定期的に歯のクリーニングを受けることで得られる効果について|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

お知らせ

定期的に歯のクリーニングを受けることで得られる効果について

皆さんは、定期的に歯のクリーニングを受けていますか?歯のクリーニングは、歯に付いた着色を落とし、歯本来の色を蘇らせる効果があります。

しかし、それ以外にも歯のクリーニングには大きな意味があります。では定期的に歯のクリーニングを受けると、どのような効果が得られるのでしょうか。

蓄積される、プラーク

 

毎日の歯磨きは、歯に付いた汚れを落とし、虫歯や歯周病にならないことを目的としています。

 

しかし、毎日歯磨きをしていても、歯と歯の間や歯ぐきとの境目など、どうしても磨き残しができてしまいます。またお口の中には非常に多くの細菌が棲みついており、食べかすの中に含まれる糖分を分解してプラークを作り出します。

 

プラークは細菌の塊で、白く粘っこい性質を持っています。プラークは虫歯菌や歯周病菌が活動する温床であり、プラークが溜まれば溜まるほど、細菌の活動が活発になります。

 

プラークは比較的柔らかい汚れで、歯磨きで取れないことはありません。しかし完全に取り除くことは難しく、残っているプラークからさらにプラークが蓄積されてしまうのです。

 

プラークが石灰化した歯石

 

プラークが溜まると虫歯リスクに加え、歯ぐきに炎症が起きることが多く、歯磨き時に出血することがよくあります。これは初期症状は歯肉炎、加齢とともに歯周炎に進行しやすくなります。

 

ただプラークは柔らかな汚れのため、毎日の歯磨きを丁寧に行うことで改善が可能です。虫歯や歯周炎へ進行させないためにも、正しいブラッシングを行うことが大切です。

 

しかし、歯石が付いてしまうと自分で取り除くことはまず困難になります。

 

歯石は、プラークが石灰化したものです。唾液中のカルシウムやリンと結合し、硬く石のようになってしまいます。

 

プラークも歯石も、歯科医院で定期的に取り除くことが大切

 

プラークは柔らかい汚れで、丁寧なブラッシングで取り除くことが可能です。しかし歯の裏側に付いているプラークは表側よりも取り辛く、なかなかキレイに取り除けません。

特に下の前歯の裏側は唾液循環の関係上、落とせなかったプラークが石灰化して歯石が溜まりやすくなります。

 

このように蓄積されていくプラークや歯石は、定期的なクリーニングで落としましょう。

 

クリーニングは歯の表面に付いた着色を落とすことはもちろん、プラークや歯石と言った歯の健康を害する物質を取り除き、お口の健康を維持する役目があります。

 

しかしどれだけクリーニングでプラークや歯石を落としても、3かげつもすれば少しずつまた汚れが溜まってきます。定期的なクリーニングが必要なのは、新たなプラークや歯石が溜まるサイクルがおよそ3か月だからです。

 

 

 

このような状態になると、毎日の歯磨きで取り除くことができません。また歯石が付いたままの状態が続くと、そこへ新たなプラークが溜まり、さらに歯石と化してどんどん蓄積されます。そうなると、歯周病リスクが一気に悪化して、歯を維持することが難しくなりかねません。

 

定期的にクリーニングを受けることで歯の着色を落とすことはもちろん、歯の健康維持にもとても大切です。理想は3か月に一回ですが、最低でも1年に一度はクリーニングを受けることで、虫歯や歯周病の早期発見に繋がります。いつまでもご自身の歯の健康を守るためにも、是非定期的にクリーニングを受けるようにしましょう。

 

 

当院の予防治療についてはこちら