はぴねす歯科

カテゴリー: コラム 矯正

歯の隙間が気になって思いっきり笑えない…改善法はあるの?

口元に関するお悩みは人それぞれ違います。特に前歯の場合、笑った時にとても目立つ部位でもあります。前歯のお悩みは歯並びという方はとても多いかと思いますが、前歯や全体的な歯の隙間に悩む方も実は多いのではないでしょうか。

歯と歯に隙間ができる原因

一般的に「すきっ歯」と呼ばれることが多い歯の隙間は、専門的に「空隙(くうげき)しれつ」と言います。また前歯の真ん中の隙間を「正中離開(せいちゅうりかい)」と言います。隙間の広さは人それぞれで、わずかな隙間の方、かなり全体的にかなり隙間がある方など色々です。では歯に隙間ができてしまう原因は何でしょうか。

・元々の歯が小さい(矮小歯)・・・顎の大きさに対し、永久歯が小さい場合、スペースが余ってしまうために歯と歯の間に隙間ができてしまうことがあります。

・先天性欠損・・・生まれつき永久歯の数が少ない先天性欠損の場合もスペースに余裕ができてしまうため、隙間ができる原因となります。

・上唇小帯(じょうしんしょうたい)の位置によるもの・・・上唇から歯ぐきに繋がっているヒダの部分を「上唇小帯」と言いますが、この部分が過剰に発達することで通常の位置よりも伸びてしまっている場合、前歯の隙間(正中離開)になることがあります。

歯の隙間を放置することで起こることとは?

歯の隙間は見た目に影響するため、まず見た目のコンプレックスを抱く方がほとんどです。しかしそれ以外にも日常生活に影響が出てしまうことがあります。

・食べ物が詰まりやすい・・・歯に隙間があると、繊維質のものを含んだ食べ物が挟まりやすくなります。

・発音が不明瞭・・・歯の隙間から空気が漏れて、発音が不明瞭になりがちです。特にサ行にその傾向が強く、相手に伝わりにくく感じてしまうこともあります。

歯の隙間を改善する治療法とは

そのままにしておいても、審美的にも日常生活を送る上でもあまりメリットはありません。では歯の隙間を改善する方法として、どんな治療法が挙げられるのでしょうか。

・歯列矯正・・・最もオーソドックスな治療法です。ワイヤーを使って歯を動かし、隙間を埋めることで症状やコンプレックスを改善できます。一般的なメタルブラケットの他、目立たないホワイトセラミックやホワイトワイヤー、裏側矯正を選択することで目立たず治療をすることができます。また取り外し式のマウスピース矯正でも隙間を埋めることができます。

・ダイレクトボンディング・・・隙間が狭い場合、審美用レジンを使って隙間を埋めることができます。樹脂を隙間に流し、光を当てて固めることで、歯と一体化することができます。

・セラミック治療・・・歯を少し削り、その上からセラミッククラウンを被せる方法です。見た目は美しいですが、歯を削ることでリスクを背負うことになります。

どの治療法になるかは、担当医とよく相談を

気になる歯と歯の隙間を改善する治療法をご紹介しました。改善法はいくつかあるため、どの治療法が適しているかはご自身の歯の隙間の状態によって異なります。担当医とよく相談し、最も適した方法で気になるコンプレックスを解消して生き生きとした笑顔で毎日を過ごしてみませんか?

 

当院の歯列矯正についてはこちら

マウスピース矯正の意外な落とし穴

目立たず矯正治療を行えるマウスピース矯正は、取り外し式で食事や歯磨きがしやすく、お手入れもしやすいことから人気を集めています。マウスピース矯正は、一般的なワイヤー矯正に比べてお口のケアをしやすいのですが、意外な盲点を持ち合わせているのです。

ワイヤー矯正と比べてお口の中のケアを行いやすいはずが・・・

矯正治療中は、虫歯や歯肉炎にならないよう、念入りなケアが必要です。特にワイヤー矯正は固定式で、ブラケット周りに汚れやプラークが付きやすく、ワイヤーが通っていることでデンタルフロスも通りにくいため、プラークコントロールが難しいとされています。

これに対しマウスピース矯正は、歯磨きの時にマウスピースを取り外して歯磨きを行えるため、プラークコントロールしやすいことが特徴の一つです。

しかし、プラークコントロールしやすいはずのマウスピース矯正は、実は虫歯リスクも決して低くないのです。ワイヤー矯正に比べるとずっとお口の中のケアをしやすいはずですが、これはどういったことなのでしょうか。

 

飲食後すぐにマウスピースを付けることによる虫歯リスク

家庭内では食後の歯磨きは行いやすいですが、外食やカフェで甘いものを食べたあと、ついうっかり歯磨きセットを忘れて、仕方なくそのままマウスピースを装着する、という経験をしたことはありませんか?飲食後必ず歯磨きを行うことが、虫歯リスクを低減させてくれるのですが、歯磨きセットを忘れてしまった場合、ついそのままマウスピースをはめてしまうことはありませんか?

お口の中には常に唾液で潤っており、細菌を洗い流す役目を持っています。つまり唾液が虫歯菌や歯周病菌を洗い流すことで、発症リスクを低減させているのです。

しかし食後すぐにマウスピースをはめてしまうと、食べかすや細菌を洗い流さないままマウスピースをはめてしまうので、結果的に虫歯菌をマウスピースで閉じ込めてしまうことになるのです。そのためマウスピースで塞がれた歯の表面が少し溶けてしまった「脱灰」となり、そのまましておくと、やがて歯に穴が開いてしまいます。これではせっかく矯正治療を行っても、虫歯ができてしまうと虫歯治療などが必要になり、矯正治療が一時中断してしまいます。

食後は必ず歯磨きか、水でうがいをしておきましょう

マウスピース矯正は歯をマウスピースですっぽりと覆ってしまうため、唾液循環による細菌の洗い流しが行いにくく、虫歯リスクが高まってしまいます。ご家庭では当たり前のように行う歯磨きも、出先でつい忘れてしまった、ということもあるかもしれません。

外出する際は、携帯用の歯磨きセットを持ち歩きましょう。また食後に水かお茶を口に含み、食べかすを洗い流しておきましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら

 

噛み合わせのズレで顔が歪む?

口元は目元と同じくらい、いやそれ以上にその人の印象を決定付けます。歯並びの乱れはそんな第一印象に大きく影響しますが、噛み合わせがズレていることで、顔が歪んでしまうなど、顔つきまで変わることがあると言われています。

不正咬合は横顔にも現れます

口元のコンプレックスは、乱れた歯並びだけではありません。出っ歯や受け口、突出した口元などは、前から見ただけでなく、横顔にも現れます。横顔の美しさは「Eライン」と呼ばれる線がひとつの基準となります。Eラインとは、あご先から鼻先まで直線で結んだ線の事で、この線が真っすぐなほど、美しい横顔というひとつの判断基準となります。

例えば出っ歯の方の横顔は、口元が前方へ突出しており、Eラインから外れてしまいます。反対に受け口の方は、前から見るとあまりわからないかもしれませんが、下顎が突き出ており奥歯の噛み合わせもズレてしまっているため、Eラインが大きく崩れてしまいます。上下ともに前方へ出て顎がないように見える、もっさりとした口元も同じことが言えます。

このように、歯並びの乱れだけでなく、噛み合わせの異常である不正咬合は、正面からの見た目だけでなく、横顔にも現れます。

 

噛み合わせのズレが、顔の歪みや顎の病気の原因になることも

歯並びの乱れだけでなく、噛み合わせのズレも見た目に響いてしまうことがあります。正しく噛むことができないと、顎の発達に影響が出てしまいます。そのため歪みが生じ、顔の形が悪くなることがあります。

また噛み合わせに偏りが出てしまうため、筋肉のバランスが崩れて片側の筋肉が硬直して口元が歪んでしまったり、フェイスラインが崩れたりする原因にもなりりかねません。

そして噛み合わせの異常はストレスを招き、就寝中に食いしばりや歯ぎしりといった異常行動が行われ、顎の関節に過度な負担がかかり、最悪の場合、顎関節症を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

歯列矯正を行うことで、歯並びだけでなく噛み合わせのズレも改善が可能です

噛み合わせのズレは、歯並びの悪さよりも深刻な症状を引き起こすことがあります。見た目的には歯並びの悪さのほうが気になるかもしれませんが、不正咬合をそのままにしておくと、将来的に歯にダメージが加わる可能性も否定できません。

不正咬合を改善するためには、歯列矯正が治療の選択肢となります。歯並びの乱れだけでなく噛み合わせのズレも改善し、お口の健康を維持してみてはいかがでしょうか。

 

当院の矯正治療についてはこちら

マウスピース矯正で気を付けるべきこととは?

マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正と比べると目立たず歯並びを整えることができることから注目を集めている矯正治療法です。また食事や歯磨きの際、取り外しができるため、取り扱いしやすいことも魅力の一つです。しかし、マウスピース矯正は案外虫歯リスクが高いことをご存じでしょうか。

なぜマウスピース矯正は虫歯リスクが高いのか

ワイヤー矯正と比べると、マウスピース矯正は歯磨きがしやすく、プラークコントロールも行いやすいため虫歯リスクは低いと思われることでしょう。しかし、これはあくまで「歯磨きがきちんとできている」ということが前提だということです。言い換えれば、ブラケットやワイヤーといった矯正装置がついているため歯磨きがし辛いワイヤー矯正でも、きちんと歯磨きができていてプラークコントロールが行えれば、虫歯リスクは低いということです。

更に言い換えれば、どれだけ歯磨きやしやすく、取り扱いやすいマウスピース矯正でも、歯磨きがきちんと行えず汚れが残ったままだと、虫歯になってしまうのです。

実際、マウスピース矯正を始める前は虫歯ひとつなかった方が、マウスピース矯正を始めて、大臼歯にこれまではなかったCO(歯の表面が少し溶けている脱灰状態)になってしまった症例があります。COになってしまった原因として考えられるのは、食事や間食をしたあと、歯磨きをせずにそのままマウスピースを装着していたため、歯の溝食べかすが残ったまま数時間マウスピースによってフタをされていたことです。そこへ口内細菌も一緒に閉じ込められるため、エナメル質が溶けてしまったと推測されるのです。

唾液は食べかすや細菌を洗い流す効果がありますが、マウスピースをした状態では唾液はマウスピースの中にほとんど入り込みません。そのためプラークコントロールをきちんと行わないと、虫歯になる可能性が高くなってしまうのです。

食べたあとは、必ず歯磨きやうがいをしておくこと

マウスピース矯正は便利な反面、出先で飲食をした際にきちんと歯磨きをしなければこのような虫歯リスクが生じてしまいます。面倒と思うかもしれませんが、きれいな歯並びを手に入れるためには健康な歯であることが絶対条件です。装置ケースを持ち運ぶとともに、携帯用の歯磨きセットも必ず一緒に持ち歩き、飲食のたびに歯磨きをする習慣をつける必要があります。どうしても無理なときは、口をゆすいで食べかすをきちんと洗い流しておきましょう。

またマウスピース本体もきれいに洗い流し、一日一度は専用の洗浄剤を使って清潔にしておきましょう。

 

当院のマウスピース矯正(インビザライン)についてはこちら

歯列矯正では親知らずを抜かなければいけないのでしょうか

親知らずは「第三大臼歯」と呼ばれ、上下左右合わせて4本あります。位置は最奥で、4本とも生えている人もいれば、まったく生えていない人など様々です。では歯列矯正を行うにあたって、親知らずは必ず抜くべきなのでしょうか。

 

全て真っ直ぐに生えてくるとは限らない親知らず

親知らずは、20歳前後で生えてくることが多く、中には親知らずが歯ぐきの中で埋まっているものの、生涯生えてこない方などいろいろです。

4本とも生えている方、1本だけ生えている方、親知らずの存在は確認できるものの、一生生横向けに生えてこない方もいらっしゃいます。また親知らずは必ずしも真っ直ぐに生えてくるとは限りません。ほんの少しだけ顔を出している、完全に横向きで生えているなど、親知らずの生え方は必ずしも真っ直ぐではなく、様々です。

気をつけたい、親知らずによる第二大臼歯の虫歯

親知らずは、実は他の歯にとってあまり良い影響を与えません。極端に言えば、生えていても意味がない歯なのです。下左右の親知らずが真っ直ぐキレイに生えており、噛み合わせにも問題がない場合はそのままにしておくことがほとんどですが、親知らずが生えていることで、手前の第二大臼歯が虫歯になるケースがとても多いのです。

親知らず自体が虫歯の場合、抜いてしまえば済むことですが、第二大臼歯は奥歯の噛み合わせにとってとても大切な歯です。しかし親知らずが生えていることでブラッシングがし辛くなり、いつの間にかプラークが溜まって、気が付けば歯が溶けていた・・・なんてことも決してめずらしくありません。もし病巣が大きければ、神経の治療を行って被せ物を被せなければならないこともあります。

歯列矯正を始める前に抜いておくべき親知らず

歯並びのがたつきの原因が、親知らずであるケースも少なくありません。特に親知らずが横向きに生えている(水平埋伏)場合、となりの歯を押してしまうことがあり、気が付けば歯並びがガタガタ担っていること考えられます。

もし歯列矯正を開始するなら、いちど歯科医師に相談して親知らずを抜くかどうかを決めなければいけません。今後の歯並びのためにも、親知らずは抜いておくべきと言えるでしょう。特に成人になるまでに歯列矯正を終えた方は、成人後に親知らずが生えてくることで歯並びが悪くなり、せっかくきれいに整えた歯並びがガタガタになってしまうことも考えられます。

親知らずがあるとわかったら、早めに歯科医師に相談し、歯列矯正を考えていることを告げるようにしてください。

 

当院の矯正治療についてはこちら

矯正治療は先が見えないから不安・・・そんな不安を払拭する「インビザライン」

歯並びや噛み合わせを整える歯列矯正には色々な種類があり、そのほとんどは歯の動きが予測が難しいため、本当に歯並びがきれいになるのか、またいったいどのくらいの期間が必要なのかなど、歯列矯正を始めるにあたって、先が見えない不安を感じることがあるかもしれません。インビザラインは、このような不安を払拭する大きなメリットがある矯正方法であることをご存知でしょうか。

矯正治療は「歯の動きが予見しにくい」

一般的な歯列矯正であるワイヤー矯正は、歯にブラケットとワイヤーを装着して歯を動かしていきます。歯列矯正を始める前は、矯正前の歯並びの写真や顎の骨の状態など、矯正治療を進める上で必要な資料を集めてから装置を付けて矯正治療を開始します。

しかし一般的な歯列矯正はゴールが予測できないため、矯正治療後の歯並びの様子や治療期間などは、実際に治療を進めながらでないとわかりません。矯正を進めていく途中で、予想よりも大幅にペースが違ったり、仕上がりがイメージと違うということも考えられます。

一般治療と異なり、歯列矯正は費用も期間も多くなります。せっかく矯正治療を始めても、仕上がりがどんな風になるのか不安で、なかなか矯正治療を始める決心がつかない、という気持ちも理解できます。

 

特殊ソフトで歯の動きと仕上がりが予見できるインビザライン

インビザラインはマウスピース矯正のひとつですが、他のマウスピース矯正やワイヤー矯正と比べて大きく違うことは、「歯の動きと最終的な仕上がりが予見できること」です。これはインビザラインの大きな特徴で、専用ソフトにより歯の動きをシュミレーションし、歯がどのように動いていくのか、また最終的にはどのような歯並びになるのかを、コンピュータ上で確認できます。つまり仕上がりイメージが目で確認できるため、歯列矯正に対するモチベーションアップが期待できるのです。

インビサラインの特徴というと、目立たない・取り外ししやすく食事や歯磨きが行いやすいなどがあります。しかしこれはインビザラインに限らず、マウスピース矯正にはこのような特徴は当たり前で、ワイヤー矯正と比較すると、という前提となります。

確かにインビザラインは透明で目立たず、食事や歯磨きに不自由を感じません。しかしこれなら他のマウスピース矯正でも同じです。ではなぜ数ある矯正治療の中でも、インビザラインは優れているのか。それこそ歯の動きと仕上がりが目で確認できるからなのです。

矯正治療を続けるためには、モチベーションの維持がとても重要です。歯並びは治したいけど、続けていく自信がない方や、予測できない不安をお持ちの方は、インビザラインできれいになった口元というゴールを目指してみませんか。

 

当院のインビザラインによるマウスピース矯正についてはこちら

 

出っ歯になる原因とは

不正咬合の中でかなりの割合を占める「出っ歯」。横から見ると歯が前方へ出ており、口元全体が突出して見えてしまうため、横顔にコンプレックスを感じてしまうことと思います。では出っ歯の原因とはどういったものなのでしょうか。

 

先天性な原因と後天性な原因について

出っ歯は、前歯が大きく前方へ突出した不正咬合です。一見すると歯並びがきれいに整っていても、横から見ると前歯が大きく前方へ突出している場合、出っ歯と診断されます。また奥歯の噛み合わせもずれていることが多いことも特徴のひとつです。ではなぜ出っ歯になってしまうのか、その大きな要因は遺伝による先天性のものと、日常の癖による後天性のものに分けられます。

・先天性によるもの

顎の骨の大きさのバランスが取れていないなど骨格によるものは、遺伝的な要素が強い先天性の出っ歯です。上顎が大きく、前歯全体が上顎ごと前方へ出てしまっているタイプと、下顎が小さく奥のほうへ位置しているため、前歯が前方へ出ているタイプに分けられます。このタイプは骨格に原因が由来しており、専門的な言い方で「骨格性上顎前突」と呼ばれるものです。

出っ歯は遺伝的な要素が強く、父母、祖父母など家族に出っ歯の方がいると、出っ歯になってしまう可能性があります。

 

・後天的な理由によるもの

いっぽう、骨格ではなく歯の生え方に問題があることで起こる出っ歯は、後天的な要因によるものと考えられます。その代表例が、小さいころの指しゃぶりが長く続いてしまったことです。歯は力が加わると動きます。加わった力が前歯を前方へ押しやるようなものである場合、歯が前へ押しやられて少しずつ出っ歯になっていきます。その他にも爪を噛む、舌で前歯を押すなど、日常の悪癖が長期にわたって行われることで、歯がだんだん前へ出てしまいます。これを「歯性上顎前突」と言います。

 

出っ歯と診断されたら、原因に応じた治療を行いましょう

出っ歯は歯列矯正を行うことで改善できる可能性が高くなります。特に歯性上顎前突の場合、歯列矯正で歯を動かし、前歯を適切な位置へ導くことで噛み合わせも改善することができるでしょう。

しかし骨格性上顎前突の場合、必ずしも歯列矯正で100%改善できるとは限りません。抜歯をして歯を後方へ下げるスペースを確保する必要が出てくるかもしれません。また歯列矯正でよい結果が出なかった場合、外科処置が必要になることも考えられます。

出っ歯でお悩みの方は非常に多いと思います。ご自分の症状に応じた歯列矯正を行うことが大切です。どんな治療法になるのか、歯科医師とよく相談してください。

 

当院の矯正治療についてはこちら

 

歯列矯正では絶対に歯を抜かなければいけないの?

成人後に歯並びの悪さに悩む方も少なくありません。ガタガタの歯並びを治すための歯列矯正では、歯を抜歯するケースがよくあります。歯を抜くのは怖い、イヤ、と思うかもしれません。歯列矯正では必ず抜歯が必要なのでしょうか。

 

なぜ抜歯をするのか

歯並びの乱れは、永久歯が正しい位置に並ばず、重なり合って生えていたり、おかしなところから歯が生えていたりと、本来生え揃っている位置ではないところに歯が並んでいます。その原因は、永久歯が並ぶためのスペースが不足していることです。

乳歯や永久歯が生え始めたころに歯列矯正を始める場合、顎の骨の成長を促して永久歯が並ぶためのスペースをつくる「床矯正」を行います。床矯正は歯を抜かずにスペースを作り、ほとんどの場合、永久歯がきれいに並びます。

しかし床矯正を行わず、永久歯が生え揃ってから歯列矯正を始める場合、その多くは4番目か5番目の歯、つまり小臼歯を抜歯してスペースを作ることから始めることが多いようです。また親知らずを抜歯することもあります。抜歯するかどうかは、歯の重なり具合や顎の大きさなどから判断します。

抜歯をすることのメリット

では抜歯をすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。まずは抜歯をすると、当然ながら歯が並ぶスペースを作ることができます。歯が並ぶスペースができたことで歯をスムーズに動かして、歯列を整えることができることが抜歯の目的でありメリットでもあります。

また非抜歯で無理に歯を並べようとすると、口元がモコっと盛り上がってしまう場合があります。抜歯にはこのような審美面のデメリットを軽減することが可能です。

抜歯のデメリット

抜歯のデメリットは、やはり健康な歯を抜くことにあります。せっかく健康な歯を抜いてしまうことは、デメリットというよりも「勿体ない」というほうが大きいかもしれません。

また歯を抜くことで顎の骨が痩せてしまうことも、デメリットのひとつです。たくさん抜歯をして歯列矯正を進めた人の中には、歯列矯正後に歯が歯周病のように、動揺(歯が動くこと)が見られるケースもありました。

 

抜歯か非抜歯かは、歯並びの状態で判断される

できることなら歯は抜きたくない、と思うのは当然の思いです。しかし無理に非抜歯で歯列矯正を進めると、思ったような口元に仕上がらないこともあります。抜歯か非抜歯か、また治療法はどうすれば最も理想的に仕上がるかなど、担当医とよく相談して理想の口元を手に入れましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら

 

 

自分に合った矯正方法で、歯をきれいに整えませんか?

歯並びの乱れや噛み合わせの異常を改善するための歯列矯正にはワイヤー矯正、マウスピース矯正、部分矯正など色々な種類があります。適応症例に対応できるものかどうかの他、ライフスタイルや目的に応じた治療法を選んで、歯並びをキレイに整えてみませんか?

歯列矯正の種類について

歯列矯正は、治療法によって適応できるものと難しいものがあります。中には希望する治療法では難しいケースもありますが、歯列矯正や不正咬合の改善には、どのような矯正方法があるのでしょうか。

・ワイヤー矯正・・・最もオーソドックスな矯正方法です。歯の表面にブラケットと呼ばれる小さなボタンを付け、そこへワイヤーを通して歯を少しずつ動かしながら歯並びを整えます。ほとんどの症例に対応できますが、小臼歯や親知らずなどを抜歯が必要となる可能性があります。また金属のブラケットの場合、お口の中で矯正装置が目立ってしまいます。目立たないホワイトワイヤー、セラミックブラケットで対応できますが、メタルブラケットと比べると料金が高くなります。

 

・マウスピース矯正

透明なマウスピースを装着することで歯並びを調えていく治療法です。取り外し式で目立たないため、目立たず矯正治療を進めていくことができます。食事や歯磨きのときには取り外しができること、またホワイトニングも同時に進めていけることから、審美性を求める方に向く治療法です。デメリットは、治療期間がワイヤー矯正と比べるとやや長いこと、全ての症例に適応可能とは限らないことです。歯科医師の技量と予見が、マウスピース矯正による矯正治療の成功のカギとも言えます。

 

・裏側矯正

歯の裏側に矯正装置を付けて歯並びを整える方法です。歯の裏側に矯正装置を付けるため、目立つことはありません。ほとんどの症例に対応が可能で、特に出っ歯に対して高い効果を発揮します。裏側矯正のデメリットは、料金が高いこと、装置が舌に当たって口内炎などができやすいこと、そして発音がし辛いことなどが挙げられます。

 

・部分矯正

前歯の乱れなど、気になる部分だけ整える部分矯正は、短期間で気になる歯並びを改善することができます。費用も全顎に比べて安く済みます。しかし噛み合わせに問題がある、部分矯正をすることで正常だった噛み合わせに変化が起こる場合などは、部分矯正はおすすめできません。

この他にも矯正用インプラント器具をつけて歯を引っ張るインプラント矯正などがあり、矯正方法は様々です。

 

歯の健康を守るためにも、ご自身に合った矯正方法を選びましょう

歯列矯正にはいろいろな方法があります。歯並びや噛み合わせの乱れは見た目だけの問題ではなく、歯の健康にも大きく関わってきます。見た目のコンプレックスを解消し、健康を維持するためにも歯並びの乱れでお困りの方は、早めに歯科医院に相談することをおすすめします。

 

当院の矯正治療についてはこちら

不正咬合を改善して、コンプレックスを解消しませんか

歯列矯正の目的は、ガタガタの歯並びを治すことだけではありません。不正咬合を改善し、正しい噛み合わせへ導くことが最大の目的です。今回は不正咬合の種類を中心にお話をいたします。

噛み合わせが悪いとどんな影響が起こるのか

上下の噛み合わせが合っていないと下顎にズレが生じ、顎関節症を引き起こしやすくなってしまいます。また上下の歯列や顎を繋いでいる左右の筋肉のバランスが悪くなり、その付け根周辺が疲れやすくなってしまいます。そのため頭痛、肩凝り、目の疲れなどの症状が出てしまいます。

またスポーツをするときに一瞬の力を引き出すことができないなど、噛み合わせが悪いと生活面において色々な影響が出てしまいます。

 

不正咬合の種類について

では不正咬合にはどのようなものがあるのでしょうか。

・上顎前突・・・いわゆる「出っ歯」と呼ばれている不正咬合で、前歯が前方へ出ている。

・下顎前突・・・一般的に「受け口」と言われているもの。下の前歯が上の前歯よりも出ており、顎が前方へ突き出ている。

・開咬・・・別名「オープンバイト」と言われる不正咬合で、奥歯で噛んだ時に上下の前歯の間に隙間が生じる噛み合わせ。前歯で食べ物を噛み切ることができない。奥歯に負担がかかる。

・叢生・・・「乱食い歯」「ガタガタの歯」と言われる歯並びの乱れ。顎の小ささが原因で、永久歯が並ぶスペース不足んいより起こる。

・過蓋咬合・・・歯並び自体は揃っているが、笑ったときに上の前歯が下の前歯をすっぽりと覆っている不正咬合。顎の動きが制約されて顎関節症になりやすいほか、歯周病などのリスクも懸念される不正咬合。

 

状態に応じた歯列矯正を行いましょう

ご紹介した不正咬合をそのままにしておくと、のちに重篤な影響が出てしまうことがあります。噛み合わせの異常が見つかった場合、早めの治療を行うようにしましょう。噛み合わせを改善する矯正治療は主に次のとおりです。

・ブラケット矯正・・・最もオーソドックスな治療法。装置が目立つのが難点。

・裏側矯正・・・ブラケットを歯の裏側に取り付けて歯並びを整える。目立たないが、歯磨きがしにくい、費用が高いといったデメリットがある。

・マウスピース矯正・・・取り外し式のマウスピース型矯正装置。目立たず歯並びや不正咬合を改善することができるが、症例によってはマウスピース矯正では難しい場合がある。

・インプラント矯正・・・歯ぐきに矯正治療用のインプラントを取り付け、歯を引っ張って動かす治療法。一気に歯を動かすことができるため効果が現れやすい。

 

不正咬合と診断されたら早めに歯科医院で相談を

不正咬合はそのままにしておいて治ることはまずありません。できればまだ小さいうちから矯正治療を始めることで、お子さんへの治療が少なく済むことがほとんどです。噛み合わせがおかしいかも、学校から検診の紙をもらってきたなどがあれば、できるだけ早めに歯科医院へ相談しましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら