矯正は矯正でも、セラミック矯正って何?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

矯正は矯正でも、セラミック矯正って何?

前歯をキレイにしたいと思う方の大多数は、矯正治療を思い浮かべると思います。でも矯正治療は高いし時間もかかる・・・そんな中「セラミック矯正」という文字を見て「これは何?早くてキレイにできるの?」とびっくりして飛びつきたくなると思います。

でもちょっと待ってください。セラミック矯正のことをしっかり理解していますか?

 

歯並びの悩みを改善するのは、矯正治療ですが・・・

 

出っ歯、ガタガタの歯、歯が大きい・・・奥歯に比べ、前歯は目立つため見た目にお悩みを抱える方はとても多くいらっしゃいます。

そこでまずお考えになるのが「矯正治療」ではないかと思います。

 

しかし矯正治療を考えても、次に考えるのが「高い」ではないでしょうか。

 

また治療期間も長くなります。部分矯正でも早くて半年かかるなど、一般治療と比べて矯正治療は少しずつ歯を動かすため、どうしても治療期間が長くなってしまうため、矯正治療に踏み込めない方もいらっしゃることでしょう。

 

 

セラミック矯正とは?

 

では同じ「矯正」と名が付く「セラミック矯正」とはどのような治療なのでしょうか。

 

セラミック矯正は、その名のとおりセラミックを使った歯の矯正の一種です。

 

しかしその方法は、一般的な矯正治療と全く異なります。

 

ワイヤーやマウスピースといった「装置」を使って歯を少しずつ動かす矯正と異なり、セラミック矯正はこのような装置を一切使用しません。

 

使用するのは、前歯6本分など何本か繋がった「セラミックのブリッジ」です。

 

セラミック矯正は、セラミックブリッジを装着するために歯をたくさん削ります。そこへ型取りをして作ったセラミックブリッジを装着し、歯の形や噛み合わせを調整して前歯を整えます。

 

この期間、およそ1か月程度です。1か月で気になる前歯がキレイに整えることができて、理想の歯列が手に入ります。費用も安く抑えることができるため、とても魅力的に感じる方もいらっしゃることでしょう。

 

しかしセラミック矯正の場合、一般のブリッジと同じで健康な歯をたくさん削らなければいけません。

削ったご自身の前歯を土台にして、繋がったセラミックブリッジを装着すると、キレイな前歯が手に入ります。

 

鏡で自分の前歯を見たとき、これまで悩んでいたことがウソのような、キレイに輝く前歯を手に入れることができたのです。矯正治療のように痛みをあまり感じることなく、しかも短期間で理想の前歯を手に入れることができる、そんな魅力的な治療法に飛びつきたくなることと思います。

 

しかし、セラミック矯正には大きなリスクがあります。それは「健康な歯をたくさん削ることによる歯の寿命への影響」です。

 

 

セラミック矯正のリスクとは?

 

健康な歯を削り、セラミックのブリッジを被せると、わずかな隙間から細菌が入り込んで虫歯や歯周病のリスクが高まります。

 

またセラミックの寿命は約10年と言われています。10年経つと新しいセラミックに替える必要が出てくるため、再治療の際に再び歯をたくさん削らなければいけません。そのことが後に抜歯に繋がってしまうことがあります。

 

虫歯治療におけるセラミック治療は虫歯の再発予防に効果的ですが、前歯をキレイに整えるために健康な歯をたくさん削ることで、歯の寿命に大きく影響してしまいます。

 

矯正治療は費用も高く、長期間にわたる治療が必要です。ですが、歯列を整えることは将来の歯の健康維持にとても効果が高いのです。

 

もちろんセラミック治療が絶対に悪いというわけではありませんが、目先の美しさと結果に捉われて将来後悔しないよう、十分に考えて治療法を選択することが大切です。

 

 

当院の矯正治療についてはこちら