はぴねす歯科

カテゴリー: コラム 小児歯科・矯正歯科

お子さんの歯の白濁、放っておいても大丈夫?

一般的にお子さんの歯は歯質が弱く、酸に溶けやすい、つまり虫歯になりやすいという特徴があります。その前段階として、歯の表面が溶けて白く濁りますが、この状態を放っておいても大丈夫なのでしょうか。

歯質が薄い時期は酸に溶けやすい

乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が薄く、酸にとても溶けやすくなっています。そのため虫歯になりやすい食生活を送っていると、あっという間に虫歯に進行してしまいます。成長するにつれエナメル質はしっかりしてきますが、乳歯や生え変わったばかりの永久歯が虫歯にならないよう、注意して過ごす必要があります。

虫歯の前段階「脱灰」についえ

虫歯は、歯の表面のエナメル質が酸によって溶けてしまう病気を言います。虫歯と聞くと、歯が真っ黒になったり溶けて穴が開いている状態が思い浮かぶかもしれませんが、虫歯になったからといって、すぐにこのような状態になるわけではありません。虫歯になる前に、歯の表面が酸によって溶ける「脱灰(だっかい)」という状態になります。歯の表面のミネラル質が溶けてしまうことで、他の歯に比べて白く濁ることが特徴です。

脱灰は穴が開いておらず、虫歯のごく初期段階のため痛みやしにるといった症状はありません。検診などで初めて発見され、要観察歯として指導されます。

脱灰と言われたらどうする?

歯の表面のエナメル質が溶けて白く濁る脱灰は、前歯ならまだ気づきやすいですが、奥歯になるとご自身や保護者の方が見つけるのは非常に困難です。特に奥歯の咬合面などは溝があるため見にくく、歯科検診や他の歯の治療の際に見つかる子tがほとんどです。

では脱灰状態になっていると言われたら、削って治療をするのでしょうか。脱灰の状態の場合、削って治療をすることはありません。脱灰が進んで虫歯に進行しないよう、フッ素塗布を行って様子を見ることがほとんどです。またご家庭での丁寧なブラッシングが欠かせません。フッ素入りの歯磨き剤を使い、定期的に検診を受けることで虫歯に進行しないよう様子を見ます。

虫歯は、毎日の食生活によって作られてしまいます。歯磨きとフッ素をすれば絶対に防げるというものではありません。砂糖をたっぷり含んだ飲食物の多量摂取や、回数、時間を決めずにだらだらと食べ続けることが、虫歯に進行する原因です。また歯質が弱いため、虫歯になるとあっという間に進行し、大きな穴が開いてしまってお子さんは痛がります。いちど虫歯になると治療も大変になります。脱灰は様子見とはいえ、虫歯に進行しないよう、気を付けて過ごすことが大切です。

 

当院の小児歯科についてはこちら

小児矯正、第一期とはどんな治療をするの?

お子さんの歯並びを整える矯正治療には、第一期と第二期があります。「歯列矯正はあのギラギラ光る矯正装置では?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。では小児矯正における「第一期治療」とは、どのような治療のことでしょうか。

第一期治療とは、正しい歯列へ導くための「骨格を整える」治療

歯並びが悪くなる原因のほとんどは、永久歯が正しい位置に並ばないことにあります。永久歯が正しい位置に並ばないと、デコボコした歯並びになってしまいます。この原因の多くは、後から生えてくる永久歯の大きさに対して、顎の骨が狭いということが挙げられます。

第一期治療では、いきなりブラケットとワイヤーによる治療は行われません。取り外し式の装置を使って顎の骨を広げ、永久歯が正しい位置に並ぶための土台作りを行う治療です。

第一期治療(床矯正)の特徴

第一期治療は、一般的に床矯正(しょうきょうせい)と呼ばれており、取り外し式の装置を使って顎の骨を少しずつ拡大していきます。

床矯正を始める時期は、永久歯と乳歯が混在する頃です。乳歯が全て抜けきった後でも床矯正は可能ですが、将来的な歯並びに問題が出るかも、と言われるのは、だいたい乳歯が抜け始めるころです。また全て乳歯の場合でも、乳歯の間に隙間がまったくなく、きっちりと生え揃っている場合にも床矯正を勧められることもしばしばあります。床矯正の装置の真ん中に小さなネジがついており、毎週決まった角度でネジを回して装置を広げていきます。装置を広げるごとに顎の骨も少しずつ広がり、永久歯列が正しい位置に並ぶことが期待できます。

床矯正による矯正の特徴として、まず抜歯をすることはないことです。抜歯は、小さなお子さんにとってストレスになる場合があります。また歯が生え揃ったあとに歯列矯正を行う場合、健康な小臼歯を抜く場合があります。せっかく生えてきた永久歯を抜くのはためらいがあることでしょう。これに対し床矯正は、歯を抜くことなく顎の骨を広げていくため、ある程度きれいな歯並びに整えることが可能なのです。

デメリットとしては、ネジを回すのを忘れてしまうこと、学校などで友達とぶつかったりすることで装置が壊れてしまう可能性があることです。

ネジの巻き忘れはご家庭で工夫し、学校などで起こるアクシデントによる破損の場合、装置の修理が可能です。ただし口をぶつけてしまったら、装置で怪我をする可能性もあるため、くれぐれも注意して過ごしてもらって下さい。

第一期で歯並びを整えた後に第二期できれいに揃えます

第一期、つまり床矯正である程度きれいに整えた後、もう少し調整が必要な場合は第二期治療に移ります。第二期治療では歯の表面にブラケットをつけたワイヤー矯正や、マウスピース矯正によって、よりきれいに歯並びを整えていきますが、中には第一期治療で非常に良い結果を得る場合もあります。この場合、第二期治療に進まず、リテーナーをつけて後戻りを防ぐことになるでしょう。

お子様の歯並びについて心配事がある場合は、できるだけ早めに歯科医院へ相談されることをお勧めします。

 

当院の小児矯正についてはこちら

乳歯もしっかりプラークコントロールを!

乳歯は噛むという、非常に大切な役割を果たすための感覚を身に付けるとても重要な時期です。また歯並びにとっても、乳歯は永久歯が生えるためのスペースを確保する役目を持っているため、乳歯は大切にしなければいけません。

乳歯の時期に最も気を付けなければいけないのは虫歯

お口の中の代表的なトラブルといえば、虫歯です。虫歯は歯が生え始めた頃から永久歯に至るまで、幅広い年代で起こります。

特に乳歯は永久歯に比べてエナメル質が薄く脆いため、虫歯になるとあっという間に症状が進行してしまいます。「どうせ抜けるから」と軽く考えていると、のちに生えてくる永久歯にも悪影響が及び、お子さんが辛い思いをするかもしれません。というのも、乳歯が虫歯だらけの場合、お口の中に虫歯菌が多く存在していることが考えられるためです。乳歯の時期に虫歯がたくさなると、生え変わった永久歯も虫歯リスクが高くなってしまいます。

また早期に乳歯が抜歯となった場合、永久歯の歯並びががたがたになってしまうことも考えられます。と言うのも、支えを失った両隣の乳歯は、隙間を埋めようとしてだんだん傾いてしまうため、永久歯のスペースがなくなってしまいます。その結果、永久歯が正しい位置に並ばずにガタガタになってしまうのです。

虫歯になりやすい部位について

1歳から3歳くらいまでは、上の前歯や歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目に汚れが残りやすくなります。

2歳から5歳以降は、奥歯の噛み合わせの溝に汚れが溜まりやすく、そこから虫歯になってしまう可能性が高くなります。

お子さんの虫歯予防のポイントは、仕上げ磨きと定期健診

色々な食べ物を食べるようになると、甘いお菓子やジュースなども口にするようになるものです。虫歯の原因のひとつに、砂糖の過剰摂取が挙げられます。お子さんが自分でお菓子やジュースのコントロールを行うことは、なかなか難しいものです。まずはお菓子やジュースの与え過ぎにに注意し、いつまでもだらだらと長時間甘いものを口にしないように与えてください。

また保護者の仕上げ磨きがプラークコントロールになります。お子さんが自分でしっかりと磨けるようになるまでは、保護者の方の仕上げ磨きが欠かせません。できれば小学校の間は仕上げ磨きをしっかりと行ってあげることが、家庭でのプラークコントロールの基本となります。

またお子さんの定期健診も大切です。定期健診を受診することで、フッ素塗布を行い、虫歯を予防することができます。また定期健診を受けていると、もし虫歯になっていても、早く治療をすることでお子さんの負担も軽くなります。

たかが乳歯と思わず、保護者の方がしっかりとプラークコントロールを行ってあげましょう。

 

当院の小児歯科についてはこちら

もうちょっと早く矯正治療を始めたかった・・・と思わないで

幼いころから歯並びがコンプレックスだったけど、なんとなく矯正治療をせずに今まで来てしまった・・・。周りがキレイな歯並びをしていると、小さいうちに矯正治療をしておけばよかったと後悔することもあるかもしれません。でも諦めないで下さい。

矯正治療の開始時期に絶対的な正解は、ありません

歯並びにコンプレックスがあり、今もなお矯正治療を行っていない場合、小学校低学年の子供が矯正装置を付けていると「ああ歯並びが気になるんだな。お父さんお母さん、ちゃんとしてくれているんだな」と思うことがあるでしょう。それは保護者の方も同じでかもしれません。思春期を迎えた我が子の歯並びを見るたび、「やっぱり小さいうちから矯正をさせておけばよかった」という思いを抱いたまま、今日に至るのではないでしょうか。

しかし矯正治療は必ずしも小さいうちからしなければいけないことはありません。もちろん、小さいころから床矯正を始めて永久歯のスペースを作っておけば、その後の歯並びが早くに整うことでしょう。しかし矯正治療の開始時期に決まりはありません。スタートは、「今からでもやってみよう」「社会人になるまでに,治してあげたい」と思ったときなのです。

 

思春期ごろの矯正治療について

思春期になると、周りのお友達や異性の視線が気になる年頃です。最も一般的なブラケット矯正はほとんどの症例に対応できますが、金属のブラケットが気になってイヤだと思うお子さんも少なくありません。

見た目が気になるのなら、おすすめはセラミックブラケットとホワイトワイヤーを使った治療法です。効果はメタルブラケットと変わりませんが、金属のギラギラがないため、見た目に矯正治療をしていることがわかりにくいことがメリットです。ただしブラケット周りに汚れがつきやすく、ワイヤーが通っていることでフロスが通らないため、お口の中の衛生を保ちにくいのが難点です。

また取り外し式のマウスピースを使ったマウスピース矯正もおすすめです。透明なマウスピースのため、目立たずに歯並びを整えることができます。取り外して食事や歯磨きも行えるため、日常生活が非常に送りやすいことも大きなメリットです。

ただ難症例の場合は、マウスピース矯正では対応ができないこともあります。また抜歯を伴うケースも難しい場合があるため、全ての症例に対応できないこともあるのが、マウスピース矯正のデメリットと言えるでしょう。

 

見た目だけでなく、将来の歯の健康のためにも

歯並びにコンプレックスがあると、笑顔に自信が持てないだけでなく、将来の歯の健康にも影響します。小さいころにしておけばよかった、と思わずに、生き生きとした毎日を送るためにも、歯並びが気になったらまず歯科医院に気軽に相談してみてはどうでしょうか。

 

当院の小児矯正についてはこちら

大人だけじゃない!?子どもの歯石について

歯石は大人の歯にだけ付くものではありません。乳歯や生えたばかりの永久歯にも歯石は付着します。では子どもの歯に歯石が付いたときは取ったほうがよいのでしょうか。

歯石とは、プラークが石灰化したもの

ブラッシングが不足していたり、上手に磨けていない場合、汚れが歯に残ったままになります。そこに細菌が棲みついてプラークを作り出します。プラークは白っぽくネバネバとした柔らかい汚れで、比較的取り除きやすいです。そのままにしておくと、プラークに虫歯菌や歯周病菌などが棲みつき、虫歯や歯肉炎、歯周炎などを引き起こしてしまいます。

プラークが石灰化して石のようになったものが歯石で、プラークと違って硬く、歯にこびりついてしまいます。歯石はそれほど悪いものではありませんが、プラークが石灰化したものであることから、できればプラークは落としておいたほうがよいでしょう。なおプラークが歯石になるのには数日から2週間程度と言われています。

 

ブラッシング不足が原因で子どもでも歯石が付いてしまいます

赤ちゃんや幼児期は虫歯菌や歯周病菌はあまり見られず、唾液の分泌量も多いため。それほどプラークは溜まりません。しかし学童期になると虫歯菌などを保持しているケースが多く、磨き残しによってプラークが作られてしまいます。その結果、石灰化した歯石が歯に付いてしまいます。その原因として挙げられるのが、やはりブラッシング不足です。小さな頃は保護者の仕上げ磨きがよく行われるため汚れもキレイに落とせていることが多いですが、学童期や思春期になると、親の仕上げ磨きを離れて自分でするお子さんがほとんどです。

しかし自分で上手にそして完璧にブラッシングを行うのは至難の業です。そのため汚れが残ってプラークや歯石が作られ、歯肉炎などを引きこしてしまいます。

 

子どもでも歯石が付いている場合は、歯科医院で取ってもらいましょう

歯石が付いたままでいると、やがて歯肉炎や虫歯を引き起こす可能性が高くなります。歯石が付いていたら、小さくても歯科医院を受診し、歯石を取ってもらいましょう。大人やある程度大きくなったお子さんは、超音波を使った歯石除去を行いますが、まだ小さいお子さんは器械をお口の中に入れて歯石除去はなかなか行えません。歯石そのものはついたままでもそれほど大問題にはならないため、適切なブラッシングで汚れを蓄積させないことを考えてあげて下さい。

小さいお子さんでも定期検診をしっかり受け、プラークや歯石が付いていないかどうかをチェックしてもらいましょう。

 

当院の小児歯科についてはこちら

 

 

子どもに多い歯肉炎

お子さんに多いお口の中のトラブルは、虫歯だけではありません。歯ぐきが赤く腫れる「歯肉炎」は、お口の中が不衛生な状態で起こります。小さなお子さんから高校生くらいまでよく見られる歯肉炎は、放っておくと大人になったとき、歯周炎になってしまうことがあります。

 

子どもは歯周病にはならないですが・・・

歯周病とは、歯肉炎そして歯周炎を含む歯周組織に起こる炎症全般のことを言います。成人の場合、一般的に「歯周病」と言われますが、正しくは「歯周炎」であり、歯肉炎との違いは炎症が歯槽骨に広がっているかどうかとなります。

子どもの場合、基本的に歯周炎には進行しないと言われています。しかしそのままにしておくと、口腔内の衛生状態が常に不潔な状態となり、将来的に歯周炎へと進行することがあります。

 

歯肉炎の原因

歯肉炎の原因は、磨き残しです。歯と歯ぐきの境目に汚れが残ったままになると、やがてプラークとなり、歯ぐきに炎症を起こします。プラークは白っぽい色をした柔かい汚れで、細菌の塊です。

また日常的に口呼吸を行っていると、お口の中が乾いて唾液が少なくなり、細菌が繁殖しやすくなります。お口がポカンと開いているお子さんは、要注意です。

 

歯肉炎の種類について

歯肉炎は、磨き残しが原因で歯ぐきに腫れや出血が起こる症状を言いますが、歯肉炎にもいくつか種類があります。

・萌出性歯肉炎・・・永久歯が生えてくるときに起こる歯肉炎です。特に奥歯が生えかけの頃は、まだ歯が歯肉に覆われており、周囲に汚れが残りがちになます。その結果歯ぐきが腫れたり、痛みを感じるなどの症状が起こります。

・思春期性歯肉炎・・・ブラッシング不足による磨き残しとそれに伴うプラークに加え、思春期に分泌されるホルモンの影響で歯ぐきが腫れてしまうことがあります。歯ぐき全体がブヨブヨと腫れて赤くなり、歯ブラシがあたっただけで出血するといった症状が起こります。

・侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)・・・かつて若年性歯周炎と言われていた侵襲性歯周炎とは、幼少期や思春期のころから発症する歯周炎です。歯を支えている歯槽骨の吸収、深い歯周ポケット数値などが特徴で、ひどいと歯の動揺も見られます。プラークの付着は少なく、遺伝が原因ではないかと言われています。

 

しっかりとしたブラッシングと定期的なクリーニングで、お子さんの歯ぐきの健康を守ってあげましょう

歯肉炎は、ブラッシング不足が原因です。小さいうちは歯磨きが上手にできないため、保護者の方の仕上げ磨きが欠かせません。また成長するにつれて仕上げ磨きを離れますが、まだまだブラッシングがうまくできないでしょう。お子さんご自身で意識して歯と歯ぐきの境目をしっかり磨くよう、助言してあげて下さい。

そして定期的にクリーニングに通われることで、お口の中の健康を維持することができます。歯肉炎だからと軽く考えず、将来のお口の健康のためにも、定期的なクリーニングに通われることをお勧めします。

 

当院の小児歯科についてはこちら

 

お子さんの歯並びの乱れは、乳歯の時期から改善が可能です

乳歯の生え方から、永久歯に生え変わったときの歯並びの乱れが予測できる場合があります。乳歯は永久歯よりも小さいため、乳歯の歯列が隙間なくきっちりと生え揃っている場合、永久歯の並ぶスペースが足らなくなってしまうのです。乳歯がこのような生え方の場合、早めに歯列矯正を開始することで色々なメリットを得ることができるのをご存知でしょうか。

 

乳歯の歯列に隙間がない場合や顎が小さい場合、永久歯の歯列の乱れがよそくできます

小さな可愛い歯がきれいに並んでいるのを見ると、「このまま大きくなればいいのにな」と思われることでしょう。しかしいざ永久歯が顔を出し始めると、抜けた乳歯のスペースに並ぶ余地はなく、おかしな位置に並びはじめ、乳歯が全部抜けきったときには永久歯の歯列がガタガタであることは決してめずらしくありません。

逆に、隙間だらけの乳歯の歯列では、永久歯が並ぶスペースが確保されやすく、永久歯が正しい位置に並ぶケースが多く見受けられます。

また顎の大きさと永久歯の大きさにも関係があります。顎が小さく永久歯が大きい場合も、永久歯がガタガタに生え揃ってしまうことが予測できます。

 

お子さんにも経済面でも負担が少ない、乳歯の歯列矯正

歯列矯正を行っているお子さんは多く、学校でも何人か矯正装置を付けているお子さんを見かけることがあると思います。或いは「わが子は以前矯正をしていたのよ」という会話を耳に

することもあるでしょう。このように、お子さんの将来を考えて歯列矯正を行うことは今ではごく当たり前になっています。

しかし「矯正=抜歯」というイメージも強く、費用もかかることから色々な面で負担がかかるのも事実です。

そこで選択肢として考えていただけるのが、乳歯の時期に始める「床矯正」です。床矯正による歯列矯正を始めることで、乳歯の時期に行う歯列矯正は顎の成長を促して永久歯を正しい位置に導くことを目的としており、抜歯も行うこともないため、このようなデメリットを軽減することが可能となります。

床矯正による治療時期を「第一期治療」と言い、いわば「土台を整える」治療と言えます。

永久歯が正しい位置に並んだあとに、ブラケットやマウスピースなどで引き続き歯並びを整える治療を「第二期治療」と言います。第二期治療から歯列矯正を始めると、抜歯が必要になったり治療期間が長くなったりすることが考えられますが、第一期治療で土台をきちんと整えておくことで第二期治療がスムーズに進んでいったり、治療期間が短く済むなど経済面にもメリットがあります。

 

お子さんの歯並びに不安がある場合、早めに歯科医院で相談しましょう

可愛いお子さんの将来の歯並びはどうなるでしょうか。何も問題がなくキレイに永久歯に生え揃うお子さんもいれば、乳歯の時期はとてもキレイだったのに、永久歯になってガタガタになってしまったお子さんもいらっしゃいます。

お子さんの歯並びを治してあげたい場合や、乳歯の歯列から将来に不安がある場合、できるだけ早めに歯科医院で相談してみましょう。

 

当院の小児歯科、小児矯正についてはこちら

虫歯ゼロを目指して!小児予防治療の必要性について

乳歯は永久歯が生えることで短い役目を終えます。どうせ抜けるから、と乳歯のケアを怠っていると、後から生える永久歯にも悪影響が出てしまうことがあるため、乳歯を虫歯から守ることが大切です。

 

酸に非常に弱い乳歯

乳歯は生後6ヶ月くらいから生え始め、3歳くらいに全て生え揃います。小さくて可愛らしい乳歯は成人の永久歯と比べるとエナメル質が薄く未熟なため、酸にとても弱いのです。そのため虫歯になって歯が酸で溶かされ始めると、あっという間に進行してしまいます。

離乳食が終わり、大人と同じものを食べ始めると、これまでに与えられなかった甘いお菓子やジュースなども口にするようになるでしょう。また歯磨きのイヤイヤ期になると、なかなか歯を磨かせてくれず、仕上げ磨きに苦労する保護者の方も多いと思います。そのため乳歯は虫歯になりやすいのです。

 

乳歯がひどい虫歯になるとどのような影響が出るの?

乳歯はいずれ大人の歯、つまり永久歯へと生え変わるため、虫歯になってもさほど影響はない、と思われるかもしれません。しかし乳歯の時期に虫歯になってしまったということは、既にお口の中にミュータンス菌などの虫歯菌が棲みついてしまっていることを意味します。虫歯菌は、いちどお口の中に入ると取り除くことができません。

つまり、乳歯の時期に虫歯になってしまうと、永久歯に生え変わったあとに虫歯リスクを抱えることになるのです。

また乳歯は永久歯が生えることで自然と抜け落ちますが、永久歯がまだ生えてこないうちにひどい虫歯などで乳歯を失ってしまうと、永久歯の歯並びに影響がでてしまいます。抜け落ちた隣の乳歯が傾斜し、永久歯の生えるスペースを狭くしてしまうため、永久歯が生えてきたときにガタガタの歯並びになってしまう恐れがあるのです。

いずれ抜けるから、とお子さんの口腔内ケアを疎かにしていると、大人になってからのお口の健康維持に問題を抱えてしまうことになりかねません。

 

小児予防治療である定期健診を受けて、虫歯からお子さんの歯を守ってあげましょう

大切なお子さんのお口の健康を守るためには、大人と同じように小児予防治療、つまり定期健診の受診が最も効果的です。きちんと家庭でケアを行い、定期健診を受けることで、虫歯ゼロは十分可能です。永久歯が生え揃うまでの間に虫歯ゼロを目指すことを目標にしてみましょう。

また定期健診を受けることで、歯並びや噛み合わせに問題がないかどうかも調べることができます。もし歯並びや噛み合わせに異常が見つかった場合、早期に矯正治療を行うことでお子さんへの負担も少なく済む場合があります。

小児予防治療で、お子さんのお口の中の健康を維持してあげましょう。

 

当院の小児歯科についてはこちら

歯をぶつけてしまった・・・!そんなときはどうすればばいい?

お子さんの場合、遊んでいて転倒した、体育の時間にぶつかったなど、思わぬアクシデントが起きてしまいます。その際、口元を強打して歯が欠けてしまうこともめずらしくありません。今回はお子さんの歯のケガについてお話をしたいと思います。

歯のケガが起こりやすい時期とは?

子供は成長するにつれて行動が活発になり、それとともにケガも増えてきます。まず起こりやすい時期としては、乳歯が生え始めて間もない頃、つまり1~3歳ごろまでです。まだまだ歩行が不安定で、つまいづいたりしやすいため転倒しやすく、口元をぶつけて乳歯がケガをしてしまいやすい時期がまず挙げられます。

小学生になると行動が活発になり、お友達と遊ぶ機会も増えてきます。ふざけあって転倒する、また学校の遊具などでケガをしやすい時期でもあります。この時期の心配として、永久歯のケガがあります。歯のケガの具合により、永久歯に大きな影響が出る場合もあります。

中学~高校生になると、部活やスポーツなどによるアクシデントがよく起こります。ラケット競技ではラケットが歯にぶつかり、永久歯が欠けてしまったというケースもよく耳にします。また体と体が激しくぶつかるスポーツでは、衝撃により歯が折れてしまうケースもあります。

 

子供の歯のケガとその対処法について

口元をぶつけたことで歯が欠けた、折れた場合、その程度により処置内容は変わってきます。つまり歯の神経部部にまで影響があるかないかということで判断されるのです。また乳歯と永久歯でも違いが出てきます。

歯が少し欠けてしまったものの神経に影響が無い場合、レジンで欠けた部分を修復する処置が一般的です。見た目も大きな違和感はほとんどありません。ただし前歯の場合、治療した部分が欠けやすくなってしまいます。

歯がたくさん折れてしまって歯の神経が見えてしまっている場合、早急な処置が必要です。神経が見えてしまっているとそこから細菌感染が起こるため、根の治療を行ってから歯の形を修復します。歯が折れて神経が見えてしまっている場合、早急に歯科医院を受診するようにして下さい。

歯が完全に抜けてしまうこともあります。この場合、抜けた歯の状態により再度戻すことが可能な場合があるため、早急に抜けた歯を持って歯科医院を受診するようにして下さい。

なお折れた歯や抜けた歯はすぐに牛乳か歯牙保存液に漬けましょう。血がついているからと水で洗うことは厳禁です。もし牛乳アレルギーがある場合は、絶対に牛乳に漬けないようにして下さい。

歯がグラグラしてしまっている場合、それは歯が脱臼している状態と言います。また衝撃で歯ぐきの中に歯がめり込んでしまうことを「埋入」と言い、どちらもできるだけ早い受診が必要です。グラグラしている乳歯の場合は基本的に様子を見ます。しかしまだ抜ける気配のない乳歯や永久歯の場合、ワイヤーで歯を固定して歯の根や歯ぐきの回復を待ちます。歯の固定が確認できたらワイヤーを除去します。ワイヤーで固定している間は不自由を感じるかもしれませんが、なるべく歯を安静にしておくようにしましょう。

 

お子さんにはケガがつきものです。歯にアクシデントが起きたら早めに歯科医院を受診するようにして下さい。

 

当院の小児歯科についてはこちら

 

あま~い飲み物は虫歯の危険性大!!

子どもが大好きな甘い飲み物。飲み物の種類によっては虫歯を引き起こす可能性が非常に高くなってしまいます。今回は、甘い飲み物のリスクについてお話を進めていきます。

 

子どもたちが大好きな甘い飲み物

暖かい季節になってくると、冷たくて美味しい飲み物が欲しくなります。特に小さなお子さんにとって甘い飲み物は、毎日のように飲みたくなってしまうことでしょう。

しかし甘い飲み物には砂糖がたくさん含まれており、摂取の仕方によっては虫歯リスクがとても高く、注意が必要です。特に炭酸ジュース、乳酸飲料などは、虫歯菌が大好きな砂糖が多量に含まれています。

キャラメルや飴などのように歯にくっつきやすいわけでもないのに虫歯リスクがとても高いのは、その飲み方にあります。だらだらと長時間にわたって飲み続けると、お口の中はずっと酸性の状態になり、やがて歯の表面が溶け出していきます。普通は再石灰化が行われることで歯の表面は修復されますが、甘い飲み物をたくさん飲みすぎると再石灰化がなかなか行われず、歯の表面はどんどん溶けてやがて虫歯に進行してしまうのです。

またスポーツをしているお子さんなどで注意していただきたいのが、スポーツドリンクです。スポーツにはスポーツドリンクが欠かせません。失った水分や塩分などを補給するために必要ですが、スポーツドリンクには意外と多くの糖分が使われています。そのためスポーツ時以外、つまり普通の時間にジュース代わりとしてたくさん飲むと、虫歯リスクが高くなってしまいます。

乳歯は特に要注意

特に乳歯は永久歯に比べて歯質が弱く、すぐ虫歯になってしまいます。離乳食時代は甘いものをできるだけ口にしないようにしていても、1歳を超えると大人と同じものを食べたり飲んだりするようになります。甘い味を知ってしまうと、離乳食時代の味の薄いものにはなかなか戻れず、毎日のように甘い飲み物やお菓子を摂るようになります。

保護者の方はこのようなリスクをきちんと理解し、お子さんの歯の健康に気をつけてあげなければいけません。

絶対にあげないのではなく、時間や量をきちんと決めて与えることが最も大切です。幼いうちはもっともっと、とねだってきます。時には泣いて欲しがるでしょう。

しかしお子さんの歯の健康を考えると、保護者の方がきちんと管理をしてあげなければいけません。子どもは際限なく好きなものを食べたり飲んだりするものです。大切なお子さんの歯を守るためには、保護者の管理が欠かせないのです。

乳歯はどうせ抜けるから虫歯になってもそれほど問題にならないのでは?と思うかもしれませんが、乳歯を早い段階で失ってしまうと、後の永久歯の歯並びにも影響が出てしまいます。

また虫歯菌がすでにお口の中に棲みついていることで、後から生えてくる永久歯の虫歯リスクも非常に心配です。永久歯がひどい虫歯になって、大人と同じように詰め物や被せ物を装着しなければいけなくなってしまうかもしれません。

お子さんの大切な歯のためにも、砂糖がたくさん使われている飲み物の与え方には十分注意して下さい。

 

当院の小児歯科についてはこちら