セラミックでも痛くなることがある?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】
電話番号:0661514618

カテゴリー: コラム セラミック治療

セラミックでも痛くなることがある?
セラミックでも痛くなることがある?

「今まで口の中にあった目立つ銀歯を白くてきれいなものに変えたい」「治療中の根の治療が終わったら、他の歯の色と揃えたい」など、美しさを求める方にはセラミックを使った補綴物がお勧めです。 しかし、いざセラミックに変えたけれど …

仮歯のまま長期間過ごすことのリスクについて

治療の内容によっては、治療途中で仮歯を作製し、補綴物が出来上がるまでの間、仮歯で過ごす期間があります。仮歯には色々な役目があり、場合によっては1か月程度仮歯で過ごさなくてはいけないこともありますが、中には仮歯での生活に全 …

歯の痛みは、必ずしも虫歯とは限りません

歯に痛みを感じると、まず考えるのが「虫歯になってしまった!」ではないでしょうか。確かに歯の痛みは虫歯によるものが多いですが、歯の痛くなる原因はそれだけではありません。では不快な歯の痛み、虫歯以外にどのような原因が考えられ …

歯周病リスクに気を付けるべきセラミック治療

天然歯に近い、自然な美しさが魅力のセラミック。保険の被せ物と違い、審美性と耐久性に優れた素材で、保険治療からの再治療を希望する方も多いと思います。セラミックなどの人工歯は虫歯にはなりません。しかし、虫歯にはならなくとも、 …

自費のセラミッククラウンと、保険適用のCAD/CAMの違いとは

口元の美しさを求め、審美性やメタルフリーが人気を集めています。被せ物の中にも金属が使われていないものはいくつかあり、そのほとんどが保険適用外となりますが、セラミックが入っているにもかかわらず保険適用となる「CAD/CAM …