笑ったときに歯ぐきが見える「ガミースマイル」|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

笑ったときに歯ぐきが見える「ガミースマイル」

笑ったときに上の歯ぐきが見える状態を一般的に「ガミースマイル」と言います。ガミーは「歯ぐき」を差す言葉で、そこからガミースマイルという言葉が発症しました。ガミースマイルを個性のひとつとして捉えている方もいらっしゃいますが、ガミースマイルによって笑顔に自信を持てない方も当然いらっしゃると思います。今回はガミースマイルについてお話をいたします。

意外と多いガミースマイル

笑ったときに歯だけでなく、上の歯ぐきが3~4ミリと広範囲にわたって見える状態のガミースマイルは、芸能人やスポーツ選手でもよく見かけます。周りを見ても、友達や知り合いにガミースマイルの人を見かけませんか?少しだけ歯ぐきが見えることも軽度のガミースマイルもあれば、歯ぐきの露出が広いうえ歯が小さい重度のケースなど、様々です。

ガミースマイルの原因

ではどうしてガミースマイルになってしまうのでしょうか。

・上顎の骨の問題・・・上顎が大きすぎる、上顎が前方へ出ているなど上顎に問題がある場合、ガミースマイルになることがあります。

・歯の生え方や歯ぐきの問題・・・歯そのものが小さく、相対的に歯ぐきが目立つことがあります。また歯が完全に生え切っていない状態で歯ぐきが被さってしまったケースや歯が生えr位置が低い場合も、歯ぐきが露出してガミースマイルの原因になります。

・上唇の筋肉の問題・・・上唇の筋肉が過度に働くことで上唇が上がり過ぎてしまってガミースマイルを引き起こすことがあります。

・過蓋咬合の場合・・・過蓋咬合とは噛み合わせが深く、笑ったときに上の歯が下の歯をほとんど覆ってしまい、下の歯が見えない噛み合わせのことを言います。過蓋咬合の結果、ガミースマイルを引き起こしてしまうことがあります。

ガミースマイルは歯列矯正では改善できないのでしょうか

ガミースマイルによって口元にコンプレックスを感じる方は、どうやって治せばよいのか悩むことと思います。矯正治療なのか美容外科なのか・・・受診先にも迷うことでしょう。

ガミースマイルの治療は、ガミースマイルの原因により治療法が異なります。例えば過蓋咬合など歯の位置や噛み合わせが原因の場合、歯列矯正で改善できることもあります。また歯ぐきの治療を行って改善を見込めるケースもあります。

しかし骨格が原因の場合、外科処置が必要になる可能性が高いと考えられます。実際ガミースマイルの多くは骨格が原因であり、特に遺伝要素が強く出ます。まずはガミースマイルの原因を特定し、状況に応じた治療を行う必要があります。ガミースマイルでお悩みの方は、まずは歯科医院に相談してみましょう。

 

当院の歯列矯正についてはこちら