セラミックの寿命はどのくらい?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

セラミックの寿命はどのくらい?

白く美しいセラミックの補綴物は、審美性だけでなく、丈夫で長持ちすることから人気を集めています。しかしどんなに丈夫な補綴物といっても、必ずしも一生持つとは限りません。ではセラミックを使った補綴物の寿命とは、いったいどのくらいなのでしょうか。

セラミックのメリット

セラミックにはオールセラミッククラウンをはじめ、ジルコニアセラミッククラウン、e-max、メタルボンド、ラミネートべニアといった種類があり、それぞれ部位に応じたものを使用します。セラミックの魅力は、なんといってもその美しさです。特にオールセラミッククラウンは、周りの歯に合わせた細かな色の調整が可能で、「いかにも白い被せ物にしました」といった不自然さがありません。周りの歯と調和した、自然な美しさが最大の魅力です。

また金属の補綴物に比べて接着性が良く、二次カリエスのリスクが低いこともメリットと言えます。メタルボンド以外は金属が使われていないメタルフリーで、金属アレルギーのある方にも安心して使うことができます。このように、セラミックは保険素材にはない優れた特徴をたくさん持ち合わせている素材で、人気を集めているのもおわかりになると思います。

セラミックの寿命について

ではセラミックに寿命はどのくらいなのでしょうか。同じように日常生活を過ごすと仮定して、保険素材の補綴物と比較すると、セラミックのほうが寿命は長いと考えられます。と言うのも、保険素材の補綴物はレジンの性質上傷がつきやすく、そこに細菌が入り込みやすくなるからです。また削った歯と補綴物の境目にはわずかな段差やすき間があり、そこから細菌が入り込んで二次カリエスになってしまいます。保険適用の補綴物の場合、「合着」という接着方法になることから、セラミックの科学的な「接着」方法よりも接着力が劣ってしまうのが大きな原因です。

ではセラミックは絶対に破損しないかと言うと、そうではありません。一般的な寿命は10年くらいと言われていますが、お口の中の状況により、それ以上長持ちすることもありますが、10年も持たずに再治療となってしまうことがあります。

その主な原因として、

・歯ぎしりや食いしばりの癖がある

・固いものを好んで食べる(特に前歯で固いものを噛み切ることが多い食材)

が挙げられます。特に歯ぎしりや食いしばりは歯に非常に大きな負担がかかります。歯ぎしりが強い方の天然歯は摩耗し、内側の象牙質が見えているほど大きな負担がかかります。奥歯の場合、力がかかりすぎることでセラミックが割れてしまう可能性があるため、このような癖がある方は10年を待たずして再治療になる可能性があります。

せっかく美しい歯を手に入れたなら、できる限り長持ちさせたいものです。もし歯ぎしりの自覚症状がある方は、スプリントというマウスピースを作製し、セラミックや天然歯を保護すると歯を長持ちさせることができます。

 

当院のセラミック治療についてはこちら