審美性の高い素材を使った前歯の治療について|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

審美性の高い素材を使った前歯の治療について

 

お口の中のお悩みは様々です。特に前歯はとても目立つ場所のため、とても気になることでしょう。そんな前歯のお悩みの中に見られるのが「前歯のすき間」。

前歯の間にすき間が開いているとなんだか間が抜けて見えてしまうことから、治療を希望される方がほとんとだと思います。では前歯のすき間は、どのような治療で改善できるのでしょうか。

前歯だけのすき間と全体的に見られるすき間について

いわゆる「すきっぱ」と言われる歯と歯の間のすき間は意外と多いものです。周りからわかりにくい場合もあれば、すき間がとても目立つ場合もあるなど、すきっぱに悩む方はたくさんいらっしゃることでしょう。

歯と歯のすき間には2種類あり、「正中離開」という前歯だけのすき間と、「空隙歯列」という歯全体にすき間があるものに分けられます。

歯と歯の間にすき間があるとまず見た目が気になります。歯が小さい印象だけでなく、「すきっぱの人」というあまりよくないイメージを持たれてしまいます。

すきっぱは見た目だけではなく、空気が漏れやすく発音が不明瞭に聞こえることがあります。

これに対し、前歯にだけすき間がある「正中離開」は機能面というよりは、見た目がいちばん大きく影響してしまいます。わずかな隙間ならそれほど目立たないかもしれませんが、すき間があるうえにハの自に開いていると、それだけで印象が良くないものになるでしょう。

ご自身にとってもとても悩むところだと思います。

前歯だけのすき間でも、やはり矯正治療が必要?

歯全体にすき間が目立つ空隙歯列の場合は矯正治療が第一選択肢になるでしょう。

いっぽう正中離開の場合、前歯のすき間を埋めることで改善することが可能なケースがあります。すき間が狭い人、ハの字に開いていない人は、審美性の高いレジンですき間を埋めることで、自然で美しい口元を手に入れることができます。

この方法を「ダイレクトボンディング」といい、矯正治療と比べると費用も期間もぐっと抑えることができます。

レジンと聞くと虫歯治療で使うレジンが思い浮かぶかもしれませんが、ダイレクトボンディングで使用するレジンはより審美性が高く、美しく仕上げることができます。

しかしダイレクトボンディングは、歯を少し削ることがあります。歯はいちど削ると二度と元に戻らないだけでなく、知覚過敏などの症状を引き起こしてしまうことがあるため、絶対に歯を削りたくない方は矯正治療によって改善します。

またもうひとつの方法として「ラミネートべニア」があります。歯をほんの薄く削り、セラミックのシェルを歯に貼り付けてきれいに形成します。見た目はほとんとわからず、審美性にとても優れています。

前歯のすき間はとても目立つため、よりキレイで確実な方法で治すことをお勧めします。それ以外でもダイレクトボンディングは保険のレジンの変色やちょっとだけ歯の形を変えたいなど、審美性を高めることを目的とした治療に最適です。

 

 

当院のセラミック治療についてはこちら