8020、意識してますか?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

お知らせ

8020、意識してますか?

「8020運動」という言葉をご存じですか?これは、「80歳になっても自分の歯を20本保とう」という運動で、いつまでもご自身の歯で食事を楽しもう!という思いが込められています。「年を取ったら歯がなくなるのは当たり前」ではありません。今現在、あなたは「8020」を意識しておられますか?

8020運動とは?

「8020(ハチマルニイマル)運動」とは、「80歳になっても20本以上自分の歯を残すことで食事を楽しむことができる」ことを目的として、1989年より当時の厚生省と日本歯科医師会が推奨しています。

それまでの歯医者のイメージは「痛くなったら受診する」であり、予防を目的として受診をする風潮はほとんどありませんでした。

そのため「年を取ったら歯がなくなるのは当たり前」「総入れ歯になるのは仕方ない」といった考えがごく自然な流れだったと思います。

運動開始当初の平均残存歯数は4~5本、8020達成率は約7%程度しかありませんでした。

その後の厚労省の調査で8020運動は少しずつ浸透し、2017年に出された報告では、51.2%まで上昇していることがわかりました。

この数字からもわかるように、最近では歯の健康に対する意識もずいぶん上がってきており、老若男女にかかわらず定期検診を受診する方が増えてきています。

それでも諸外国と比べると、予防意識はそれほど高くなく、「歯がなくなってきたからいよいよ入れ歯だな」というお考えの方もまだたくさんいらっしゃいます。

歯がなくなる理由は?

年齢を重ねるにつれ、歯を失う原因は虫歯から歯周病へと変わっていきます。もちろん虫歯も歯を失う大きな原因ですが、「これまで虫歯が1本もなかったのに、最近はがグラグラしてきた」「いきなり歯が抜けた」という症状は、歯周病特有のものです。

歯周病はある日突然なるわけではありません。また必ずしも高齢者だけが発症するのでもありません。若い世代でも歯周病は発症します。

初期の症状から含めると、成人の約80%が歯周病に罹患しているということがわかっています。歯周病のやっかいなところは、虫歯のように痛みをあまり感じないまま症状が進行してしまうことです。

そのため自覚症状が現れ始めたころには歯周病が悪化し、歯を支える歯槽骨が歯周病菌によって吸収されている状態となります。

また歯周病は虫歯のように一本の歯に対して症状が出るわけではなく、お口全体に症状が出てしまいます。

歯磨きをしたときに歯ぐきから出血する、歯ぐきがブヨブヨする、口臭がきつくなってきた・・・このような症状はありませんか?これはまさに歯周病の症状であり、そのままにしておくと間違いなく歯を失ってしまいます。

特に高齢の方はよく噛まないと認知症になるリスクが高まってしまいます。

体の健康は、健康な歯から

体の健康維持は、まず食べることです。食べることにおいて大切なことは、しっかりと噛む歯があること、健康な歯であることが大前提です。

毎日の歯磨きをしていても、歯周病になるリスクは年齢の上昇とともに高まります。それは、お口の中にいる歯周病菌の細菌が増えていること、歯磨きをしても、歯石やプラークはなかなか自分で歯取り除けないためです。

定期検診は歯の健康を維持するための大切な検診です。虫歯や歯周病になっていないか、噛む機能は正常かどうか、歯磨きがきちんできているかどうかなどをチェックし、歯や歯ぐきなど口腔内の衛生状態を保つことを目的としています。

また絶対に歯を20本残さなくてはならないという義務ではありません。たとえ残っている歯が少ない状態でも、今この瞬間から予防を意識したお口の中の管理を始めていけば、今ある歯を残すことができる可能性が高くなります。

「健康はよく噛むことから」

歯は失ってはじめてその大切さを痛感します。8020運動を意識し、いつまでもご自身の歯で美味しく食事をするためにも、是非定期検診は受けるようにしましょう。

当院の予防歯科についてはこちら