横顔の美しさを表すEラインを乱す歯並びとは?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

コラム

横顔の美しさを表すEラインを乱す歯並びとは?

ガタガタした歯並びや出っ歯などの口元にコンプレックスを持っていると、相手の視線が気になると思います。特に目の前で相手と会話をしているとき、真正面からその視線を感じてしまうでしょう。

 

しかし口元の美しさは、正面からの見た目だけではありません。横から見た口元のラインが整っていることで、横顔美人を作り出すのです。しかし歯並びや噛み合わせが悪い場合、この横顔の美しさを大きく乱してしまいます。今回は横顔の美しさと、それを乱す歯並びについてお話いたします。

 

横顔の美しさの指標である「Eライン」とは?

 

「美しい人」はただ単に正面から見た美しさだけを表すのではありません。正面から見た顔はとても美しくても、横からみた横顔がちょっと残念、という方も少なくありません。贅沢なことかもしれませんが、横顔の美しさはとても大切であり、そのポイントとなるのが、口元です。

 

横顔の美しさを表す言葉を「Eライン」といい、このEラインが整っていることが、横顔の美しさの基準となります。

 

Eラインは「エステティックライン」とも呼ばれている鼻の先端から顎先までを結ぶ線のことで、Eラインの少し内側に唇があるのが理想の横顔と言われています。

 

しかし、歯並びや噛み合わせが悪いとこのEラインが乱れ、横顔の美しさに影響が出てしまいます。歯並びや噛み合わせ、骨格に問題があると口元が突出して口元がもっさりとした感じになるなど、横顔にコンプレックスを感じてしまうでしょう。

 

あなたのEラインは乱れていませんか?

横顔の美しさを表すEラインですが、ご自身の横顔を見ることはなかなか難しく、横から見た口元がどのようになっているのか判断がつきにくいこともあるかもしれません。

 

Eラインが乱れているかどうか、簡易的な判断をすることができます。その方法は、人差し指を鼻の先と顎につけてみることです。もし指に軽く唇が触れる程度なら問題はありませんが、そうでない場合、口元が前へ出ていてEラインが乱れているということがわかります。

 

Eラインを乱す歯並びとは?

では横顔の美の基準であるEラインを乱すのは、どんな歯並びや噛み合わせなのでしょうか。

 

・出っ歯・・・出っ歯は前歯が出ていることで口元が前方に出てしまい、Eラインを乱してしまいます。出っ歯には上顎全体がアーチ状に前へ出ている骨格が原因のものと、歯だけが前方へ出ている歯性のものがあります。骨格性のほうがより口元が前へ出ているように見えます。

 

・受け口・・・下の歯が上の歯よりも前方へ出てしまうため、顎が前へ突き出して見えます。しゃくれた顎はEラインを大きく乱してしまいます。受け口は前から見るより横顔に審美的な影響が出るため、横顔が嫌い、とコンプレックスに感じることでしょう。

 

・上下顎前突・・・上下の顎の骨が前方へ出ており、口元全体が前へ突出したいわゆる「口ゴボ」と言われているものです。口ゴボは横から見るとオランウータンのような口元に似ており、大きなコンプレックスを感じることと思います。口ゴボは当然、Eラインを大きく乱します。

 

その他にも歯並びがガタガタしている叢生もEラインを乱す原因になります。横顔美人はとても人を引き付ける美しさがあります。しかしEラインを乱すと、正面から見た顔は綺麗でも横顔が残念、という印象を持たれてしまうのです。

 

Eラインを改善させるためには?

 

歯並びや噛み合わせのお悩みは正面からだけでなく、横顔にも大きく影響します。歯列矯正することで横顔の美しさを表すEラインを整えることができます。主な矯正治療法は次のとおりです。

 

・表側矯正・・・歯の表面にブラケットとワイヤーを付けて歯を動かす、最もオーソドックスな治療法です。ほとんどの症例に対応可能で、抜歯を伴うケースにも適しています。歯をしっかりと動かすことができることができますが、固定式装置のため虫歯リスクが高くなってしまうのが欠点です。

 

・裏側矯正・・・歯の裏側に矯正装置を付けて歯を動かす治療法です。歯の裏側に装置を付けるため、正面からは矯正をしていることが全くわかりません。表側矯正に比べて高度な技術を要するため、費用が高くなります。

 

・マウスピース矯正・・・マウスピースを交換しながら歯に弱い力を加えて歯を動かす治療法です。ワイヤー矯正と比べると歯に加える力はやや弱いですが、多くの方が、気が付けばしっかりと歯が動いていた、と感じるようです。マウスピース矯正の主流はインビザラインで、多くの医院が取り扱っています。

 

 

口元が残念…と言われないために

 

今はコロナウィルスの影響でほとんどの時間をマスクを付けて過ごしていることと思います。そのため口元を隠すことができるのは、ある意味ラッキーかもしれません。

 

しかし口元にコンプレックスがあると、いくらマスクをしていても問題は解決できません。またどれだけ目元のメイクをキレイに決めていても、マスクを取ったときに歯並びや噛み合わせが乱れていると、マスクから下が残念、と思われるかもしれません。

 

口元のお悩みは前から見ただけでなく、横顔の美しさも含まれます。横顔の美しさの基準であるEラインが乱れている方は、お口全体に問題があると思います。キレイな口元と横顔を手に入れるためにも、歯並びや噛み合わせが気になる方はいちど専門医に診てもらいましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら