歯の痛みは、必ずしも虫歯とは限りません|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

お知らせ

歯の痛みは、必ずしも虫歯とは限りません

歯に痛みを感じると、まず考えるのが「虫歯になってしまった!」ではないでしょうか。確かに歯の痛みは虫歯によるものが多いですが、歯の痛くなる原因はそれだけではありません。では不快な歯の痛み、虫歯以外にどのような原因が考えられるのでしょうか。

・知覚過敏

知覚過敏は、冷たいものを口にしたときや、歯磨きのときに痛みを感じるのが特徴です。虫歯菌によりエナメル質が溶けているのではなく、エナメル質が何らかの原因で削れて薄くなっていることで、刺激を感じやすくなってしまいます。多いのは、歯の根元が削れている、歯と歯を擦り合わせることでエナメル質が摩耗して象牙質が露出する「咬耗症」などがあります。

・歯ぎしり、食いしばり

虫歯でないにも関わらず、噛んだ時に痛みを感じる場合、歯ぎしりや食いしばりによる歯へのダメージが考えられます。無意識に行っているこの習慣は、歯に悪影響を与えてしまいます。通常、上下の歯は触れあっていません。ところが歯ぎしりや食いしばりなど、食事以外で上下の歯が接触していると、歯や歯を支える歯周組織に影響が出ます。そしてその時間が長ければ長いほど、歯に加わるダメージは大きくなってしまうのです。

・外傷などによる歯根膜炎

歯の根の部分には「歯根膜」という薄い膜があり、噛んだ時の衝撃を和らげるクッションのような役割を持っています。歯根膜炎は、虫歯が悪化したときに起こりやすいですが、歯をぶつけたときの外傷によって起こることもあります。歯根膜炎になると、噛んだ時に根の付近に鈍い痛みを感じやすくなります。

 

原因に応じた処置を

歯の痛みで虫歯と診断されたら、虫歯治療が必要になります。しかし虫歯でない場合は、症状に応じた処置を受けることで症状が和らぐことがあります。知覚過敏の場合なら、シミ止めを塗布してもらう、あるいはエナメル質が削れている部分をレジンで覆うなどが主な対処法になります。

歯ぎしり、食いしばりに関しては、日常生活の中で無意識に行われているため、まずはその習慣を意識して取り除かなければいけません。歯と歯を接触させないようにすることが重要ですが、なかなか意識して過ごすことは大変だと思います。また寝ている間の歯ぎしりはご自身ではどうすることもできないため、ナイトガードというマウスピースを作製し、就寝時だけ着用するという方法が有効でしょう。また起きている間にも装着して歯と歯の接触を避けるマウスピースがあるため、歯科医院で相談して下さい。

歯根膜炎は、炎症を抑えるための治療が必要になります。場合によっては、根の治療が必要になることがあります。根の治療になったら、必ず最後まで治療を受けて下さい。その後はセラミッククラウンなどを被せてキレイに修復します。

歯の痛みは虫歯だけではありません。原因に応じた処置を受けることで、虫歯ではない、健康な歯を削らなくて済みます。痛みを感じたら放置せず、なるべく早く受診するようにしましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら