はぴねす歯科

カテゴリー: コラム セラミック治療

虫歯ではないのに歯が溶ける?

歯が溶ける病気と言えば、ほとんどの方が虫歯を思い浮かべることでしょう。虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯が溶けてしまう病気ですが、虫歯でないのに歯が溶ける病気があることをご存じでしょうか。

歯は「酸」によって溶ける

歯は硬質なエナメル質で覆われており、人体の中で最も固い部位であると言われています。このエナメル質を溶かしてしまう物質は「酸」です。歯は酸によって溶けてしまうため、虫歯菌が出す酸で歯が溶けることにより虫歯になってしまうのです。

しかし、虫歯でないのに歯が溶けてしまう病気があります。それは「酸蝕症(さんしょくしょう)」と呼ばれる病気で、飲食など外部から取り込まれた酸により歯が溶けてしまうトラブルのことであり、最近急増していると言われています。

ではなぜ最近酸蝕症が増えているのでしょうか。考えられることは、清涼飲料水や炭酸水などの摂取量の増加、ワインやクエン酸など、健康を重視するための摂取量の増加、、食べては吐く摂食障害や逆流性食道炎などが考えられます。つまり酸性の強いものをたくさん取ることで歯の表面が酸によって溶けていく「脱灰」が続くためにエナメル質が溶けてしまうのです。

よくあるのが、歯を白くしたいからとレモンの輪切りを歯に乗せて漂白効果を期待する、という間違った自己流の方法です。レモンなどの柑橘類は酸性が強く、長時間摂取することで歯の表面がだんだん溶けてしまいます。

また心因性による酸蝕症も増えてきています。食べては吐く、過度なダイエットを行うことで歯が溶けてしまいます。というのも、胃酸は酸性が非常に強く、歯を溶かしやすくしてしまうためです。逆流性食道炎も同じで、胃液が逆流することで歯が酸に覆われてしまうのです。

酸蝕症の症状が続くと、エナメル質が薄くなり、神経を覆っている象牙質がむき出しになってしまいます。その結果、冷たいものが沁みる、さらに症状が進むと、熱いものまで沁みるようになり、神経を取り除かなければならなくなってしまいます。

 

酸蝕症の治療法について

酸によってエナメル質が溶け、象牙質が露出した状態になると、治療が必要となります。治療法としては、症状が軽い場合はレジンを使って充填します。しかし欠損部分が大きく深くなると、レジンでは対応が難しくなり、セラミッククラウンなどの被せ物による治療でないと症状を抑えることができなくなります。さらに全ての歯が酸蝕症になってしまっている場合、フルマウスレストレーションという大掛かりな治療が行われることになります。

このように、酸蝕症は虫歯でなくても歯が溶けてしまうやっかいな病気です。普段から酸を摂り過ぎないないように気をつけることが予防法と言えるでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

 

自費のセラミックは、すべて同じ素材なの?

白く滑らかで、耐久性が良いセラミック素材。二次カリエスのリスクも低く、機能性と審美性に優れており、セラミックによる補綴治療を希望する方が増えています。ところでセラミックによる補綴物は、全て同じものなのでしょうか。

セラミックの種類は色々

一言でセラミックと言っても、セラミックを使った補綴物には色々な種類があります。ではセラミックを使った補綴物には、いったいどんな種類があるのでしょうか。

・オールセラミック・・・全てセラミックで作られているもの。白く滑らかで汚れが付きにくく、審美性にとても優れています。細かな色調に合わせられるため、周りの歯の色と合わせることでとても自然な仕上がりになります。強度に若干不安があるため、前歯で使用されることがほとんどです。

・ジルコニアセラミック・・・ジルコニアは「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほど強度に優れています。セラミックの粒子にジルコニアを混ぜることで、オールセラミックに不足している強度を補うことができます。またセラミックが使われていることで、自然な美しさを再現できるため、強度と審美性に優れた補綴物と言えます。前歯、臼歯部どちらにも使われます。ネックは価格です。ジルコニアセラミックは一般的にオールセラミックよりも価格設定が高めです。

・オールジルコニアクラウン・・・全てジルコニアで作られている補綴物です。ジルコニア単体は審美性にやや劣り、人工的な白さが否めません。しかし強度に大変優れているため、最も噛む力を必要としている大臼歯に使われることが多いようです。なおジルコニアは保険で使われる銀歯(金銀パラジウム合金)よりも強度が強いと言われています。

・メタルボンド・・・金属のフレームにセラミックを焼き付けた補綴物です。セラミックを使った補綴物では歴史が古く、安心して使用できる補綴物です。メタルボンドは内側が金属のため、強度に優れています。またセラミックを焼き付けていることから審美性にも優れていますが、内側の金属により、ややくすんだ白さに思う方もいらっしゃるかもしれません。また歯ぐきが下がってくると内部の金属が見えてしまうため、経年による審美性が低下してしまうことがあります。また金属アレルギーがある方には不向きです。

・ハイブリッドセラミック・・・レジンとセラミックを混ぜたものです。金額が他のセラミックよりもやや安価ですが、レジンが使われていることでやや汚れが付きやすく、変色しやすいことが難点です。

その他にもe-maxなど歯科医院によって取り扱っているセラミック系の補綴物は様々です。それぞれの素材をよく理解し、どの補綴物が最もご自身にあっているのか歯科医師とよく相談してきれいな歯を取り戻しましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

セラミック治療の失敗例について

セラミック治療で白い歯を手に入れたのに、なんだか調子が悪い、他の歯と長さが違う、根元が出てきた・・・このような症状は、残念ながら治療がうまくいっておらず、失敗やトラブルを招いてしまった状態です。せっかく白い歯を手に入れたのに、これでは気分も滅入ってしまいますよね。今回は、セラミック治療の失敗例を挙げてみることにします。

セラミック治療の失敗例

ではセラミック治療の失敗とは、どのような状態を言うのでしょうか。具体例を挙げてご紹介します。

・歯の長さが不揃い・・・セラミックで治療を行っても、全体の歯の長さが揃っていないと、見た目にあまりキレイとは言えません。特に前歯や犬歯の場合、長さが不揃いだと非常に目立ってしまいます。

・セラミッククラウンの適合が悪く、根元に炎症が起きている・・・セラミッククラウンを入れたものの、なんとなく歯ぐきの辺りが痛い、歯ぐきが腫れているといった症状があるときは、セラミッククラウンの適合が悪いことが考えられます。炎症が強く出ているときは、セラミッククラウンを外して根管治療や歯ぐきの治療を行うことがあります。

また歯と歯ぐきの間に食べかすや汚れが溜まり、歯ぐきが腫れてしまうこともあります。

・色調の失敗・・・被せ物を作るとき、同時に歯の色調も選びます。隣接する歯の色に最も近い色調を選びますが、極端に白すぎたり、逆に暗めの色を選んでしまうと、笑った時に歯の色が不揃いに見えてしまいます。

例えばホワイトニングでは白くならない、神経を取った歯の根元の黒ずみの場合、変色した歯の色に合わせて被せ物を作ると、全体的な歯の色のバランスが悪くなることがあります。

このように、いくらセラミック治療を行って白い歯を手に入れても、全体のバランスが悪いと非常に見栄えの悪い口元になってしまいます。

 

セラミック治療で大切なことは、全体のバランスが整っていること

白く美しく、二次カリエスにもなりにくい優れた素材のセラミック。そんなセラミックを使った治療できれいな歯を手に入れても、セラミックの歯だけ長かったり、そこだけ浮いたような不自然な白さだったりすると、「いかにもそこだけセラミックで治しました」といった感じが否めません。そのため全体のバランスが悪くなり、かえって不自然です。

セラミック治療を希望する場合は、セラミック治療を専門としている歯科医院を選ぶことが大切です。セラミック治療で失敗しないためにも、歯科医院選びは慎重に行うようにしましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

虫歯治療の跡はきれいに治せます

 

虫歯治療を終えて何年か経つと、治療した部分が変色することがあります。治療を終えた当初は、歯と同じ尾ような色で目立たずキレイに治った!と思っても、数年後には再治療せざるをえなくなってしまいます。せっかく治療をするなら、ずっときれいなままでいたいと思ってしまいませんか?

歯を削った部分はどうしても劣化してしまいます

小さな虫歯や、歯と歯の間に虫歯ができてしまった場合、虫歯部分を削ってレジンを詰めて削った箇所を修復します。

また神経まで達していないものの、虫歯の範囲が深い場合、レジンではなくインレーと呼ばれる詰め物を詰めて修復します。インレーは保険適用の場合、金属もしくはレジンのインレーとなります。

レジンを使って治療した場合、歯の色に合わせ見レジンを使用するため、見た目はとても自然です。しかしレジンは傷や汚れが付きやすく、年数が経つにつれてだんだん着色などの汚れが付いてきます。そのため、作製当初のような美しさがだんだん損なわれ、ご自身の歯とレジンとの間に審美的な問題が生じてしまいます。

また金属を使ったインレーは見た目の問題だけでなく、再治療のリスクが高まります。これは劣化したセメントが溶けだしてしまうため、隙間から虫歯菌が入り込んでしまうため、インレーが浮き上がってしまいます。

このように、歯を削ると機能や審美性に影響が出てしまうことがあります。

審美性を重視した素材は再治療リスクも低減させる

セラミックは白く滑らかな素材で、プラークが付きにくいと言われています。虫歯治療を行った歯をセラミックで修復することで、審美面を回復させることができるのは、非常に喜ばしいのではないでしょうか。セラミックは滑らかで汚れが付きにくい素材のため、経年のための変色が起きません。特に修復した前歯の変色はとても目立つため、ダイレクトボンディングやセラミックなど審美性を重視した素材を使うことが改善策と言えるでしょう。

機能面においても注目すべき点があります。セラミックはプラークが付きにくいため二次カリエスになりにくいという特徴があります。

歯を失う原因は、再治療の繰り返しです。治っては再治療、治っては再治療・・・こんなことを繰り返していると、いつかは歯を失ってしまうことになるでしょう。このようなことにならないためにも、虫歯が再発しにくい材料を選ぶことが非常に重要です。

虫歯治療跡は意外にも目立ちます。気になる治療跡をキレイにして、健康的で美しい歯を取り戻しましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

治療は最後まで必ず受けましょう

虫歯などで歯が痛くなったら、必ず最後まで治療を受けていますか?中には「痛くなくなったから」「通院が面倒」「時間が取れない」などの理由で治療を途中で止めてしまう方もいらっしゃいます。きちんと最後まで治療をしないと、のちに症状が悪化してしまうことにもなりかねません。

最も多く、リスクが高い「根管治療」の途中放棄

ちょっとした痛みなら、そのうち治まるかもしれないと我慢していた歯の痛みも、我慢できないほどズキズキ痛むようになると、さすがに歯科医院を訪れる人がほとんどだと思います。この症状は虫歯が神経まで達した状態で、神経を取り除き、根の中をきれいにする根管治療が行われます。

根管治療は、いちどで終わりません。根の中の細菌がいなくなるまで、何度か洗浄、消毒を行います。そして根の中が完全にキレイになったことを確認したら最終的な薬を詰めてフタをし、土台を立ててから被せ物の型取りをします。できあがった被せ物を装着し、噛み合わせを調整してはじめて治療を終えることになります。

ところが、根管治療を途中で放棄し、通院しなくなる人が実はかなり多いことをご存知でしょうか。もう痛くなくなったから、通院が面倒だからなどといった理由で根管治療を途中で止めてしまうと、いつまでたっても歯の治療は終わりません。

それどころか、仮の詰め物の状態で放置してしまうと、詰め物が取れた場合にむき出しになった根の中に、細菌を含んだ唾液がどんどん流れ込んで、再び症状が悪化します。場合によっては根の先に膿を持ってひどく痛んだり、歯ぐきが腫れるなど当初の症状よりも悪化するケースもあります。

悪化しないためにも、そしてきちんと治すためにもまず根管治療は、必ず最後まで行いましょう。

 

土台のまま放置すると、噛み合わせやバランスが悪くなる

また土台を立てたまま被せ物をいつまでも入れないでいると、噛み合わせが変わってしまったり、顔の筋肉、特に口周りの筋肉のバランスが悪くなって、バランスの悪い顔つきになってしまいます。噛み合わせは非常に大切です。噛み合う歯がないと噛み合わせが狂い、頭痛や肩凝りといった不定愁訴を引き起こしやすくなります。

根管治療後は速やかに被せ物を被せ、きちんと噛める昨日を取り戻すことが大切です。被せ物の種類は色々あり、見た目や機能、部位によって選択するとよいでしょう。

 

治療は最後まできちんと受けることが歯の健康維持に繋がります

歯科治療は、きちんと最後まで行わないと新たなトラブルを引き起こしてしまうことがあります。小さな虫歯や歯周病にかかわりなく、治療が終了するまでは勝手に歯科治療を止めず、きちんと治療に通うようにしましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

変色した被せ物を変えて、口元に自信を持ちませんか?

前歯に被せ物が入っていると、素材によっては年数が経つにつれて変色してしまうことがあります。その素材とは、保険適用のもので、レジンという歯科用プラスチックです。前歯はとても目立つ場所なので、茶色っぽく変色すると人目が気になってしまいませんか?

保険適用のレジンは変色しやすい

小さな虫歯を詰める場合、白いレジンが使われます。このレジンを使った保険の被せ物が、犬歯までの範囲で適用されます。

表側が白いレジン、裏側が金属で見た目には問題ありません。作製するときは、周囲の歯の色にできるだけ合わせて作られるため、見た目も自然です。

しかし保険適用の被せ物の寿命はあまり長くなく、レジン部分が欠けて中の金属が見えたり、歯ぐきが下がることで被せ物と歯ぐきの間にプラークが溜まってしまうこともあります。

そしてレジンはプラスチックのような樹脂のため、使っていくうちに細かなキズが生じてしまいます。そこに日常の飲食物によるステインが付着するため、だんだん変色していきます。

このように、保険適用の前歯の差し歯は劣化しやすく、変色しやすいため周りの歯と比べて差が出てしまうのです。また溜まったプラークが原因で二次カリエスになりやすいこともデメリットと言えるでしょう。

 

変色や劣化しにくい素材は、コストもよい

保険適用の差し歯は安価で治療できますが、変色や二次カリエスにより再治療を繰り返していると、結局費用がかさんできます。また再治療を繰り返すたびに歯を削ることになるため、最終的に歯を失うことになりかねません。

このように、保険適用は良い部分もある反面、歯の健康にとってはマイナスな面が多い補綴治療であると言えます。

このようなマイナス面をカバーするのが、セラミックによる自費治療です。セラミック治療はたしかに費用がかかります。

しかしセラミックは表面が滑らかで傷がつきにくく、ステインが付着しにくい素材です。そのため年数が経っても劣化しにくく、作製当初の美しさを保つことが可能です。

二次カリエスにもなりにくく、長持ちしやすいこともメリットです。再治療を繰り返しやすい保険治療と比較すると、最初はコストがかかるものの、生涯にかかる歯科の医療費を考えると、実はコストに優れています。これは意外な盲点であり、つい目先の医療費ばかりを考えてしまいがちですが、セラミック治療を行うことがかえって節約に繋がることにもなるのです。

 

口元に自信を持ち、歯の健康を維持してみませんか

差し歯の変色は再治療を行うことで改善できますが、保険適用の素材では限界があります。また歯の健康にも影響が出てしまいます。セラミック素材に変えることは、審美性だけでなく歯の健康維持にも大きな役割を果たすことになります。

差し歯の変色にお悩みの方は、いちど自費治療に力を入れている歯科医院で相談してみてはどうでしょうか。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

被せ物の周りの歯ぐき、黒ずんでいませんか?

キレイな口元とは、歯や歯並びだけでなく歯ぐきの健康も含んだ状態を指します。鏡の前で笑ったとき、差し歯や被せ物の周りの歯ぐきが黒くなっていませんか?口元の審美性を損ねるこの変色は、いったい何が原因なのでしょうか。

補綴物の周囲の黒ずみはイオン化した金属

差し歯や被せ物といった補綴物には、保険で作れるものと自費のものがあります。保険適用の場合、使用できる素材は決まっており、ほとんどの場合金属が使われることになります。

犬歯までの前歯は目立つ部位のため、表側は白いレジンが使われています。そのため見た目には大きな問題はありませんが、裏側と内部には金銀パラジウム合金という金属が使われることが条件となります。

また奥歯の場合は金属となり、大きな口を開けたときに目立ってしまいます。

これら金属を使った補綴物は年数が経つにつれて少しずつ劣化し、金属が溶け出してしまいます。溶け出した金属はイオン化し、歯ぐきに色素沈着を引き起こしてしまいます。これが、歯ぐきの黒ずみの原因なのです。

 

金属を使わない補綴物に変えることで、少しずつ改善されていきます

金属が使われている補綴物をそのままにしておくと、黒ずみは一向に解消されません。また歯ぐきも徐々に下がってくるため黒ずみとともに隙間も生じてきます。これではますます審美性が損なわれてしまいます。

歯ぐきの黒ずみを解消するためには、まず金属を使った補綴物を取り除き、金属を一切使わない補綴物に変えることが必要です。

金属を使わない素材として、セラミックがあります。ひとことでセラミックと言っても、全てセラミックで使われているものやジルコニアが含まれているものなど様々です。

金属を全く使わないため、もうイオン化することはありません。また汚れもつきにくいことから、二次カリエスにもなりにくいのが特徴です。

 

なお保険適用の穂綴物に「CAD/CAM冠」があります。この素材は金属を使っておらず、且つ安価で治療することができますが、適用できる部位に限りがあるため、前歯やいちばん奥の第二大臼歯などには使えません。

 

レーザーやガムピーリングによる色素沈着の改善

では黒くなった歯ぐきはすぐに元に戻るのでしょうか。実は歯ぐきの黒ずみは一気に解消されるわけではありません。レーザー治療やガムピーリングという治療を行って、歯ぐきをきれいに整えることで、黒ずみが解消されます。

では補綴物をわざわざセラミックなど高いものに変える必要はないんじゃないか?と思うかもしれませんが、根本的な原因を解消しなければ、歯ぐきの黒ずみは起こります。歯ぐきの黒ずみが気になる方は、まず根本的な原因を取り除き、歯ぐきをきれいに整えてキレイな口元を取り戻してみませんか?

 

当院のセラミック治療についてはこちら

歯が欠けるのには原因があります

固いおせんべいを食べていて前歯が欠けた、以前治療した奥歯が、食事中に欠けてしまった・・・こんな経験はありませんか?この「歯が欠ける」のは、ただ単に固いものを食べたからとは限りません。健康な歯は、相当な衝撃を受けない限り、そう簡単に欠けることはありません。ではなぜ歯が欠けてしまうのでしょうか。

 

歯が欠ける原因のほとんどは、虫歯

歯が欠ける主な原因は、虫歯によるものと、事故やアクシデントなどで歯を強くぶつけた外傷によるものがほとんどです。強くぶつけた場合を除き、虫歯になって歯が欠けるケースは日常的にも多く、歯が欠けてはじめて虫歯になっていたことに気づくケースが大半です。

虫歯は神経近くまで達すると痛みを感じるようになりますが、進行の浅い虫歯の場合、痛みをまだそれほど感じないため、内部で虫歯が広がっていても気づきにくいものです。歯が欠けてしまうのは、一見すると虫歯になっていないように見えても、虫歯によって歯の内部まで溶けて空洞のようになっているからです。

また詰め物が取れた場合も、詰め物の下で虫歯が広がる二次カリエスが原因です。詰め物の間から唾液ととともに虫歯菌が侵入すると、内部で虫歯が広がってしまうため、詰め物が合わなくなって浮き上がってしまいます。その結果、食事中に詰め物が取れてしまうのです。

特に保険適用の銀歯の場合、素材が劣化しやすく、詰め物と歯の間に段差が生じて虫歯菌が入り込みやすくなってしまうため、二次カリエスが起こってしまうのです。

 

歯が欠けたらできるだけ早く受診を

それほど痛みを感じなくても、歯が欠けてしまったらできるだけ早く歯科医院を受診するようにして下さい。前歯の場合、とても目立ってしまうためすぐに受診する方がほとんどですが、奥歯が欠けたケースでは、痛くないからとしばらくそのまま放置してしまう人もいるのではないでしょうか。

欠けた歯をそのままにしておくと、虫歯菌が入り込みやすくなって虫歯が悪化する恐れがあります。痛くなくても、できるだけ早く受診することが望ましいでしょう。

 

審美性に優れた素材を使うことで二次カリエスが防げる

欠けた部分は、保険適用のレジンで対応が可能ですが、年数が経つと変色し、劣化するため治療済みの箇所が取れてしまいます。何度も再治療を繰り返すことで歯はたくさん削られ、歯の寿命が短くなってしまいます。

セラミックを遣った治療なら審美的に優れているだけでなく、二次カリエスを防ぐことが可能です。再治療を繰り返さないためにも、耐久性に優れた素材を使った治療が理想と言えるでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

白い歯でも、自然さが大切

 

セラミック治療では白い歯を手に入れることができることから、注目を集めています。しかし、物事にはバランスというものが必要です。芸能人やモデルのような白い歯を求めすぎてしまうと、かえってバランスが悪くなってしまうことがあります。

 

芸能人のような白い歯

テレビや雑誌で見かける芸能人やモデルのほとんどは、白くきれいな歯という印象をお持ちでしょう。多少加工はしてあるかもしれませんが、芸能という仕事柄、口元に気を使うのはもはや当たり前と言えます。テレビでお馴染みの芸人さんや、元スポーツ選手なども、白く輝く歯で笑顔を見せています。かつて「芸能人は歯が命」という某歯磨き粉のCMは、未だに記憶に残っている人もいらっしゃるでしょう。

歯の色や古い被せ物にコンプレックスをお持ちの方は、芸能人のような白くきれいな歯を手に入れたい、と考えるのも、自然なことだと思います。その芸能人の口元の美しさは、セラミックによる治療もしくはホワイトニング、歯列矯正であると考えられます。

 

不自然なほど真っ白の歯が持つバランスの悪さ

セラミック治療は、ホワイトニングでは白くなりにくい歯や、保険で作られた被せ物の変色に悩む方、二次カリエスを防ぎたい方に適した治療法です。白く滑らかなセラミックは、細かな作業によって微妙に色を付けることができます。最上級の白さで作られた被せ物は、それこそ陶器そのもののようなツヤのある仕上がりとなります。

しかし、物事には何事もバランスが大切です。とにかく真っ白にしたいからと、周りの歯との調和を考えずに最上級の白さを選ぶと、その歯だけが浮いて見えてしまいます。特に何本かまとめてセラミッククラウンやブリッジにした場合、年齢を重ねるたびに歯の色だけが異様に白く、かえって不自然です。若いころはそれでもいいかもしれませんが、年齢を重なるにつれて歯だけが浮いて見えると、非常にバランスが悪く、せっかくセラミック治療を行っても、後悔する結果を招いてしまうかもしれません。

 

周りの歯の色に合わせた、自然な色調を選ぶことがポイント

歯の色を決める際に「シェードガイド」という色調を選ぶ見本のようなものがあります。シェードガイドだけ見ていると「もっと白くしたいな」と思うかもしれません。しかし、実際お口の中に入ってみると違和感が出る可能性もゼロではありません。

せっかく白く美しい歯にするのですから、年齢を重ねても自然な美しさを維持できるよう、色調を選ぶときは歯科医師とよく相談しながら慎重に考えましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら