以前部分矯正した歯が後戻りしてきた気が・・・なぜ?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

以前部分矯正した歯が後戻りしてきた気が・・・なぜ?

前歯の歯並びに関するお悩みは非常に多いと思います。矯正治療で前歯を改善するだけでも印象はグッと変わります。最近では前歯に特化した部分矯正を希望される方も多いことでしょう。しかし、中には以前部分矯正した前歯が後戻りしてきた!という声が聞こえてくることも少なからずあります。

では以前部分矯正した前歯が後戻りする原因は、何が考えられるのでしょうか。

前歯に起こりやすいお悩みとは?

 

前歯は大変目立つ部位で、ちょっとした歯並びの乱れから、口元を手で隠したくなるようなコンプレックスまで様々です。前歯の歯並びや噛み合わせに関するお悩みは次のようなものが挙げられます。

 

・ガタガタの歯並び・・・全体的に歯並びが乱れている、いわゆる「乱杭歯」

 

・出っ歯・・・前歯だけ、あるいは上の歯全体がアーチ状に前方へ出ている

 

・すきっ歯・・・歯と歯の間にすき間がある歯並び。前歯の間だけに起きる「正中離開」と、歯全体にわたりすきまがある「空隙歯列」があります。特に正中離開は口の真ん中である前歯の間にすき間があることで、間の抜けた印象を与えてしまいます

 

・前歯のねじれ・・・前歯がねじれていることも、歯列を乱してしまい見た目のコンプレックスを感じてしまいます

 

このように、前歯だけでもこれだけお悩みの原因があるということがおわかりいただけることと思います。

 

部分矯正ではきちんと治らないの?

 

前歯の軽度のコンプレックスを改善するには、部分矯正が適しています。部分矯正は、奥歯の噛み合わせに問題がなく、抜歯する必要がないケースで適応されることがあります。

 

部分矯正の良さは、費用を抑え、気になる前歯だけを治せる、治療期間が短いといった、全体矯正のデメリットにあたる部分がそのままメリットとなる点でしょう。

 

しかし、部分矯正によって矯正した歯並びが、数年後に後戻してきた、という声が少なくないのも事実なのです。せっかく治療したのに、部分矯正ではきちんと治らなかったの?と悲しくなるかもしれません。

 

部分矯正後の後戻りの原因とは?

 

では部分矯正後の後戻りは、なぜ起きてしまうのでしょうか。

 

最も多いのは、「保定期間中にリテーナーをきちんとつけなかったこと」が考えられます。

 

これは全体矯正でも同じですが、治療後の保定期間は非常に重要で、矯正装置によって動かした歯は元の位置に戻ろうとする性質があります。

 

この性質によって歯が元の位置に戻らないよう、リテーナーを付けておくことが欠かせないのです。

 

ところが、矯正治療で前歯がきれいに治ったから、とリテーナーを付けずに過ごす方は少なくありません。その結果、歯が戻の位置に戻り、後戻りを起こすのです。

 

もうひとつは、本来なら抜歯と全体矯正が必要だった歯並びを、無理に部分矯正で収めたケースが考えられます。

 

抜歯はできるだけしたくない、という思いもあるかもしれません。しかし、抜歯をしないとスペースが確保されないケースにもかかわらず、歯をそのまま並べると、やはりスペース不足が生じてしまいます。

 

その結果、歯と歯が押されて窮屈になり、その結果後戻りが起きてしまうことも考えられるのです。

 

大切なことは、歯並びや骨格の状態に応じた治療を行い、矯正治療後はリテーナーを必ず装着することです。

 

気になる前歯のお悩みは部分矯正で対応できるケースもありますが、その後の歯並びの状態も含め、担当医とよく相談しましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら