妊娠中も歯を白くしたい場合、どうすればいい?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

妊娠中も歯を白くしたい場合、どうすればいい?

妊娠中は非妊娠時と比べて様々なことに対して制限があります。例えば歯の治療に関して、妊娠中はレントゲン撮影は行わないことはよく知られています。では妊娠中も歯を白くキレイな状態でいたい場合、ホワイトニングは大丈夫なのでしょうか。

歯科医院で受けるホワイトニングは妊娠中はNG!

歯を真っ白に美しく仕上げるホワイトニングは、年代を問わず人気を集めています。特に歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、いちどの施術で歯を真っ白にすることができるため、希望する方が増えています。

最近ではオシャレなプレママさんも増え、妊娠中もマタニティライフを楽しむ方も多いことでしょう。また美意識の高いプレママさんにおいては、口元の美しささを求める方もいらっしゃると思います。

しかし妊娠中は、歯科医院で受けるホワイトニングは受けることができません。と言うのも、歯科医院で使うホワイトニング薬剤は、安全性が保障されていないためです。お腹の赤ちゃんに対して問題があるという報告は出ていませんが、安全であると言い切れることはないのです。また出産後で授乳中のホワイトニングも、同じ意味で歯科医院でのホワイトニングは受けることはできません。

妊娠中でも歯を白くきれいにするためには?

妊娠中は歯科医院でのホワイトニングはできませんが、歯本来の色を蘇らせ、ツヤのある歯に仕上げることはできます。

・歯のクリーニング(PMTC)・・・歯科医院で受ける歯のクリーニングはPMTCと呼ばれる施術で、専用のブラシやペーストを使って歯の表面の汚れを落とし、歯本来の自然な色やツヤを蘇らせることを目的としています。また溜まったプラークを落とすことで、妊娠中に起こりやすい妊娠性歯肉炎や、歯周病のリスクを抑える効果もあります。

・ホワイトニング効果と書いてある歯磨き剤を使う・・・最近ではパッケージにホワイトニング効果と記載がある歯磨き剤がたくさん売っています。歯科医院で使用する薬剤の成分は入っていませんので、妊娠中でも安心して使えるものがほとんどです。念のため、歯科医師に確認するとより安心できるでしょう。ただし海外の歯磨き剤には歯科医院で使う成分が入っているものもあるため、注意が必要です。

妊娠中は歯の美しさももちろん大切です。しかし歯の健康を第一に考えることが、お口の中の健康とともに、お腹の中の赤ちゃん、そしてお母さん自身の全身の健康に繋がります。また妊娠中に体調の良い時期を見計らって、歯科検診を受けておくこともとても大切です。

 

当院のホワイトニングについてはこちら