昔治療した銀歯が取れてしまった・・・再接着は可能?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

カテゴリー: コラム セラミック治療

昔治療した銀歯が取れてしまった・・・再接着は可能?

食事中などに急に詰め物が取れて焦ってしまった経験はありませんか?詰め物が取れてしまうと食事がしにくく、しみることもあります。このような場合、取れてしまった詰め物を再度接着することは可能なのでしょうか。

詰め物が取れてしまった原因

虫歯で歯を削った場合、その範囲が広かったり、神経近くまで虫歯が進行していると、レジンでの修復では難しい場合があります。このようなケースでは、型取りを行って、部分的な修復を技工物で補います。専用のセメントで接着するため、しっかりと歯に取り付けられ、食事に不自由を感じなくなります。

ところが数年経って詰め物が取れてしまうことがあります。詰め物が取れると歯に穴が開いた状態になり、早急に治療が必要です。では取れてしまった原因は何が考えられるのでしょうか。それは、劣化したセメントが流れ出て、その隙間から虫歯菌が入り込む「二次カリエス」によるものが原因として挙げられます。これは、保険適用の銀歯に非常に多く見られます。詰め物が取れた部分が虫歯になっていると、真っ黒になっていることがよくあります。銀歯の下で虫歯になってしまったことで詰め物が合わなくなり、浮き上がって取れてしまうのです。

二次カリエスのリスクを低減するには

もし詰め物が取れた原因が虫歯でなく、取れた詰め物が再接着できる状態なら、歯の汚れをきれいに取り除いて再び再接着します。しかし二次カリエスになていた場合、再治療を行わなければいけません。虫歯をきれいに取り除き、もういちど型取りを行って詰め物を作製し、再度接着する必要があります。

このときに意識しなければならないことは、「二次カリエスは再び繰り返される」ことです。治療をした歯は常に虫歯の再発リスクを抱えることになるため、再治療を繰り返すのではなくできるだけ再治療にならないよう、意識することが大切です。

そのためには、保険の銀歯ではなく自費の素材が強みを発揮します。詰め物は前歯ではなく、小臼歯や大臼歯といった、噛む力を必要とする部位に詰めます。そのため耐久性に優れていることも大切です。そこで最適な素材が「ジルコニアインレー」「e-max」といった、強度に優れている素材です。セラミックは二次カリエスのリスクは低いですが、耐久性にやや不安があるため、固いものを噛むと割れたり欠けたりする可能性があります。ジルコニアやe-maxは強度にとても優れているため、再治療の素材として最も適してると言えるでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

 

セラミック治療とホワイトニング、どちらが先?

「銀歯を目立たないようにしたいし、ホワイトニングで歯を真っ白にしたい・・・」歯の色のコンプレックスを解消し、美しい口元に仕上げたい方にとって、どのような順番で行うのが良いのか迷うときがありますよね。ではセラミック治療とホワイトニング、どちらも行いたいときはどの順番で行うのがベストなのでしょうか。

色調を合わす順番が大切

まず知っておかなければならないのは、ホワイトニングはセラミックやその他保険を含む補綴物に対し、効果がないということです。そのため、先にオールセラミッククラウンやジルコニアセラミッククラウンなど審美性の高い補綴物で周りの歯の色に合わせたシェード(色調)を選んで被せてしまうと、ホワイトニングでトーンが上がったときに、セラミッククラウンの部分だけ色調が合わなくなってしまう可能性があります。つまりホワイトニングを行った部分だけが白く透明感のあるトーンに仕上がったのに対し、セラミッククラウンだけが若干沈んだ色になってしまう可能性があるのです。

このことから考えると、先にホワイトニングで全体の白さを上げ、白くなった歯の色に合わせてセラミッククラウンの色調を合わす方法がベストだと考えられます。

美しくなった口元をキープするためには

ホワイトニングで歯の色を真っ白にし、気になっていた被せ物をセラミッククラウンで治したあとは、美しさをキープすることに意識を保ちましょう。

オフィスホワイトニングの効果は3か月程度のため、だんだんと白さのレベルが落ちていきます。オフィスホワイトニングをメインに行う方は、定期的にホワイトニングを受けて、一定レベルの白さを取り戻しましょう。何度かオフィスホワイトニングを受けているうちに、白さもだんだん定着してくるため、大幅な後戻りはなくなります。しかし年単位レベルで間を開けてしまうと、セラミッククランの白さだけが浮いて見えるので、少なくとも半年に一度はオフィスホワイトニングを受けて、きれいな白さを保つことをお勧めします。

最も良い方法は、ホームホワイトニングを併用することです。ホームホワイトニングは後戻りしにくく、白さもキープしやすいことから是非行っていただくと、高いレベルで白さをキープできると思います。

これから卒業、入学そして入社式シーズンに入ります。気になる口元のコンプレックスを解消し、美しい口元で新生活を送ってみませんか?

 

当院のセラミック治療について詳しい内容はこちら

以前治療した部分が変色している・・・!対処法は?

小さな虫歯や欠けた部分は、保険適用のレジンで対応する場合がほとんどです。レジンによる治療はほとんどが一回で終わり、費用も安く抑えることができるため、良く使われる治療法です。しかし年数が経つにつれて、レジンで治療した武運が変色することがあります。どう対処すればよいのでしょうか。

小さな虫歯や欠けた部分を修復するレジンの問題点とは?

レジンは樹脂で柔らかく、光を当てて硬化させて修復します。種類もいくつかあり、歯の色に合わせて色を選ぶので自然な仕上がりとなります。

しかしレジンの弱点は、強度と劣化しやすいことです。強度に不安があるレジンは、奥歯の詰め物にはあまり適していません。小臼歯はそれほど強度を必要としないので、小臼歯に使うにはあまり問題はありません。しかし咀嚼機能として大切な大臼歯と、食べ物を噛み切る力を必要とする前歯をレジンで治療した場合、治療したレジン部分が取れてしまうことがあります。

また劣化しやすいこともレジンのデメリットのひとつです。レジンは表面がややザラついているため、水分や色素を吸収しやすく汚れの原因となってしまいます。そのため治療当初と比べると、レジンを使った部分が黄ばんで変色し、治療した跡がよくわかってしまいます。

そして治療した部分の内部が再び虫歯になる二次カリエスのリスクも持ち合わせています。二次カリエスになると再治療が必要となり、歯を再び削らなければいけません。こうして治療と再治療を繰り返すことで歯がどんどん削られ、最終的には歯の寿命に関わってしまいます。

安価できれいに修復できるレジンですが、このような問題点を持ち合わせているのが気になる点と言えます。

ダイレクトボンディングによる治療で対応が可能

同じ樹脂を使った治療で、ダイレクトボンディングという治療法があります。ダイレクトボンディングにつ分かれる素材は、樹脂にセラミックの粒子を混ぜたもので、審美性に優れています。セラミックの粒子を混ぜることで強度も増し、美しい色調と強度を兼ね備えた治療を受けることができます。

セラミックは滑らかで汚れが付きにくく、年数が経っても変色はそれほど目立ちません。自費治療のため費用は少々高くなりますが、保険治療内で何度も再治療を繰り返していると、結果的に自費の治療であるダイレクトボンディングとそれほど大佐なくなるかもしれません。

その他にもダイレクトボンディングは歯と歯のすき間を埋めたり、金属の詰め物の再治療に使用するなど、多様な働きをします。以前のレジンによる治療跡が目立つ方、気になる方は審美性と強度に優れているダイレクトボンディングを考えてみられるといかがでしょうか。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

気になる前歯の治療、どうしたらキレイになる?

前歯はお口の中で最も目立つ部分であり、全体の印象を作り上げる大変重要なパーツです。この前歯が審美的に問題があると、笑顔にも自信がなくなり、相手に与える印象にも影響が出てしまいます。では前歯にコンプレックスがある場合、どんな治療をすれば美しくなるのでしょうか。

レジンで修復する場合

小さな虫歯や先端が欠けてしまった場合、レジンで修復することが可能です。レジンは保険適用のため費用を抑えて治療することができること、治療回数が少なく、症例によっては一回で終了できることもメリットのひとつです。

ただしレジンは着色しやすいため、年数が経つと修復した部分が変色して目立ってしまうため、再度治療が必要となります。

セラミッククラウンで修復する場合

神経を取った歯の変色や、以前被せ物を装着した部分の歯ぐきが下がって歯ぐきとの境目の黒ずみが気になる場合は、セラミッククラウンなどセラミック治療を行うことで審美性を取り戻すことができます。

神経を取った歯の黒ずみはいきなりセラミッククラウンを被せるのではなく、まず「インターナルブリーチ」という、根管内部の漂白を行って改善を試みます。この方法で改善されることが多いですが、改善されない場合はセラミッククラウンを被せる治療を行います。

また前装冠と呼ばれる保険の差し歯の場合、年数が経つと歯ぐきが下がって内部の金属が見え、歯ぐきとの境目が黒ずみが目立ってしまいます。セラミッククラウンとレーザー治療を行うことで、審美性の高い前歯を取り戻すことができます。なおセラミッククラウンを装着した後は、ブラッシングの強さに注意が必要です。強い力でゴシゴシと磨くと、歯肉の退縮の原因になります。優しい力で丁寧に磨くようにすることが、歯肉退縮を防止するポイントとなります。

クラウンの形態が悪い

以前装着した被せ物が短く、周りの歯との調和が取れていない場合、被せ物の作り直しによって審美性を取り戻すことができます。クラウンの形態が悪いと口元全体や笑ったときのバランスが悪くなってしまうため、セラミッククラウンで自然な白さと全体のバランスを整えます。前歯の治療は審美性が大変重要です。仮歯を作って経過を見るなど、慎重な治療が行われるため時間もかかりますが、美しい口元を手に入れるためには不可欠な治療工程です。

前歯の治療は慎重に行われます

ひとことで前歯の治療と言っても、機能性と審美性を重視するため大変慎重に行われます。特に被せ物の治療は再度根管治療を行ったり、歯周病の治療を並行するなど慎重に行われます。仮歯を作製、装着したりと手間もかかりますが、美しい前歯を取り戻すために必要な治療です。前歯をキレイに整えたい方は、様々な症例に対応している歯科医院を選ぶようにすることがポイントです。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

奥歯の被せ物は銀歯のほうが強い?

奥歯の大事な役目は、しっかりとした咀嚼です。そのためには強度が大変重要です。根の治療の後に被せる被せ物には強度が重視されますが、強度が強い被せ物には、やっぱり銀歯しかないのでしょうか。

奥歯は審美性よりも強度?

虫歯や細菌感染などで根の治療を終えたあとは、土台を立てて被せ物を装着する治療が必要です。そこで奥歯の被せ物をどんな素材にするか決めなければいけません。

一般的に奥歯は見た目よりもしっかり噛めることが重視されます。そのため審美性が重視される前歯に比べ、「奥歯は金属で」とおっしゃる方も多いことでしょう。確かに金属は強く、奥歯の詰め物の場合、白いレジンで修復してもいずれ割れたり欠けたりする可能性が出てきます。そのたびに再治療を行わなけばならず、最後にはやっぱり強い金属で、ということになるでしょう。

もちろん強度を重視した場合、金属の素材が適していることになります。大きくお口を開けない限り、気にならないこともありません。特に上の奥歯は見えにくいため、銀歯を選ぶ傾向が強いかもしれません。

金属は確かに強いけれど・・・

金属が強度に優れているということは間違いではありません。特に臼歯部を白いレジンで詰めた際、強度に不安が残るため、次に破損をしたら銀色の詰め物にしましょう、という提案はめずらしくありません。

しかし保険適用の金属は強度には優れているものの、歯との密着性があまり良くありません。セメントを使って付ける方法は「接着」ではなく「合着」となります。つまり歯と補綴物との間にどうしてもわずかな隙間が生じ、そこから唾液が流れ込んでセメントが溶けて内部に虫歯菌が入り込んでしまいます。その結果虫歯が再発し、再治療を余儀なくされてしまうのです。

金属と同程度の強度を持つ素材とは?

そこで金属と同じくらいの強度を持つ素材として注目するのが「ジルコニア」です。ジルコニアは人工ダイヤモンドと言われているほど強度に優れており、歯の補綴物として非常に適した素材です。

補綴物としてジルコニアが使われるのは主に「ジルコニアセラミック」と「オールジルコニアクラウン」です。ジルコニアセラミックとは、セラミックにジルコニアを混ぜた素材で、審美性にとても優れています。ただしセラミックはやや強度に不安があるため目立つ前歯で使われることが多く、見た目を重視したい方に適しています。

いっぽうオールジルコニアクラウンとは、全てジルコニアで作られた被せ物です。強度が非常に強く、金属と同程度、もしくは金属よりも強い素材とも言われているため、噛む力を必要としている奥歯に最適です。ただし白さが単調でやや人工的な色をしているため、審美性はやや劣ります。しかし奥歯で使う分にはまず問題はない色のため、金属は強くていいけど見た目がちょっと・・・という方はジルコニアを使った被せ物を検討してみてはいかがでしょうか。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

差し歯は絶対に変色しない?

前歯は非常に目立つ場所です。この前歯が虫歯になり、神経まで到達してしまっ、根の治療が必要になります。根の治療終了後、差し歯を装着して治療を終えますが、この差し歯は変色しないのでしょうか。

素材によっては前歯の差し歯は変色する

差し歯の場合、選択肢として保険適用のものと自費のものがあります。一般歯科の場合、保険診療の素材を選択される方が多いかもしれません。犬歯までの前歯の差し歯は見える表側が白いレジン、内側および裏側が金属となります。費用もそれほどかかりません。差し歯の色も、周りのご自身の歯の色と合わせて決めるため安価で白い前歯を取り戻せたことでホッとなさることと思います。

しかし保険適用のレジンは傷がつきやすく劣化しやすい素材です。わかりやすく表現すると、プラスチックのコップやタッパーが少しずつ傷ついてザラザラするようなものでしょう。

保険の前歯の差し歯は年数が経つにつれて細かなキズがつき、そこへ日常の飲食物の着色が入り込んで徐々に変色していきます。また細菌も入り込むため、汚れだけでなくプラークが付きやすくなってしまうことも心配材料でしょう。内側に金属が使われているため、歯ぐきが下がってくると歯と差し歯の境目が黒く変色してしまうことも、見た目を損ないます。

保険適用の差し歯は安価で治療できる分、再治療を繰り返すことも多いため、意外とコストがかかるなど色々なデメリットがある素材だと言えます。

前歯の差し歯は変色しにくく審美性が高いセラミック素材がおすすめ

いっぽう自費治療であるセラミック素材は、審美性が優れているだけではありません。セラミックは滑らかで傷がつきにくいため、飲食物が着色しにくいという特徴があります。そのため年数が経ってもほとんど変色、劣化せずきれいな白さを保つことができます。

またメタルボンドを除くほとんどのセラミック素材では金属が使われておらず、歯ぐきが下がってしまっても黒ずむ心配がありません。そのため長持ちしやすく、長い目で考えると保険適用のものとコストがあまり変わらないかもしれません。

白さは長持ちしますが、歯間ケアはきちんと行いましょう

審美性に優れているセラミック素材ですが、差し歯や被せ物の周りのケアはきちんと行わなければいけません。人工歯は変色しにくいですが、歯ぐきのきわに汚れが残ると歯ぐきの腫れや出血など歯肉炎を引き起こしてしまいます。また虫歯になりにくいとはいえ、絶対に虫歯が再発しないというわけではありません。セラミックにしたからもう安心、と思わず、毎日の歯磨きと予防治療は継続するよう心がけましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

口臭の原因、もしかして被せ物が原因かも?

人前に出るためのエチケットの中でも最も気になるのが口臭ではないでしょうか。ドラッグストアなどに行くと、たくさんの口臭ケアグッズが売られているのが目に入ります。しかしいくらケアをしても臭いが気になる場合、被せ物に原因があるかもしれません。

しっかり歯磨きをしても口臭が気になるのは?

口臭は自分では分かり辛く、家族などから指摘されてはじめて気づくものです。また口臭が気になって念入りに歯磨きを行っていても何となく臭いが残っているのではないか、と疑心暗鬼になってしまうこともあるでしょう。口臭の原因は様々ですが、もしかしたら以前に治療した補綴物の周りに汚れがついているのかもしれません。

汚れやプラークが付きやすいレジンや金属素材

歯科治療には色々な素材が使われます。その中でも保険適用の代表的な素材として、レジンと金属があります。どちらも虫歯治療や被せ物に使われており、保険が使えるため安価で機能を取り戻すことができます。

しかし保険適用の素材は耐久性に劣り、表面がざらついているためプラークや汚れが付きやすい特性があります。プラークは細菌の塊で、虫歯や歯周病の原因になるだけでなく、臭いの元にもなります。特にブリッジの場合清掃が難しく、口臭を伴うことが多く見られます。このように、お口の中の補綴物の素材が口臭の原因になってしまうことも少なくはないのです。

汚れが付きにくいセラミック素材

口臭の原因が補綴物である場合、素材を金属やレジンからセラミックのものに変えることで口臭のリスクを低減させることができます。セラミック素材は表面が滑らかでプラークや汚れが付きにくく、耐久性に優れています。セラミックには色々な種類があり、耐久性のほかに美しさも兼ね備えています。

・オールセラミック・・・全てセラミックでできており、自然な美しさは特に前歯に適しています。

・ジルコニアセラミック・・・人工ダイヤモンドと言われているジルコニアをセラミックに混ぜたもので、強度と審美性に優れています。

・オールジルコニア・・・全てジルコニアでできている被せ物です。やや人工的な白さのため目立つ前歯では使われず、強度が必要な奥歯で使われます。

・e-max・・・強度、審美性に優れており、e-maxを取り扱う歯科医院が増えてきています。

・ハイブリッドセラミック・・・セラミックとレジンを混ぜたもので、セラミックの中ではやや安価です。レジンが混ざる分やや審美性と耐久性に劣り、プラークが付きやすい素材でもあります。

口臭の原因に応じて対処しましょう

エチケットの代表ともいえる口臭の原因は様々です。その原因がもし被せ物であった場合、素材をセラミックに変えることで改善できる場合があります。まずはご自身の口臭の原因を特定し、それに応じた改善策を施すようにしてみて下さい。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

 

虫歯ではないのに歯が溶ける?

歯が溶ける病気と言えば、ほとんどの方が虫歯を思い浮かべることでしょう。虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯が溶けてしまう病気ですが、虫歯でないのに歯が溶ける病気があることをご存じでしょうか。

歯は「酸」によって溶ける

歯は硬質なエナメル質で覆われており、人体の中で最も固い部位であると言われています。このエナメル質を溶かしてしまう物質は「酸」です。歯は酸によって溶けてしまうため、虫歯菌が出す酸で歯が溶けることにより虫歯になってしまうのです。

しかし、虫歯でないのに歯が溶けてしまう病気があります。それは「酸蝕症(さんしょくしょう)」と呼ばれる病気で、飲食など外部から取り込まれた酸により歯が溶けてしまうトラブルのことであり、最近急増していると言われています。

ではなぜ最近酸蝕症が増えているのでしょうか。考えられることは、清涼飲料水や炭酸水などの摂取量の増加、ワインやクエン酸など、健康を重視するための摂取量の増加、、食べては吐く摂食障害や逆流性食道炎などが考えられます。つまり酸性の強いものをたくさん取ることで歯の表面が酸によって溶けていく「脱灰」が続くためにエナメル質が溶けてしまうのです。

よくあるのが、歯を白くしたいからとレモンの輪切りを歯に乗せて漂白効果を期待する、という間違った自己流の方法です。レモンなどの柑橘類は酸性が強く、長時間摂取することで歯の表面がだんだん溶けてしまいます。

また心因性による酸蝕症も増えてきています。食べては吐く、過度なダイエットを行うことで歯が溶けてしまいます。というのも、胃酸は酸性が非常に強く、歯を溶かしやすくしてしまうためです。逆流性食道炎も同じで、胃液が逆流することで歯が酸に覆われてしまうのです。

酸蝕症の症状が続くと、エナメル質が薄くなり、神経を覆っている象牙質がむき出しになってしまいます。その結果、冷たいものが沁みる、さらに症状が進むと、熱いものまで沁みるようになり、神経を取り除かなければならなくなってしまいます。

 

酸蝕症の治療法について

酸によってエナメル質が溶け、象牙質が露出した状態になると、治療が必要となります。治療法としては、症状が軽い場合はレジンを使って充填します。しかし欠損部分が大きく深くなると、レジンでは対応が難しくなり、セラミッククラウンなどの被せ物による治療でないと症状を抑えることができなくなります。さらに全ての歯が酸蝕症になってしまっている場合、フルマウスレストレーションという大掛かりな治療が行われることになります。

このように、酸蝕症は虫歯でなくても歯が溶けてしまうやっかいな病気です。普段から酸を摂り過ぎないないように気をつけることが予防法と言えるでしょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

 

自費のセラミックは、すべて同じ素材なの?

白く滑らかで、耐久性が良いセラミック素材。二次カリエスのリスクも低く、機能性と審美性に優れており、セラミックによる補綴治療を希望する方が増えています。ところでセラミックによる補綴物は、全て同じものなのでしょうか。

セラミックの種類は色々

一言でセラミックと言っても、セラミックを使った補綴物には色々な種類があります。ではセラミックを使った補綴物には、いったいどんな種類があるのでしょうか。

・オールセラミック・・・全てセラミックで作られているもの。白く滑らかで汚れが付きにくく、審美性にとても優れています。細かな色調に合わせられるため、周りの歯の色と合わせることでとても自然な仕上がりになります。強度に若干不安があるため、前歯で使用されることがほとんどです。

・ジルコニアセラミック・・・ジルコニアは「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほど強度に優れています。セラミックの粒子にジルコニアを混ぜることで、オールセラミックに不足している強度を補うことができます。またセラミックが使われていることで、自然な美しさを再現できるため、強度と審美性に優れた補綴物と言えます。前歯、臼歯部どちらにも使われます。ネックは価格です。ジルコニアセラミックは一般的にオールセラミックよりも価格設定が高めです。

・オールジルコニアクラウン・・・全てジルコニアで作られている補綴物です。ジルコニア単体は審美性にやや劣り、人工的な白さが否めません。しかし強度に大変優れているため、最も噛む力を必要としている大臼歯に使われることが多いようです。なおジルコニアは保険で使われる銀歯(金銀パラジウム合金)よりも強度が強いと言われています。

・メタルボンド・・・金属のフレームにセラミックを焼き付けた補綴物です。セラミックを使った補綴物では歴史が古く、安心して使用できる補綴物です。メタルボンドは内側が金属のため、強度に優れています。またセラミックを焼き付けていることから審美性にも優れていますが、内側の金属により、ややくすんだ白さに思う方もいらっしゃるかもしれません。また歯ぐきが下がってくると内部の金属が見えてしまうため、経年による審美性が低下してしまうことがあります。また金属アレルギーがある方には不向きです。

・ハイブリッドセラミック・・・レジンとセラミックを混ぜたものです。金額が他のセラミックよりもやや安価ですが、レジンが使われていることでやや汚れが付きやすく、変色しやすいことが難点です。

その他にもe-maxなど歯科医院によって取り扱っているセラミック系の補綴物は様々です。それぞれの素材をよく理解し、どの補綴物が最もご自身にあっているのか歯科医師とよく相談してきれいな歯を取り戻しましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

セラミック治療の失敗例について

セラミック治療で白い歯を手に入れたのに、なんだか調子が悪い、他の歯と長さが違う、根元が出てきた・・・このような症状は、残念ながら治療がうまくいっておらず、失敗やトラブルを招いてしまった状態です。せっかく白い歯を手に入れたのに、これでは気分も滅入ってしまいますよね。今回は、セラミック治療の失敗例を挙げてみることにします。

セラミック治療の失敗例

ではセラミック治療の失敗とは、どのような状態を言うのでしょうか。具体例を挙げてご紹介します。

・歯の長さが不揃い・・・セラミックで治療を行っても、全体の歯の長さが揃っていないと、見た目にあまりキレイとは言えません。特に前歯や犬歯の場合、長さが不揃いだと非常に目立ってしまいます。

・セラミッククラウンの適合が悪く、根元に炎症が起きている・・・セラミッククラウンを入れたものの、なんとなく歯ぐきの辺りが痛い、歯ぐきが腫れているといった症状があるときは、セラミッククラウンの適合が悪いことが考えられます。炎症が強く出ているときは、セラミッククラウンを外して根管治療や歯ぐきの治療を行うことがあります。

また歯と歯ぐきの間に食べかすや汚れが溜まり、歯ぐきが腫れてしまうこともあります。

・色調の失敗・・・被せ物を作るとき、同時に歯の色調も選びます。隣接する歯の色に最も近い色調を選びますが、極端に白すぎたり、逆に暗めの色を選んでしまうと、笑った時に歯の色が不揃いに見えてしまいます。

例えばホワイトニングでは白くならない、神経を取った歯の根元の黒ずみの場合、変色した歯の色に合わせて被せ物を作ると、全体的な歯の色のバランスが悪くなることがあります。

このように、いくらセラミック治療を行って白い歯を手に入れても、全体のバランスが悪いと非常に見栄えの悪い口元になってしまいます。

 

セラミック治療で大切なことは、全体のバランスが整っていること

白く美しく、二次カリエスにもなりにくい優れた素材のセラミック。そんなセラミックを使った治療できれいな歯を手に入れても、セラミックの歯だけ長かったり、そこだけ浮いたような不自然な白さだったりすると、「いかにもそこだけセラミックで治しました」といった感じが否めません。そのため全体のバランスが悪くなり、かえって不自然です。

セラミック治療を希望する場合は、セラミック治療を専門としている歯科医院を選ぶことが大切です。セラミック治療で失敗しないためにも、歯科医院選びは慎重に行うようにしましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら