一日の終わりは、しっかりとケアをしましょう|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

お知らせ

一日の終わりは、しっかりとケアをしましょう

虫歯や歯周病から歯の健康を守る基本は、毎日の歯磨きです。毎日の歯磨きをしっかりすることでお口の中の細菌を減らし、トラブルを起こしにくい環境を整えることができます。

 

特に、一日の終わりの歯磨きはとても重要です。就寝前のケアが、お口のトラブルに大きく関わってくると言っても過言ではありません。

 

ただ磨くだけになっていませんか?

 

毎日の歯磨きは、ただ何となく行っている、という方がほとんどではないでしょうか。歯磨きで大切なことは、「しっかりと汚れを落として磨くこと」です。

 

しかし、ただ何となく毎日のルーティンで行っている場合、「ただ磨いているだけ」になってしまいがちです。

 

つまり「何となく磨いている」「磨いた気でいる」と、「磨けている」とでは、ニュアンスが全然違います。

 

どんなに時間をかけて歯磨きしても、「磨けていない」状態では、どれほど時間をかけけても汚れが落とせず、磨き残しができてしまうのです。

 

磨き残しがあると、その中に含まれる糖分を栄養源として、お口の中に棲みついている細菌が活動し始めます。その結果、虫歯や歯周病の原因となるプラークが作られてしまうのです。

 

プラークは柔らかい汚れですが、きちんと取り除かないと虫歯、歯ぐきの腫れなどを引き起こし、お口の健康維持に影響が出てしまいます。

 

ただ単に歯を磨くのではなく、「きちんと汚れを落とすために磨く」という意識をしっかりと持って歯磨きをしましょう。

 

一日の終わりのケアはとても重要

 

お口の中にはたくさんの細菌が棲みついていますが、普段は唾液の持つ抗菌作用により、活動が抑制されています。

 

ところが、お口の中が乾いていると細菌がお口の中に留まってしまいます。特に就寝中はお口の中が乾く傾向にあるため、爆発的に細菌が増えてしまいます。

 

どんなに頑張って歯磨きをしても、細菌を全くゼロにできるわけではありません。定期的に歯のクリーニングを受けていても、毎日の歯磨きができているのとそうでないのでは、お口のトラブルのリスクが高まってしまうのです。

 

少しでも細菌の活動を抑制するためには、寝る前の歯磨きを、より丁寧に行うことです。

 

一日の終わりはお口の中も随分汚れた状態になっており、細菌が活動しやすい環境のため、プラークをなるべく作らせないための歯磨きが重要です。

 

また就寝中に細菌の活動を弱めたいことも目的のひとつです。歯ブラシのほか、歯間ブラシやフロスを使って取れる限りの汚れを取り除くことで、虫歯リスクなどを下げる効果が報告されています。

 

また大人の場合、子どもと違って歯と歯の間に汚れが残っているケースがほとんどです。特に穴が開いているようにも見えないが、歯と歯の間に虫歯ができてしまった、と経験された方も多くいらっしゃるでしょう。

 

寝る前の歯磨きは、歯間の虫歯を防ぐためにもデンタルフロスを使うようにしてください。フロスを使うだけで、虫歯の発症リスクを大いに下げてくれます。デンタルリンスなどの洗口剤を使うことも、お口の中の環境維持に役立つことでしょう。

 

フロスや歯間ブラシを使うか使わないかにより、虫歯の発症率が異なってきます。一日の終わりの歯磨きは、しっかりとした歯磨きに加え、フロスや歯間ブラシを使って歯と歯の間の汚れを取りましょう。また予防治療も積極的に受けるようにして下さい。

 

 

当院の予防治療についてはこちら