブラッシングとは

適切なブラッシングとは、力加減にあります。歯磨きをするときの適切な力加減は、100~200グラム程度と言われています。キッチンスケールなどで重さを測ってみると、その軽さにびっくりすることと思います。つまり歯磨きに過度な力は不要なのです。

歯磨きの仕方は人それぞれ違います。普段お使いの歯ブラシのグリップや、毛先の方さも好みがおありだと思いますが、適切な力できちんと磨けているかどうかは、まず歯ブラシの毛先を見てみて下さい。歯ブラシを新しいものに交換してかだ1~2週間で毛債が広がってしまう方は、歯磨き時に力を入れ過ぎている可能性があります。広がった毛先の歯ブラシで歯を磨いていても、汚れやプラークをきちんと落とすことはできません。また歯ブラシには使っているうちに細菌がたくさん付いてしまいます。毛先が広がっていなくても、1か月を目安に新しいものに交換しましょう。

歯ぐきの退縮によって知覚過敏が起きた場合

いちど退縮した歯ぐきを元に戻すのは難しいと考えられます。もし歯肉退縮によりくさび状欠損が起き、知覚過敏の症状が出ているときは早めに受診して下さい。しみ止めのお薬を塗布して様子を見る場合もあれば、レジンで厚みをつけて刺激をカバーする、痛みが強い場合はセラミックなどを被せる場合もあります。歯と歯ぐきの健康を守るために、正しい歯磨きの仕方をマスターすることが大切です。

 

当院のセラミック治療についてはこちら