矯正治療中の歯の痛みについて|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

矯正治療中の歯の痛みについて

ガタガタの歯並びや出っ歯などといった症状は、矯正装置を使って歯を少しずつ動かしながら改善していきます。装置を付けることで歯を動かしますが、その際にしばしば痛みを伴います。

では矯正治療中の歯の痛みはなぜ起きるのか、また対処はどのようにすればよいのかについてお話いたします。

 

歯が動くのはなぜ?

 

矯正治療を進めていくうちに、気が付くと歯並びが随分キレイになってきた、装置を外したらあのガタガタだった歯並びがキレイに治った!など、矯正治療中は辛いこともあるでしょうが、だんだんとキレイになっていく歯並びや、矯正治療を終えた後の歯並びを見ると、喜びもひとしおのことと思います。

 

矯正治療には、歯にブラケットを付けてワイヤーを通した固定式装置と、マウスピースを使った取り外し式装置による治療法があります。

 

どちらも矯正装置を付けることにより歯に力を加え、歯を動かして歯並びを整えます。歯列矯正は、すぐに治るものではありません。歯をたくさん削ってセラミックブリッジを被せるセラミック矯正ならともかく、歯を少しずつ動かして歯並びを整える歯列矯正は、長い時間が必要です。

 

ではなぜ装置を付けて力を加えると、歯が動くのでしょうか。

 

矯正装置を付けると、歯に弱い力を加えることができます。力を加えると吸収が起こり、骨を溶かします。歯の根の周りには「歯根膜」というごく薄い膜があり、歯根膜が吸収します。

 

歯根膜にある繊維は引っ張られ、破骨細胞という細胞が周りの骨を吸収するのです。反対に歯根膜が伸びた部分は、骨芽細胞という細胞により骨が増えて歯根膜の幅を一定に保とうとします。

 

これは骨の代謝機能を利用した動きであり、弱い力を加えることで少しずつ歯を動かしていくのです。

 

なお歯の移動は1か月に0.3ミリ程度と言われており、目に見えて歯が動くわけではありません。そのため自分では歯が動いているという実感がなく毎日を過ごしていることになります。

 

ごく弱い力を継続的に加えることで少しずつ歯は動きます。そのため矯正治療は時間がかかるのです。

 

気が付けば「あれ?歯並びが少し変わってきた?」と思われることでしょう。歯が動くというのはある意味とても神秘的ではないでしょうか。

 

歯が動く痛みについて

 

矯正治療は矯正装置を付けることによって歯に力を加え、歯を動かします。

 

ここで少し不安になるのが「歯が動く痛み」ではないでしょうか。歯が痛くなる代表と言えば虫歯ですが、矯正治療の痛みは当然虫歯の痛みと異なります。

 

虫歯の痛みは「ズキーン」とくる痛みですが、矯正治療による痛みは「ジンジンする」といった表現が当てはまるのではないでしょうか。

 

虫歯のズキズキした痛みに比べると痛みはマシかもしれません。

 

それでもワイヤー調整後やマウスピース交換後は物理的な力で歯を動かすため、痛みは伴います。

 

マウスピース矯正は慣れてくると交換後に痛みを感じなくなることもありますが、初めてマウスピースを装着した後や、新たなマウスピース交換後に痛みを伴うことがほとんどです。

 

またワイヤー矯正はマウスピース矯正よりも痛みが強いと言われています。

 

もちろん個人差はありますが、中にはワイヤー調整後3日間は激痛で食事もままならなかった、という方もあるようです。

 

しかし、矯正装置を付けて歯が痛くなるということは、歯がきちんと動く働きを見せているという証です。

 

矯正治療中は歯の動く痛みは避けられません。しかしこの痛みがあってこそ歯がきちんと動いているということなのです。

 

歯が動く痛み、どうやって逃がす?

 

ワイヤー調整後やマウスピース交換後の食事は、慣れるまでは辛いと思います。

 

特に前歯を使って噛み切るもの、例えば唐揚げやフランスパンなど固いものは前歯で噛み切る際、かなり痛みを感じることが多いようです。

 

あまりの痛みに、3日ほど食事が満足にできなかった、という方もおられるようです。前歯で噛み切る食材は意外と多いので、前歯で噛んで初めてその痛さを痛感することでしょう。

 

歯全体がキーンと痛いような感覚に襲われ、噛むこともままならず、そのまま調整に行かなくなる、あるいはマウスピースの交換をしない選択を取る人もおられます。

 

しかし歯全体がズキーンと痛い矯正治療の痛みは、飲み薬を飲んで対処するしかありません。3日もすれば慣れてくるでしょう。その間は病院にて鎮痛剤を処方してもらい、痛みを凌いでみて下さい。

 

それ以外で痛みを伴う場合、装置が粘膜に当たっていることが考えられます。歯ぐきや粘膜などに傷がいくと、不快な痛みに襲われます。そのままにしておくと、口内炎や潰瘍ができる恐れがあるため、歯が動くこと以外の痛みを感じる場合は、早めに受診して下さい。

 

 

当院の矯正治療についてはこちら