なぜ歯周病治療は継続しなければいけないのでしょうか|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

お知らせ

なぜ歯周病治療は継続しなければいけないのでしょうか

 

歯周病と診断された場合、歯石除去やクリーニングなどの歯周病治療を受けなければ悪化の一途をたどります。歯周病のやっかいなところは、虫歯治療とは違い、治療を継続する必要があることです。

 

なぜいちどの歯石除去だけでは治すことができないのか、今回は歯周病治療の継続性の意味をお話いたします。

 

虫歯と歯周病、似ているようで全く異なる両者

 

お口の中の代表的なトラブルといえば、まず虫歯が思い浮かぶと思います。食べ物を噛んだ時に痛みを感じたら「あ、虫歯できてしまったかも!」と考える方がほとんどで、「歯が痛い、歯周病かも」と思う人はまずいないでしょう。

 

そもそも虫歯と歯周病では、根本的な違いがあります。虫歯は歯そのものが溶ける病気で、そのままにしておくと歯がどんどん溶けて、最後には根っこだけが残ります。

 

歯周病は、歯は溶けません。歯の形を残したまま、歯ぐきや歯を支える歯槽骨が炎症を起こす病気です。

 

歯が痛いからと受診したものの虫歯ではなく、歯周病が原因です、と言われるとびっくりすると思います。歯を支える組織が炎症を起こしているので、噛んだ時に痛みを感じるのです。

 

また歯周病が原因で歯ぐきが腫れていても、痛みを感じます。そのことが原因で虫歯と勘違いしてしまうのも無理はないでしょう。

 

歯周病のサインとは?

 

歯周病は、歯ぐきや歯槽骨など、歯を支える歯周組織に炎症が起きる病気です。しかし虫歯のように鋭い痛みが起きるわけではないため、歯周病になっていることに気が付かずに毎日を過ごしている方が大多数ではないかと思います。

 

歯周病の最初のサインは、歯ぐきの腫れと出血です。歯磨き時に歯ぐきから血が出ると、まずは歯周病が疑われます。しかしこの症状は歯肉炎でも同じであるため、歯周病の予備段階であると言えるでしょう。

 

歯肉炎と歯周病の違いは、歯周病菌の存在の有無です。歯ぐきの腫れと出血でも、歯周病菌の存在が認められなければ普通の歯肉炎と診断されます。

 

ところが歯周病菌が多数認められると、やがて炎症は歯ぐきから歯根膜、そして歯槽骨と広範囲に広がります。また歯ぐきが腫れて膿を持つようになり、ひどい悪臭を放つようになります。口臭対策をしても、根本的な原因である歯周病治療を行わないと、口臭は改善されません。

 

やがて歯槽骨が吸収されると歯を支えることが困難になり、歯がグラグラになります。この状態で噛むと痛みを感じるようになり、虫歯と思って受診した結果、歯周病だった、というパターンは少なくないのです。

 

症状が進行してくると歯周ポケット数値が高くなり、口臭がきつくなってきます。また歯が少し動く「動揺」も見られるようになります。

 

ここで気付けばまだ進行を食い止めることはできますが、歯周病のやっかいなところは、痛みがほとんどないことです。痛みをほとんど感じないためそのまま放置していたところ、歯がグラグラで抜かなければいけなくなる、という最悪の結果が待ち受けているのです。

歯周病治療について

 

虫歯の場合、エナメル質が溶けた軽い程度ならレジンを詰めて治すことができます。神経に近い場合や、神経まで達した虫歯でも、きちんと最後まで治療を行うことで治すことができます。

 

しかし歯周病は、虫歯治療のように終わりがありません。歯周病はまず口内環境を清潔に保つ必要性があります。その原因はプラークと、歯周病菌の存在です。

 

虫歯と歯周病、どちらがなりやすいかというと、それぞれの細菌の数によります。歯周病と診断された方は、お口の中に歯周病菌がたくさん棲みついているため、歯周病治療を行って細菌を減らさなければいけません。

 

歯周病治療の標準的な治療は、歯石除去とクリーニングです。歯石はプラークが石灰化したもので、歯に硬くこびりついた軽石のようなものです。

 

ここに新たなプラークが溜まることでより歯周病が進行しやすくなります。プラークはおよそ3か月くらいで歯に付きますが、歯周病が進行している方は1か月もしないうちにコンディションが悪くなってしまいます。定期的に歯石除去を行うことで悪化を防ぐことが大切です。

 

さらに歯の表面だけに付いていると思われた歯石が、実は根の付近にも歯石が付いていることがあります。この場合、キュレットという手動の器具を使い、歯の根元についた歯石を丁寧に取り除くSRPという処置が必要になります。

 

歯石除去やSRPの処置をきちんと受けることで歯周病の進行を食い止めることが可能です。またブヨブヨだった歯ぐきが引き締まり、ポケット数値が改善されることもあります。

 

しかし中には、歯石除去やSRPでも効果が出ない人もいます。この場合、内科的な処置を併用しながら歯ぐきのコンディションを改善することがあります。抗菌剤を服用して歯周病菌を減らす「歯周内科」という治療法により、歯周病の改善を目指します。

 

どの治療も、継続して続けることが大事

 

歯石除去やクリーニング、SRPなど歯周病治療は、歯周病菌によってダメージを受けた歯周組織を改善するために欠かすことができない治療です。患者さんのお口のコンディションによって施術期間は色々ですが、継続して治療を続けることが最も大切です。

 

歯周病と診断されたら、歯科医師や歯科衛生士が指示する治療期間でしっかりと治療を受けることが、歯周病の悪化を防ぎいつまでも自分の歯を維持するために欠かせないのです。

 

当院の歯周病治療についてはこちら