お子さんの虫歯の原因は、お母さん・・・?!|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

お子さんの虫歯の原因は、お母さん・・・?!

虫歯はお口の中のトラブルで最も多く見られます。特に乳歯は酸にとても弱く、あっという間に虫歯になってしまいます。虫歯になる原因となる「ミュータンス菌」は、実はお母さんを介して赤ちゃんや小さなお子さんに感染してしまうのをご存じでしょうか。

成長するにつれ高まる虫歯リスク

虫歯は、虫歯菌によって虫歯が発症する感染症です。虫歯菌にはいくつか種類がありますが、その代表である「ミュータンス菌」はの名前を聞いたことがある方も多いでしょう。

ミュータンス菌は歯の表面についている食べかすや糖分に寄り付いて酸を出し、歯を溶かしていきます。

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはミュータンス菌などの虫歯菌はいません。ミュータンス菌は歯の表面に棲みついて活動をするため、もしまだ歯が生えていない赤ちゃんのお口の中に入っても、活動の場がないため影響はそれほどありません。しかし歯が生え始め、離乳食が始まるとその瞬間から虫歯リスクが発生することになります。

そして成長するにつれ、砂糖がたくさん使われた甘いものを頻繁に摂取したり、不規則な食事になる傾向が強くなるにつれ、虫歯リスクはますます高くなります。

その虫歯リスクを高めるのが、ミュータンス菌の存在です。

 

大人の唾液を介して感染してしまうミュータンス菌

先ほど述べたとおり、生まれたばかりの赤ちゃんにはミュータンス菌などの虫歯菌は存在しません。ミュータンス菌は、虫歯菌が存在する大人の唾液によって赤ちゃんに感染してしまいます。生後19カ月から31カ月の間は「感染の窓」と呼ばれ、最もミュータンス菌に感染しやすい時期なのです。この期間は乳歯が生え揃うまでの期間を差しており、虫歯になりやすい時期なのです。そしていちどお口の中に虫歯菌が棲みつくと、残念ながら一生虫歯リスクを背負うことになってしまうのです。なおお母さんやご家族の方に虫歯が多いとお子さんへの感染リスクが高まり、お子さんが虫歯になる確率が高まることがわかっています。

家族のお口の健康が、大切なお子さんを虫歯から守ります

お子さんの歯の健康を守るのは、歯磨きだけではありません。毎日の食生活はもちろん、お母さんやお父さんをはじめつぃたご家族の口腔ケアが、お子さんの歯の健康を守ることになります。まず大人が正しい歯磨きと定期検診をきちんと受診し、お口の中のコンディションを保つことがとても重要です。

またお子さんも早い段階から予防の習慣をつけておくことも大切です。最初は嫌がるかもしれませんが、お母さんやお父さんと一緒に歯医者さんへ行って予防治療を受ける習慣を身に付けてあげることが、お子さんのお口の健康を守る基本となることでしょう。

 

当院の小児歯科についてはこちら