歯周病リスクに気を付けるべきセラミック治療|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

歯周病リスクに気を付けるべきセラミック治療

天然歯に近い、自然な美しさが魅力のセラミック。保険の被せ物と違い、審美性と耐久性に優れた素材で、保険治療からの再治療を希望する方も多いと思います。セラミックなどの人工歯は虫歯にはなりません。しかし、虫歯にはならなくとも、気を付けなければいけないのが歯周病なのです。

人工歯は虫歯にはなりませんが・・・

虫歯は、虫歯菌が出す酸によって「歯が溶ける」病気です。対する歯周病は、歯周病菌が出す毒素により、「歯を支える歯周組織に炎症が起こる」病気です。同じお口の中のトラブルでも、虫歯と歯周病は全く違います。

オールセラミックやジルコニアセラミック、銀歯などの人工歯は酸で溶けることはありません。したがって、人工歯が虫歯になることはありません。保険素材のもので、被せた部分のすき間から虫歯菌が入り込み、内部で虫歯が広がる二次カリエスのリスクはありますが、人工歯そのものがどうこうなるわけではないのです。

被せ物の周囲は汚れが残りやすい場合も

キレイなセラミックを入れて、口元に自信を持つことができると、毎日の生活が快活なものになることでしょう。しかし、セラミックの被せ物を入れたからといって、油断は禁物です。と言うのも、被せ物の周囲には汚れが溜まりやすく、歯肉炎や歯周炎の原因になってしまうからです。歯周病は天然の歯の周りだけに発症するわけではありません。

人工歯を被せるということは、ご自身の歯が残っているということです。歯周病に罹患すると、歯ぐきだけでなく歯を支える歯槽骨まで炎症が起きてしまいます。根が残っている状態で歯周病に罹患すると、せっかく根の治療をしてセラミックの被せ物を入れても、歯槽骨が吸収されて歯がグラグラになってしまいます。歯周病は自覚症状があまりないため、そのままにしておくと歯槽骨が吸収され続け、歯を支えることが困難になり、やがて人工歯ごと抜けてしまいます。

虫歯リスク、歯周病リスクともに気を付けて過ごすことが大切

虫歯によって人工歯を被せなければならなくなった場合、当然二次カリエスや他の歯に対する虫歯リスクにも気を付けなければいけません。

しかし年齢を重ねるにつれ、歯周病リスクは増していきます。若いころは虫歯や歯肉炎に気を付けなければいけなかったのが、だんだんと歯周病リスクが高まってきます。今後虫歯にならないよう気をつけるのはもちろんですが、歯周病になり歯を失ってしまったら、元も子もありません。また歯周病は一本の歯だけでなく、歯ぐき全体に炎症が起きてしまいます。せっかくキレイになった人工歯を長持ちさせるためにも、人工歯の周囲の汚れをきちんと落とすように心がけましょう。

そして、定期的なメンテナンスで虫歯や歯周病リスクを減らしておくことが何よりも大切です。

 

当院のセラミック治療についてはこちら