お子さんのお口の心配事あれこれ|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

お子さんのお口の心配事あれこれ

可愛いお子さんがすくすくと成長する姿を見るのは、ご両親の最大の楽しみです。しかし子育てをしていると色々な心配に直面するものです。まずいつ何時も気になるのが、病気とケガでしょう。

 

そしてそれと同じくらいに心配なこととして、お口の健康が挙げられます。今回はお子さんのお口の中の心配事について見ていきたいと思います。

 

乳歯の頃の心配事について

 

乳歯が生え始めるのは生後およそ6カ月くらいからです。小さく可愛らしい乳歯が顔を出したのを見ると、とても喜ばしい気持ちになることと思います。と同時に離乳食が始まるため、まず考えるのは「虫歯にならないかどうか」だと思います。

 

乳歯はエナメル質が薄いため、気を付けておかないとあっという間に虫歯になってしまいます。乳歯はいずれ抜け落ちますが、乳歯の時代にたくさん虫歯があるのは好ましくありません。と言うのも虫歯菌はいちどお口の中に入り込むと、一生棲みついてしまうと言われているからです。

 

もし乳歯がたくさんの虫歯になってしまった場合、生え変わった永久歯にも影響が出てしまいます。乳歯時代の多くの虫歯は、永久歯に生え変わってからも虫歯になりやすい傾向があるため、乳歯の間に虫歯になりにくい環境を整えてあげることがとても大切です。

 

また虫歯により乳歯が早期に失われてしまった場合、永久歯の歯並びにも影響しかねません。乳歯は噛む機能を鍛える役目があると同時に、永久歯を正しい歯列へ導く役目も持ち合わせています。

 

ところが早期に乳歯を失ってしまうと、両隣の乳歯が傾斜して歯のスペースを狭くしてしまいます。狭くなったスペースでは永久歯が生えるスペースが足らず、歯列から大きくはみ出して並んでしまいます。これが永久歯の歯並びの乱れを呼び込んでしまうのです。

 

中には永久歯が存在しない「先天性欠如」というケースもあります。永久歯がないため、抜けるはずだった乳歯を永久歯の代わりとして維持させなければならないことがあります。この乳歯を虫歯などで失ってしまうと、ブリッジやインプラントなどの治療が必要になります。

 

永久歯への生え変わりの頃の心配事

 

乳歯から永久歯へ生え変わりの時期に多い心配事は、虫歯と歯並びではないでしょうか。可愛らしい乳歯が生え変わりのために抜け落ちて永久歯が生えてくると、まず気になるのが歯並びでしょう。

 

「ガタガタの歯並びにならないか」「親が出っ歯だから子供も心配」など、歯列の悩みは虫歯の心配とはまた違うと思います。

 

小さなお子さんは成長過程にあるため、永久歯が生えてすぐに綺麗な歯列になるかどうかはまだ未知数です。成長とともに正しい歯列になっていく場合が多いので、注意深く様子を見守りましょう。

 

しかし遺伝による骨格性の不正咬合は早期に治療を考えなければいけないでしょう。明らかに受け口である、オープンバイトであるといった兆候がある場合、医師と相談しながら矯正治療の開始を考えておく必要があります。

 

また乳歯が抜けたのにずっと永久歯が生えてこない場合、先ほど触れた先天性欠如が疑われます。また永久歯がまっすぐではなく、斜めになって歯ぐきの中に埋もれている場合も乳歯がなかなか抜けません。レントゲンで永久歯の有無や全体像が確認できるため、永久歯が全然生えてくる兆候がない場合も、歯並びに関する心配事のひとつとしてよく聞かれます。

 

このように、乳歯と永久歯の混合歯列期は虫歯だけでなく、歯並びも気になる時期だと言えます。

 

永久歯列の心配事

 

個人差はありますが、永久歯はだいたい13~14歳くらいで生え揃います。永久歯はもう大人の歯のため、いちど削ると元に戻りません。生えたての永久歯はエナメル質がまだ未熟なため、乳歯同様簡単に虫歯になってしまいます。

また虫歯が進行すると、大人と同じように根管治療が必要になってきます。そうなると早い段階で銀歯などを詰めることになってしまうため、虫歯には十分注意してあげましょう。

 

またブラッシング不足とホルモンバランスの影響により、歯ぐきが腫れて出血が起きる「思春期性歯肉炎」にも要注意です。この時期はホルモンの影響で歯肉が腫れやすい時期です。そのままにしておくと歯ぐきがブヨブヨになり、将来的に歯周病のリスクが高まる可能性があります。

 

そして歯並びに関しても心配なことと思います。成長するにつれて歯並びも整ってきますが、この時期に歯列が乱れていると、抜歯を伴った歯列矯正が必要になるケースが増えてきます。

 

お子さんのお口の状態をよく観察しておきましょう

 

このように、お子さんのお口の中のトラブルは様々です。乳歯や永久歯に関係なく、お子さんのお口の健康維持のためにも日常から注意深く観察してあげましょう。そして歯科医院で定期検診を受診し、小さなトラブルが見つかったら即座に対処してあげるようにして下さい。

 

 

当院の小児歯科についてはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと顎の骨を鍛えてあげることで充分に歯列のスペースを広げることは可能ですし、もし骨格や顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合、早めに矯正治療を開始することでお子さんの負担が少なくて済みます。