目立つ前歯のすき間、どうやって治せばいい?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

カテゴリー: コラム 矯正

目立つ前歯のすき間、どうやって治せばいい?

 

口元のお悩みのひとつに、歯と歯の間のすき間、いわゆる「すきっ歯」があります。特に前歯の場合、すき間があるととても目立ってしまうため、常にマスクが手放せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、前歯のすき間の治療法についてお話いたします。

すきっ歯の原因とは?

ひと言ですきっ歯と言っても、前歯の真ん中だけ、あるいは全体にすき間があるケースなど様々です。すきっ歯の原因として考えられるのは、歯が小さい、歯の数が少ないなどが挙げられます。歯が並ぶスペースに対して歯が小さい、あるいは歯の本数が少ないと、必然的に歯と歯の間にすき間が生じてしまいます。

また前歯の真ん中だけすき間がある場合、上唇から歯ぐきにのびるスジが通常よりも発達してしまったことが原因として挙げられます。これを「正中離開」と言います。

すきっ歯をそのまま放置しているとどうなる?

・発音(特にサ行)が悪くなる・・・歯と歯の間にすき間があると、そこから空気が漏れてしまうため発音が悪くなってしまいます

・虫歯や歯周病になりやすい・・・歯と歯の間に食べ物が挟まりやすく、そこから虫歯や歯周病リスクが高まってしまいます。

すきっ歯の治療法について

ではすきっ歯の場合、どのような治療を行うのでしょうか。考えられる治療法は、次のとおりです。

・ワイヤー矯正による最もオーソドックスな方法・・・歯にブラケットとワイヤーを取り付けて、少しずつ歯を動かして隙間を埋めます。ワイヤー矯正は目立つからちょっと・・・と思う方には、セラミックとホワイトワイヤーを使った目立たない矯正治療法があります。

・ダイレクトボンディング・・・特に前歯だけにすき間がある場合、矯正治療ではなく打kれくとボンディングにより修復できることがあります。しかし何年か経つと詰め物が劣化し、だんだん変色してくるため、色が変わってきたら早めに歯科医院へ相談することをお勧めします。

・セラミック治療・・・セラミッククラウンを被せて歯と歯の間のすき間を埋める方法もあります。型取りを行って作られたセラミッククラウンと、ラミネートべニアによる治療法があります。どちらも歯を少しだけ削らなければいけないため、歯の寿命に少なからず影響してしまいます。

目立つ前歯のすき間をどうして治していくか

すきっ歯についてお話をいたしました。前歯は非常に目立つ部位のため、コンプレックス解消のためにもできるだけ早い目に歯科医院へ相談してみましょう。

 

当院のセラミック治療についてはこちら

アライナー、清潔にしていますか?

インビザラインで使用する透明のマウスピース「アライナー」は、一日に20時間以上装着するため、どうしても汚れや臭いが気になります。今回はアライナーの衛生維持についてお話いたします。

衛生状態が気になるアライナー

インビザラインによる歯列矯正は、1週間にいちど新しいアライナーを交換することで、歯を少しずつ動かしていきます。ブラケットのように固定式ではなく取り外し式のため、お手入れしやすいアライナーですが、食事と歯磨きを除く、ほぼ一日中アライナーを装着しているため、どうしても口腔内の細菌が付きやすくなります。このため新しいアライナーに交換する頃になると、臭いや汚れが付着し、中には口臭となって現れてしまうことがあります。このようなことが起こる原因は、毎日の衛生管理があまり行われていない可能性があります。

このように、アライナーはきちんと衛生管理されていなければならないことがおわかりになると思います。

アライナーの基本的な衛生管理について

お口から取り外したばかりのアライナーは、最も汚れている状態です。一見キレイに見えても、お口の中に存在する細菌が唾液内に大量に含まれています。また唾液でベタベタしているため、そのままケースに保存するとケース自体に汚れや臭いが付いてしまいます。

取り外したアライナーは、まず流水でキレイに洗い流しましょう。食事のたびに取り外し、洗うのは面倒かもしれませんが、アライナーをできるだけ清潔に保つためにはこのひと手間が欠かせません。

歯科医院で販売されているマウスピース用携帯用除菌スプレーも便利でお勧めです。どうしても洗い流せないときは、マウスピース用除菌スプレーを使うことで細菌を流してくれます。

また一日に一度は、専用の洗浄剤を使って汚れや細菌をきれいに落としましょう。市販の入れ歯洗浄剤やリテーナー洗浄剤ではダメなの?とよく質問がありますが、アライナーの素材を痛めたり、白濁する可能性があるため、必ずインビザライン用の洗浄剤を使うようにして下さい。市販では販売されていないので、インビザライン治療を受けている歯科医院で購入することができます。

また消毒効果があるからといって、熱湯をかけて消毒することは絶対にNGです。熱により樹脂が変形し、アライナーがはまらなくなります。

現在のアライナーとひとつ前のアライナーは、清潔にしておきましょう

お話したように、アライナーは清潔に保っておく必要があります。現在使っているアライナーはもちろん、ひとつ前のアライナーは何かの時のために保管されていると思います。どちらも清潔にしておき、清潔な状態で矯正治療を進めていきましょう。

 

当院の歯列矯正についてはこちら

口腔内カメラ「iTero」って何?

矯正治療を始める際に必要なことは「装置の型取り」です。歯型採取をしてお口の中のデータを得るために、必ず行う工程です。しかしこの型取りが苦手な方はとても多く、歯型を取るとなると憂鬱になることと思います。しかしインビザラインでの型取りは、従来の型取りとは違った方法で行われます。今回は口腔内カメラ「iTero」についてご紹介したいと思います。

従来の型取りの方法について

ワイヤー矯正や床矯正、そしてマウスピース矯正では装置の型取りを行う際に、お口の大きさに合ったトレーに印象材を盛り、お口の中へ入れて歯型を取ります。虫歯治療で被せ物を作製する際にも、この方法で歯型を取ります。

しかし口の中に印象材が入ることで「オェッ」となる方もいらっしゃいます。これを嘔吐反射といい、型取りだけでなく、お口の奥の方へ器具が触れたときにも起こります。特に上顎の場合に多く、嘔吐反射が強い方にとって、苦痛の時間になることでしょう。しかし矯正装置を作るためには欠かすことができない工程なのです。

口腔内カメラ「iTero」について

マウスピース矯正のひとつであるインビザラインは、マウスピースを交換しながら歯並びや噛み合わせを整える矯正治療です。インビザラインの大きな特徴として、マウスピースを作製する際の型取りが、従来の方法ではないことです。口腔内カメラの一種である光学スキャンを用いて歯型を採取するという、他の矯正治療にはない方法で行われます。この器具を「iTero」といい、嘔吐反射の強い方でも苦痛を感じることがほとんどありません。

iTeroはやや細長い形態で、お口の中をスキャンします。カメラの先端が口腔内に触れる事はないため、気持ち悪くならずに歯型を採取することができます。そのため歯型採取で気持ち悪くなったらどうしよう・・・と不安を感じる患者様は、iTeroによる歯型採取を終えたあとに「え?もう終わった?」とびっくりされることがほとんどです。そのため嘔吐反射が強い方にとっては大変ありがたい方法だと言えます。

iTeroで採取したデータはすぐに米国アライン社へ送られるため、時間のロスがほとんどありません。また基本的にインビサラインの型取りは一回で済むこともメリットのひとつです。iTeroを使うことで非常に精密なデータを得ることができるため、より計画的に矯正治療を進めていくことができるなど、iTeroはとても優れた器具なのです。

 

当院の矯正治療についてはこちら

インビザライン治療中に行うアタッチメント、ディスキングとは?

インビザラインによる歯列矯正では、ただ単にアライナーを嵌めるだけではありません。より正確に歯を動かすために、治療途中でアタッチメントを装着したり、必要に応じて歯を薄く削るディスキングが行われます。今回は、インビザラインにおけるアタッチメントとディスキングに焦点を当ててお話いたします。

アタッチメントとは?

アタッチメントとは、より歯をしっかりと動かすための処置で、動かしたい歯の表面に米粒くらいの樹脂を付けます。アタッチメントを付けることで、アライナーが歯に加える力を調整します。アタッチメントを付けてアライナーを装着すると、痛みや違和感が増すことがありますが、歯を動かすためには欠かすことができない大切な処置です。

アタッチメントは歯と同じような色の樹脂で、ほとんど目立つことはありません。クリンチェックにて歯の動きをシュミレーションし、治療計画を立てますが、アタッチメント装着は一度だけではありません。患者様の歯の動きに応じて、アタッチメントの位置を付け替えます。

治療が終了するとアタッチメントは全て取り外します。稀にアタッチメントが取れてしまうことがありますが、すぐに付け直すことができるので、アタッチメントが外れてしまったらまずは歯科医院に連絡して下さい。

なおアタッチメントは樹脂のため、飲食物がアタッチメントに付いてしまうことがあります。

ディスキングとは?

ディスキングとは、歯の表面をおよそ0.2ミリほど削る処置です。ディスキングでは、抜歯が必要と判断された場合、歯の表面をごく少し削ることで歯と歯の間にすき間が生じ、抜歯をせずに治療を進めていくことが可能です。つまり歯が正しい位置に並ぶための治療を行います。歯を削ることに抵抗があるかもしれませんが、歯が重なっていたり、全く隙間がないと歯を動かすことはできません。

歯の表面のエナメル質はおよそ2ミリ程度であり、ディスキングで削る歯はおよそ0.2ミリとごくわずかです。歯を削ることで虫歯になったという報告はないということなので、歯をごく薄く削ることで大きな問題は生じないと理解していいでしょう。

クリンチェックで治療過程をしっかりと理解しておきましょう

アタッチメントもディスキングも、インビザラインで歯を動かす上で欠かせない処置です。治療計画を立てる際に「クリンチェック」と呼ばれるソフトで歯の動きをシュミレーションしますが、アタッチメントもディスキングもきちんと計画を立てたうえで処置が行われます。最初にきちんと理解しておき、わからないことや疑問点は歯科氏に相談するようにすると、安心して治療を受けることができるでしょう。

 

当院の歯列矯正についてはこちら

矯正治療が必要な症例とは?

歯並びが悪いと、どうしても笑顔に自信を持つことができず、つい手で口元を隠したり、思いっきり笑うことができずに矯正治療をお考えになることがあると思います。しかし、歯並びのわるさだけが矯正治療の対象ではありません。矯正治療の目的は、歯並びを整えること、そして噛み合わせを正しくすることです。では矯正治療が必要な症例とは、どのようなケースでしょうか。

歯列矯正を必要とするケース

・ガタガタの歯並び・・・乱杭歯とも呼ばれる歯並びです。最も一般的な歯並びのお悩みは、歯と歯が重なったりデコボコとした歯並びでしょう。見た目のコンプレックスはもちろん、歯磨きが行いにくいため歯周病や虫歯のリスクが高くなります。

・出っ歯・・・前歯が前方に飛び出ている歯並びです。出っ歯でお悩みの方は非常に多く、その原因は遺伝などによる骨格性のものと、指しゃぶりなどの悪癖が原因で起こる歯性のものがあります。

・受け口・・・下の歯が上の歯よりも出ている、いわゆる反対咬合です。横から見たら顎がしゃくれているように見えることから、しゃくれと言われることもあります。食べ物をしっかり噛むことができない、顎に負担がかかるなど、見た目とともに顎にも影響が出てしまいます。

・オープンバイト・・・開咬と言われる不正咬合で、奥歯で噛んだ時に上下の前歯にすき間ができる歯並びです。前歯を使って食べ物を噛み切ることができないため、奥歯に過度なダメージがかかります。

・すきっ歯・・・歯と歯の間にすき間が生じる歯並びで、見た目のコンプレックスの他、空気が漏れやすく発音が不明瞭になりやすいことがあります。

・上下顎前突・・・上下の前歯が前方に突出している不正咬合。前から見たら歯並びに問題がないように見えますが、横から見たら口元が突き出しており、横顔や口元にコンプレックスを抱く方が多いと思います。

このように、一言で歯並びが悪いだけでなく、噛み合わせの異常が認められた場合、歯列矯正の対象となります。

歯列矯正の方法は色々

ご紹介したように、歯並びの乱れだけでなく噛み合わせの異常が、矯正治療の対象になります。矯正治療の方法は様々で、特に最近では目立たない矯正治療が主体となってきています。では次に、矯正治療の方法にちてご紹介いたします。

・ワイヤー矯正・・・最もオーソドックスな矯正治療。金属の装置がお口の中で目立ってしまうため、最近ではホワイトワイヤーなど目立たずに治療を進めていく方も増えています。

・マウスピース矯正・・・インビザラインなど、取り外し可能なマウスピースによる矯正治療法。目立たず歯並びを整えたい方には最適です。

少しお悩みを抱える方は、無料相談を

乱れた歯並び及び不正咬合は、見た目のコンプレックスだけでなくおくちの健康に悪影響を与えてしまいます。少しでも見た目が気になる方は、まず無料相談を受けてみて下さい。

 

当院のまうすぴーすによる歯列矯正についてはこちら

矯正治療中に虫歯になってしまったら?

矯正治療中は矯正装置の関係もあり、虫歯ができやすい口腔内環境のため注意して過ごす必要があります。しかし、もし虫歯になってしまった場合、虫歯治療を先に行うべきかどうか迷うこともあるかもしれません。矯正治療中に虫歯ができてしまった場合、どうすべきなのでしょうか。

虫歯は矯正治療中の代表的なリスク

一般的なワイヤー矯正の場合、ブラッシングが行いにくく、フロスも通しにくいため虫歯リスクが高まります。またインビザラインなど取り外し式のマウスピース矯正もブラッシングが不足したり、間食の摂り方などに問題がある場合、虫歯リスクを抱えることになります。

矯正治療を行っている方は、行っていない方と比べると口腔内環境を清潔に保ちにくいため、虫歯になりやすいのです。そのため虫歯は矯正治療中の最も大きなリスクと言えるでしょう。

もし虫歯が見つかったら・・・?

矯正治療を始める前に虫歯が見つかった場合、虫歯治療を済ませてから矯正治療に入ります。矯正治療を始めてから虫歯ができてしまった場合、部位にもよりますが、ほとんどの場合矯正装置を外さずに治療することが可能です。

しかし神経まで達した大きな虫歯の場合、根の治療を行う必要があるため歯をたくさん削らなければいけません。この場合は矯正装置をいったん外し、必要な治療を行うことが優先されます。

また被せ物ですが、セラミッククラウンなど審美性の高い素材を考えている方は矯正治療を終えてからのほうが良いかもしれません。矯正治療中は保険適用の素材を選び、矯正治療を終えてから改めて補綴物を作製すると良いでしょう。

なお歯科医院によって方針が異なる可能性があるため、担当医とよく相談するようにして下さい。

虫歯になりにくい環境作りを

矯正治療中に気をつけることはお口の中を清潔に保つことです。しかしいつも使う歯ブラシだけでは汚れを落としにくいため、補助道具が必要になります。ワイヤー矯正の場合デンタルフロスが通りにくいため、歯間ブラシの使用がおすすめです。もちろん歯間が狭い部分は無理に通す必要はありません。無理やり通すと歯ぐきを傷つけてしまうため、入る部分だけでも歯間ブラシを使って汚れを取り除きましょう。

またワンタフトの使用もお勧めです。ワンタフトブラシの小さな毛束が歯一本一本に対し、汚れを落としやすくしてくれます。奥歯など磨きにくく汚れが残りやすい部位には是非ワンタフトブラシを使ってみて下さい。

そして定期検診の受診も大切です。矯正治療中であるからこそお口の中に異常がないかどうかを確認し、虫歯や歯肉炎などのトラブルを早期に発見することで最小限に留めることができます。

矯正治療中は常にお口の中を清潔にし、虫歯になりにくい生活を送ることが大切です。

 

当院の矯正治療についてはこちら

 

歯の隙間が気になって思いっきり笑えない…改善法はあるの?

口元に関するお悩みは人それぞれ違います。特に前歯の場合、笑った時にとても目立つ部位でもあります。前歯のお悩みは歯並びという方はとても多いかと思いますが、前歯や全体的な歯の隙間に悩む方も実は多いのではないでしょうか。

歯と歯に隙間ができる原因

一般的に「すきっ歯」と呼ばれることが多い歯の隙間は、専門的に「空隙(くうげき)しれつ」と言います。また前歯の真ん中の隙間を「正中離開(せいちゅうりかい)」と言います。隙間の広さは人それぞれで、わずかな隙間の方、かなり全体的にかなり隙間がある方など色々です。では歯に隙間ができてしまう原因は何でしょうか。

・元々の歯が小さい(矮小歯)・・・顎の大きさに対し、永久歯が小さい場合、スペースが余ってしまうために歯と歯の間に隙間ができてしまうことがあります。

・先天性欠損・・・生まれつき永久歯の数が少ない先天性欠損の場合もスペースに余裕ができてしまうため、隙間ができる原因となります。

・上唇小帯(じょうしんしょうたい)の位置によるもの・・・上唇から歯ぐきに繋がっているヒダの部分を「上唇小帯」と言いますが、この部分が過剰に発達することで通常の位置よりも伸びてしまっている場合、前歯の隙間(正中離開)になることがあります。

歯の隙間を放置することで起こることとは?

歯の隙間は見た目に影響するため、まず見た目のコンプレックスを抱く方がほとんどです。しかしそれ以外にも日常生活に影響が出てしまうことがあります。

・食べ物が詰まりやすい・・・歯に隙間があると、繊維質のものを含んだ食べ物が挟まりやすくなります。

・発音が不明瞭・・・歯の隙間から空気が漏れて、発音が不明瞭になりがちです。特にサ行にその傾向が強く、相手に伝わりにくく感じてしまうこともあります。

歯の隙間を改善する治療法とは

そのままにしておいても、審美的にも日常生活を送る上でもあまりメリットはありません。では歯の隙間を改善する方法として、どんな治療法が挙げられるのでしょうか。

・歯列矯正・・・最もオーソドックスな治療法です。ワイヤーを使って歯を動かし、隙間を埋めることで症状やコンプレックスを改善できます。一般的なメタルブラケットの他、目立たないホワイトセラミックやホワイトワイヤー、裏側矯正を選択することで目立たず治療をすることができます。また取り外し式のマウスピース矯正でも隙間を埋めることができます。

・ダイレクトボンディング・・・隙間が狭い場合、審美用レジンを使って隙間を埋めることができます。樹脂を隙間に流し、光を当てて固めることで、歯と一体化することができます。

・セラミック治療・・・歯を少し削り、その上からセラミッククラウンを被せる方法です。見た目は美しいですが、歯を削ることでリスクを背負うことになります。

どの治療法になるかは、担当医とよく相談を

気になる歯と歯の隙間を改善する治療法をご紹介しました。改善法はいくつかあるため、どの治療法が適しているかはご自身の歯の隙間の状態によって異なります。担当医とよく相談し、最も適した方法で気になるコンプレックスを解消して生き生きとした笑顔で毎日を過ごしてみませんか?

 

当院の歯列矯正についてはこちら

マウスピース矯正の意外な落とし穴

目立たず矯正治療を行えるマウスピース矯正は、取り外し式で食事や歯磨きがしやすく、お手入れもしやすいことから人気を集めています。マウスピース矯正は、一般的なワイヤー矯正に比べてお口のケアをしやすいのですが、意外な盲点を持ち合わせているのです。

ワイヤー矯正と比べてお口の中のケアを行いやすいはずが・・・

矯正治療中は、虫歯や歯肉炎にならないよう、念入りなケアが必要です。特にワイヤー矯正は固定式で、ブラケット周りに汚れやプラークが付きやすく、ワイヤーが通っていることでデンタルフロスも通りにくいため、プラークコントロールが難しいとされています。

これに対しマウスピース矯正は、歯磨きの時にマウスピースを取り外して歯磨きを行えるため、プラークコントロールしやすいことが特徴の一つです。

しかし、プラークコントロールしやすいはずのマウスピース矯正は、実は虫歯リスクも決して低くないのです。ワイヤー矯正に比べるとずっとお口の中のケアをしやすいはずですが、これはどういったことなのでしょうか。

 

飲食後すぐにマウスピースを付けることによる虫歯リスク

家庭内では食後の歯磨きは行いやすいですが、外食やカフェで甘いものを食べたあと、ついうっかり歯磨きセットを忘れて、仕方なくそのままマウスピースを装着する、という経験をしたことはありませんか?飲食後必ず歯磨きを行うことが、虫歯リスクを低減させてくれるのですが、歯磨きセットを忘れてしまった場合、ついそのままマウスピースをはめてしまうことはありませんか?

お口の中には常に唾液で潤っており、細菌を洗い流す役目を持っています。つまり唾液が虫歯菌や歯周病菌を洗い流すことで、発症リスクを低減させているのです。

しかし食後すぐにマウスピースをはめてしまうと、食べかすや細菌を洗い流さないままマウスピースをはめてしまうので、結果的に虫歯菌をマウスピースで閉じ込めてしまうことになるのです。そのためマウスピースで塞がれた歯の表面が少し溶けてしまった「脱灰」となり、そのまましておくと、やがて歯に穴が開いてしまいます。これではせっかく矯正治療を行っても、虫歯ができてしまうと虫歯治療などが必要になり、矯正治療が一時中断してしまいます。

食後は必ず歯磨きか、水でうがいをしておきましょう

マウスピース矯正は歯をマウスピースですっぽりと覆ってしまうため、唾液循環による細菌の洗い流しが行いにくく、虫歯リスクが高まってしまいます。ご家庭では当たり前のように行う歯磨きも、出先でつい忘れてしまった、ということもあるかもしれません。

外出する際は、携帯用の歯磨きセットを持ち歩きましょう。また食後に水かお茶を口に含み、食べかすを洗い流しておきましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら

 

噛み合わせのズレで顔が歪む?

口元は目元と同じくらい、いやそれ以上にその人の印象を決定付けます。歯並びの乱れはそんな第一印象に大きく影響しますが、噛み合わせがズレていることで、顔が歪んでしまうなど、顔つきまで変わることがあると言われています。

不正咬合は横顔にも現れます

口元のコンプレックスは、乱れた歯並びだけではありません。出っ歯や受け口、突出した口元などは、前から見ただけでなく、横顔にも現れます。横顔の美しさは「Eライン」と呼ばれる線がひとつの基準となります。Eラインとは、あご先から鼻先まで直線で結んだ線の事で、この線が真っすぐなほど、美しい横顔というひとつの判断基準となります。

例えば出っ歯の方の横顔は、口元が前方へ突出しており、Eラインから外れてしまいます。反対に受け口の方は、前から見るとあまりわからないかもしれませんが、下顎が突き出ており奥歯の噛み合わせもズレてしまっているため、Eラインが大きく崩れてしまいます。上下ともに前方へ出て顎がないように見える、もっさりとした口元も同じことが言えます。

このように、歯並びの乱れだけでなく、噛み合わせの異常である不正咬合は、正面からの見た目だけでなく、横顔にも現れます。

 

噛み合わせのズレが、顔の歪みや顎の病気の原因になることも

歯並びの乱れだけでなく、噛み合わせのズレも見た目に響いてしまうことがあります。正しく噛むことができないと、顎の発達に影響が出てしまいます。そのため歪みが生じ、顔の形が悪くなることがあります。

また噛み合わせに偏りが出てしまうため、筋肉のバランスが崩れて片側の筋肉が硬直して口元が歪んでしまったり、フェイスラインが崩れたりする原因にもなりりかねません。

そして噛み合わせの異常はストレスを招き、就寝中に食いしばりや歯ぎしりといった異常行動が行われ、顎の関節に過度な負担がかかり、最悪の場合、顎関節症を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

歯列矯正を行うことで、歯並びだけでなく噛み合わせのズレも改善が可能です

噛み合わせのズレは、歯並びの悪さよりも深刻な症状を引き起こすことがあります。見た目的には歯並びの悪さのほうが気になるかもしれませんが、不正咬合をそのままにしておくと、将来的に歯にダメージが加わる可能性も否定できません。

不正咬合を改善するためには、歯列矯正が治療の選択肢となります。歯並びの乱れだけでなく噛み合わせのズレも改善し、お口の健康を維持してみてはいかがでしょうか。

 

当院の矯正治療についてはこちら

マウスピース矯正で気を付けるべきこととは?

マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正と比べると目立たず歯並びを整えることができることから注目を集めている矯正治療法です。また食事や歯磨きの際、取り外しができるため、取り扱いしやすいことも魅力の一つです。しかし、マウスピース矯正は案外虫歯リスクが高いことをご存じでしょうか。

なぜマウスピース矯正は虫歯リスクが高いのか

ワイヤー矯正と比べると、マウスピース矯正は歯磨きがしやすく、プラークコントロールも行いやすいため虫歯リスクは低いと思われることでしょう。しかし、これはあくまで「歯磨きがきちんとできている」ということが前提だということです。言い換えれば、ブラケットやワイヤーといった矯正装置がついているため歯磨きがし辛いワイヤー矯正でも、きちんと歯磨きができていてプラークコントロールが行えれば、虫歯リスクは低いということです。

更に言い換えれば、どれだけ歯磨きやしやすく、取り扱いやすいマウスピース矯正でも、歯磨きがきちんと行えず汚れが残ったままだと、虫歯になってしまうのです。

実際、マウスピース矯正を始める前は虫歯ひとつなかった方が、マウスピース矯正を始めて、大臼歯にこれまではなかったCO(歯の表面が少し溶けている脱灰状態)になってしまった症例があります。COになってしまった原因として考えられるのは、食事や間食をしたあと、歯磨きをせずにそのままマウスピースを装着していたため、歯の溝食べかすが残ったまま数時間マウスピースによってフタをされていたことです。そこへ口内細菌も一緒に閉じ込められるため、エナメル質が溶けてしまったと推測されるのです。

唾液は食べかすや細菌を洗い流す効果がありますが、マウスピースをした状態では唾液はマウスピースの中にほとんど入り込みません。そのためプラークコントロールをきちんと行わないと、虫歯になる可能性が高くなってしまうのです。

食べたあとは、必ず歯磨きやうがいをしておくこと

マウスピース矯正は便利な反面、出先で飲食をした際にきちんと歯磨きをしなければこのような虫歯リスクが生じてしまいます。面倒と思うかもしれませんが、きれいな歯並びを手に入れるためには健康な歯であることが絶対条件です。装置ケースを持ち運ぶとともに、携帯用の歯磨きセットも必ず一緒に持ち歩き、飲食のたびに歯磨きをする習慣をつける必要があります。どうしても無理なときは、口をゆすいで食べかすをきちんと洗い流しておきましょう。

またマウスピース本体もきれいに洗い流し、一日一度は専用の洗浄剤を使って清潔にしておきましょう。

 

当院のマウスピース矯正(インビザライン)についてはこちら