歯がしみる場合、ホワイトニングはできる?|【豊中市(緑地公園駅前)の歯医者・歯科|はぴねす歯科】

電話番号:0661514618

カテゴリー: コラム ホワイトニング

歯がしみる場合、ホワイトニングはできる?

真っ白の歯に憧れてホワイトニングを希望する方が増えていらっしゃいます。しかし誰でもホワイトニングができるわけではありません。ホワイトニングをしたいけれど歯がしみる場合、ホワイトニングをしても大丈夫なのでしょうか。

歯がしみる・・・原因は?

芸能人やモデルのように真っ白な歯は清潔感にあふれ、口元を魅力的に魅せてくれます。しかしどんなにホワイトニングを希望していても、歯の状態によってはできない場合があります。歯がしみる場合、考えられる原因は虫歯と知覚過敏です。虫歯ははじめは自覚症状がありません。しかし虫歯が進行するとやがて甘いものや冷たいものがしみるようになります。これは虫歯がエナメル質の内側にある象牙質まで進行すると、痛みなどを感じるようになるため、治療が必要になります。神経まで達するとかなり痛みが強くなるため、ホワイトニングどころではなくなってしまいます。

歯がしみるもうひとつの原因は、知覚過敏です。虫歯ではないのに歯が沁みる場合、強いブラッシングにより歯ぐきが下がり、歯の根元が露出してしまいます。歯の根元は象牙質にほど近いため、刺激が伝わりやすいのです。また歯周病でも歯ぐきが下がり、知覚過敏の症状が出やすくなります。

症状に応じた治療を行うことが先決

虫歯でも知覚過敏でも、そのままの状態でホワイトニングを行うことはできません。薬剤の刺激により症状が悪化してしまうため、まずは痛みの元を取り除く治療が必要になります。軽度の虫歯の場合、虫歯部分を削って樹脂で詰めて修復します。知覚過敏の場合、症状が辛いときは根元を樹脂で覆って刺激から保護します。

治療を終えたらホワイトニングできる?

ホワイトニングを行う前には必ず歯科医師の診察が行われます。基本的に、虫歯治療を終えた後はホワイトニングが可能になります。ただし樹脂を使った部分はホワイトニングで歯白くならないため、ホワイトニングを行ってもムラが出てしまう可能性があります。

知覚過敏の場合、樹脂で覆ってもホワイトニングの薬剤による刺激が強い場合、施術後に痛みが出る可能性があります。そのためホワイトニングができるかどうかは、歯科医師の判断によるでしょう。もしホワイトニングができない場合、クリーニングでも十分キレイになります。またどうしても真っ白にしたい場合、セラミック治療という手もありますが、歯をたくさん削らなければいけないため、歯の寿命に影響が出てしまうことがあります。

歯がしみるけど歯も白くしたい方は、まずは受診をして歯科医師の指示に従ってください。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

 

ホワイトニングができない人、してはいけない人とは

歯を真っ白に美しく仕上げるホワイトニングが、年代を問わず人気を集めており、ホワイトニングを扱う歯科医院が増えています。それと同時に、セルフホワイトニングやホワイトニングバーといった、安価で手軽にホワイトニングができる場所も増えています。しかし、中にはホワイトニングを行ってはいけない方もおられ、誤ってホワイトニングを受けたことで重篤な症状に陥ってしまうことがあります。今回はホワイトニングができない人、してはいけない人についてご紹介します。安全に歯を美しくするためにも、是非目を通してください。

絶対にホワイトニングをしてはいけない方

・無カタラーゼ症の方・・・無カタラーゼ症とは、体内のカタラーゼという物質が不足していることで、かさんか過酸化水素が分解できない病気です。ホワイトニングの薬剤に含まれる成分が体内で分解されずに蓄積してしまうため、お口の中に重篤な疾患を招いてしまいます。このため、無カタラーゼ症の方は、絶対にホワイトニングを受けないようにして下さい。

ホワイトニングを控えたほうがよい方

・妊娠中もしくは授乳中の方・・・妊娠中や授乳中の方は、できるだけホワイトニングを控えたほうが安全です。妊娠中、授乳中のホワイトニングによって悪影響を受けたという報告は今のところありませんが、赤ちゃんのためにもこの時期はホワイトニングを控えたほうが賢明です。

・未成年の方・・・未成年の方は、まだエナメル質が成人よりも薄く、ホワイトニングの薬剤によって刺激を受けやすくなります。歯の成長段階で悪影響を受ける可能性もあるため、未成年の方はホワイトニングを控えたほうがよいでしょう。どうしてもと言う場合は、保護者の同意書が必要になります。

ホワイトニングができない方の選択肢

上に挙げた条件に該当する方、またそれ以外でも歯科医師がホワイトニングをしないほうがよいと判断した方は、ホワイトニング以外の方法で歯を白くします。その第一選択肢は、クリーニングです。歯のクリーニングは着色や汚れ、プラークなどを落とし、歯本来の色を蘇らせます。クリーニングは誰でも受けていただける上、安全性にも何ら問題はありません。定期的に受けていただくことで、ツヤのある自然な歯をキープすることができます。

もうひとつの選択肢は、セラミック治療です。セラミッククラウンを被せる、あるいはラミネートべニアという、セラミックの薄いシェルのようなものを歯に張り付けて白く仕上げます。クリーニングよりも白く仕上げることができますが、歯を削らなければいけないことがデメリットです。

このように、ホワイトニングを希望しても、お口の中の状態やその他の条件により、ホワイトニングができないケースがあります。このような判断をきちんとできるのは、歯科医師が在籍するクリニックだけです。もし無カタラーゼであるにもかかわらず、自己判断で過酸化水素を使ったホワイトニングを受けると大変なことになってしまいます。ホワイトニングができないケースがあることを知っておくことも、非常に大切です。

自分はホワイトニングを受けても大丈夫か不安な場合、必ず事前に歯科医師に申し出て下さい。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

 

 

ホワイトニング後に歯が痛い・・・!これはなぜ?

歯を真っ白に美しく仕上げるホワイトニングが人気を集めています。しかし中にはホワイトニング後に歯が痛くなったり、しみるといった症状を訴える方もいらっしゃいます。ではホワイトニング後に起こる歯の痛みは、どのような原因が考えられるのでしょうか。

ホワイトニング後の歯の痛みやしみる症状は、知覚過敏

知覚過敏とは、虫歯でないのに冷たいものなどによる刺激で歯が痛む症状です。軽くしみる程度から、ズキンと脈を打つような痛さまで様々です。知覚過敏の原因は様々ですが、ではホワイトニング後に知覚過敏の症状が出るのはどうしてでしょうか。

ホワイトニング後の知覚過敏の原因は、主にホワイトニングジェルの刺激によるものです。歯科医院で使われるホワイトニングジェルの濃度は、低いものから高いものまで段階を経て使い分けられます。当然、濃度が高いものは歯への刺激が強くなります。また濃度は低めでも、使用時間が長いと歯に刺激を与え、痛みといった症状が起こってしまいます。

特にホームホワイトニングの場合、ホワイトニングジェルを流し込んだマウスピースの装着時間が長すぎると歯に多大な刺激を与え、痛みとなって現れてしまうので注意が必要です。

知覚過敏になりやすい要因とは?

ホワイトニングを行う全ての人に知覚過敏が起こるわけではありません。ホワイトニング後に知覚過敏が起こるのは、濃度や時間のほかに、患者様の口腔内に原因があることも要因のひとつです。では知覚過敏になりやすい特徴とは、どういったものなのでしょうか。

・歯ぎしりをする方・・・無意識に行われる歯ぎしりが原因で知覚過敏が起こることがあります。歯ぎしりを続けていると歯の表面が摩耗し、象牙質がむき出しになってしまうことがあります。この症状を咬耗症と言い、咬耗症の方がホワイトニングを行うと象牙質に刺激を与え、痛みとなって現れてしまいます。

・歯にの表面にキズやヒビがある場合・・・歯は少しずつ目に見えないヒビや傷が生じるものです。そこへホワイトニングジェルによる刺激が知覚過敏となって現れることがあります。

・虫歯がある場合・・・虫歯があるのにホワイトニングを行うことで、痛みを感じることがあります。ホワイトニングを行う前は、必ず歯科医師の診察があり、ホワイトニングをしても大丈夫かどうか判断します。もし虫歯が見つかった場合、知覚過敏になる恐れがあるため虫歯治療を行ってからホワイトニングを受けていただきます。

ホワイトイングを行ったからと言って、全ての人に知覚過敏の症状が出るわけではありません。しかし施術後に少しでも痛みやしみるといった症状が起きた場合、できるだけ早くホワイトニングを受けている歯科医院に相談しましょう。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

アンチエイジングに!口元の美しさが与える効果について

最近、様々なメディアにおいて「アンチエイジング」という言葉を目にする機会が増えています。アンチエイジングとは、簡単に言うと「老いを遅らせ、いつまでも健康と美、若さを保つことへの取り組み」です。アンチエイジングはお肌に対するイメージが強いかもしれませんが、実は口元が与える印象はとても強く、口元のアンチエイジングを行うことで、若く見られることがほとんどなのです。

口元は年齢が現れる重要なパーツ

人間は、誰しも年をとっていきます。若い時はなかったシミやたるみなどが、年齢を重ねるにつれて気になり、何度も鏡を見たり、高級な化粧品を購入する方も多いと思います。そこで意識していただきたいのが「口元」です。笑った時の口元はどうでしょうか。年齢とともに黄ばんだ歯になっていませんか?歯が黄色くなっていたり、茶色く変色していると、大変老けて見えるのをご存じでしょうか。年齢を重ねるとともに、歯もだんだん黄色くなっていきます。どんなにアンチエイジングに力を入れても、歯の色ひとつでその印象は大きく異なるのです。

例えば口元のほうれい線が目立っても、大きなシミがあっても、白い歯はその人をとても魅力的に魅せ、年齢を感じさせないものです。

これは若い方でも同じことが言えます。着色が著しかったり、タバコで歯や歯ぐきが茶色くなっていると、清潔感を感じることはできないものなのです。

黄色くなった歯は加齢と被せ物の劣化

笑ったときに目立つ歯の黄ばみやくすみの原因は、天然歯の場合は着色物の蓄積および歯の内部の象牙質の色が濃くなったことです。いっぽう被せ物の場合は、着色のt久積おおび被せ物の劣化が考えられます。原因によって対処法は異なりますが、原因に応じた治療を行うことにより、見違えるような美しい口元に仕上がります。

天然歯が多い場合、ホワイトニングを行うことで歯の色が格段に白くなります。半年に一度など定期的に歯科医院でホワイトニングを受けていただくことで、キレイな白さを保つことができます。また3か月にいちどは定期的にクリーニングを受けると、徐々に蓄積される着色を取り除き、本来の色を取り戻すことができます。歯周病や虫歯の予防にもなりますので、3か月にいちどのクリーニングをきちんと受けていただくと、口元の健康を維持することができるため、必ず受けるようにしましょう。

いっぽう古くなった被せ物は、セラミック治療などできれいな歯を取り戻すことができます。周りの歯の色に合わせて作製しますので、自然な美しい被せ物ができあがるとともに、汚れも付きにくいのが特徴です。ホワイトニングと同時に行う場合は、先にホワイトニングでトーンを上げてから作製することをお勧めします。

誰しも年齢を重ねることは厭えません。しかし老いに負けない、健康的で生き生きとした毎日を送るためには口元の健康がとても大切です。口元の美しさを維持することは、結果的にアンチエイジングに繋がるのです。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

 

 

年末年始を白く美しい歯で過ごしませんか?

クリスマスも終わり、もうすぐ年の瀬を迎えます。大掃除などで忙しい日々が続きますが、お口の中の状態はどうでしょうか?新しい年を迎えるにあたって、また自分へのご褒美として、ホワイトニングで白く美しい歯を手に入れてみませんか?

 

年末近くになると、美容院へ駆け込む人が急増します。これは、美容院ですっきりして新しい年を迎えたいという思いの表れでしょう。では歯科医院はどうでしょうか。虫歯治療や歯周病治療などの治療を済ませておきたい方は多いと思いますが、なかなかクリーニングやホワイトニングまで手が回らないのではないでしょうか。オフィスホワイトニングなら時間をかけずに一度の施術で真っ白な歯に仕上げることができます。いちど白くすると、3か月くらいは白さが持続しますので、時間がない方にとても適した施術であると言えます。

オフィスホワイトニングの注意点

オフィスホワイトニングは忙しい方にぴったりのホワイトニングです。一度の施術で真っ白に仕上がるため、近年人気を集めていますが、注意すべき点がいくつかあります。

まずは、天然歯しか白くならないことです。ホワイトニングは自分の歯を白くして美しく魅せますが、差し歯などの人工歯は白くなりません。差し歯の変色はクリーニングでも落とすことができないため、作り替えになります。

またひどい虫歯や歯周病がある場合も、オフィスホワイトニングは難しいでしょう。知覚過敏も、よりリスクが高まります。オフィスホワイトニングを受けたい場合、歯科医師がきちんと在籍し、口腔内の確認をする歯科医院かどうかを確認して下さい。中には歯科医師や歯科衛生士が在籍せず、自分でホワイトニングを行うサロンもあるようですが、ご自身では虫歯や知覚過敏の有無がわかりません。「自分は大丈夫」と思っていても、実は虫歯や歯周病、知覚過敏であった場合、症状が悪化してしまう恐れがあります。美しい歯を求めるだけでなく、トラブルを防いで安全に受けるためにも、歯科医院が在籍しているクリニックを選ぶようにして下さい。

白く輝く口元で、新年を気持ちよく迎えてみませんか?

オフィスホワイトニングは即効性があり、ホームホワイトニングと比較すると効果が表れやすいため、忙しい方にとってはぴったりの施術です。今の時期は込み合ってるかもしれませんが、新年を気持ちよくむかえるためにも、いちどホワイトノンぐの施術を受けていただくことをお勧めします。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

着色や加齢が原因でない歯の黄ばみについて

歯の黄ばみや変色の原因の多くは、日常の飲食によるステインが考えられます。特にコーヒーやカレー、赤ワインなどを好む方は着色が付きやすく、くすみとなって歯に表れてしまいます。しかしこのような飲食物をほとんど摂らないにもかかわらず歯が黄色い場合、何が原因なのでしょうか。

ステイン以外の黄ばみの原因について

日常の飲食物が原因でない歯の黄ばみやくすみ、変色には次のようなことが考えられます。

・エナメル質形成不全・・・生まれつきエナメル質の形成がうまくいかない病気です。エナメル質形成不全は歯の色に現れ出ることが多く、歯の一部が濃い色になっていたり、歯全体がくすんでいたりと色々です。中には虫歯と間違えるような、かなり濃い茶色になっていることもあります。

・抗生物質による副作用・・・抗生物質には色々なものがありますが、その中のテトラサイクリン系という抗生物質を長期間服用すると、その副作用として歯がグレーっぽく変色してしまうことがあります。歯全体が変色するため、お口全体の印象があまりよくないように見受けられます。

ホワイトニングで白くならない歯について

エナメル質形成不全や抗生物質による変色は、ホワイトニングで白くすることは期待できません。ホワイトニングで白くできない歯を白くしたい場合、他の選択肢となります。

その選択肢は、セラミック治療になる場合が多いでしょう。白い被せ物を被せたり、ラミネートべニアと呼ばれる薄いセラミックを歯に張り付けて歯を人工的に白くすることで、歯の色のコンプレックスから解消されるでしょう。ホワイトニングで白くできない歯にお悩みを持つ方にとって希望となる治療法となります。

しかしセラミック治療のデメリットは、歯を削らなければいけないことです。被せ物を被せるためには多少なりとも歯を削らなければいけません。またラミネートべニアでも、歯の表面をごく薄く削る必要があるため、将来の歯の健康にって多少のリスクを負うことになります。

とはいえ、気になる歯の色のコンプレックスを解消するためには原因に応じた治療や施術が必要です。セラミック治療でないと白くできない、と言われた場合はよく考えて治療を受けて下さい。

ホワイトニングで白くできるかどうかは、まず歯科医師に判断してもらいましょう

歯を白くしたいからホワイトニング!とホワイトニングを受けにいったにもかかわらず、病気や薬の副作用で歯の変色が起きた場合、まずはあきらめずに歯科医師に相談してください。もしかすると他の方法を提案されることも考えられます。そのためには、歯科医師がちゃんと在籍している歯科医院を選ぶように気を付けて下さい。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

歯のクリーニングはどこまでキレイになる?

歯科医院で行うクリーニングは、歯の表面に付着した汚れや着色を落とす効果があります。では同じ歯を白くする方法でも、歯のクリーニングとホワイトニングでは白さや施術などにどのような違いがあるのでしょうか。

歯のクリーニングとは?

私たちの歯は、毎日の飲食により少しずつ色素が沈着するため、気が付くと歯の色が黄ばんでいたり、茶色くなっています。歯の色は笑った時に大変目立つため、黄ばみやくすみが目立つ歯では、口元だけでなくお顔全体の印象にも影響してしまいます。どんなにきれいにメイクをしてヘアスタイルをバッチリ決めていても、残念ながら口元でその人の印象は変わってしまうのです。それほど歯の色や口元は影響が出やすいのです。

歯のクリーニングは、日常の飲食によって付いてしまった汚れを取り除き、歯本来の自然な色を取り戻すことができます。またクリーニングは保険適用のものもあるため、同時に歯石除去を受けることで歯周病の予防にもなります。

保険と自費、クリーニングではどのように違う?

歯のクリーニングには保険適用のものと自費のものがあります。では同じクリーニングでも保険と自費ではどのように違うのでしょうか。歯科治療における保険治療というのは、虫歯や歯周病などといった病気が発症している際に適用になることを言います。つまり保険適用のクリーニングは、歯周病治療という名目で行われることがほとんどです。そのため歯周ポケット数値を測る検査が必要となり、歯石除去も行われることになります。使える器具や薬剤も、保険で定められたものしか使うことができません。

いっぽう自費のクリーニングは、保険のように制限がありません。ペーストや薬剤も、保険適用のものよりも幅広く使うことができるため、虫歯予防のフッ素塗布や歯質を強化するペーストなども使うことができます。そして何より、患者様の口腔内の状態に合わせた予防プログラムを組んで施術を受けることができることが大きな特徴です。

より白さを求めるのならホワイトニング

歯のクリーニングは、日常の汚れをきれいに落として本来の歯の色を取り戻す施術です。汚れやくすみが気になる方は、保険の範囲内で元の色を取り戻すことができることができるため、3か月に一度くらいのペースで継続されると良いでしょう。

より白さを求めるのならホワイトニングです。ホワイトニングは、ご自身の歯の色よりも白く仕上げることができるため、クリーニングでの施術よりももっと白い歯を!と思われる方は是非ホワイトニングを受けてみて下さい。クリーニングとホワイトニングの白さの差はかなりはっきりと出るため、白さを実感したい方はホワイトニングをお勧めします。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

年齢を重ねるからこそ気を付けたい、歯の色

歯の色は、年齢を重ねるにつれてだんだん黄ばみやくすみが増してきます。歯の色の変化は、実際の年齢よりもさらに上に見られがちなのです。では歯の色を改善することで、何か変化が起こるのでしょうか。

歯の黄ばみやくすみは年齢を重ねた証

若いころはそれほど気にならなかったのに、最近歯の色が汚くなってきて、人前で笑うのが恥ずかしい・・・こんな経験をした方はいらっしゃいませんか?歯は年齢を重ねるにつれ、だんだん黄ばみが増してきます。歯の表面は固いエナメル質で覆われていますが、内部の象牙質はやや黄色味を帯びた色をしています。年齢を重ねるにつれ象牙質の色が濃くなり、濃い褐色のようになってしまいます。歯が黄ばんで見えるのは、内部の象牙質の色が濃くなったためと考えられます。

また変色もしやすく、歯の汚れとともに歯の被せ物も変色してきます。セラミッククラウンやジルコニアクラウン、古くはメタルボンドといったセラミック系の被せ物は比較的変色しにくい素材ですが、前歯の保険の差し歯は表面がレジンで作られているため、月日が経つにつれてだんだん差し歯の表面に細かな傷が生じてしまいます。そこに着色や汚れ、細菌などが付着することで変色となって表れてきます。白く美しい歯は口元をキレイに見せるとともに、実年齢より下に見られることのふが圧倒的に多いのです。しかし月日が経ってご自身の歯や被せ物の色が悪くなってしまったら、できるだけ早く歯科医院を受けたほうがよいでしょう。

歯を白く美しくするならホワイトニングかセラミッククラウン

歯の色を白くする方法は、主に2種類です。ひとつはホワイトニングで、もうひとつはセラミック治療によるセラミックの被せ物に変えることです。

ホワイトニングは、ご自身の歯をさらに白く美しく仕上げることです。歯科医院で扱うホワイトニングジェルを歯に塗布して熱を加え、象牙質内部の歯の黄ばみを分解して真っ白に仕上げます。なおホワイトニングは被せ物には効果がなく、ご自身の歯のみに変化が起こります。

セラミッククラウンは、ホワイトニングでは白くならない歯、つまり汚れて劣化した人工の被せ物をセラミック系の被せ物に変える治療法です。セラミッククラウンは汚れが付きにくく変色しにくいため、長期にわたって白さをキープすることが可能です。

ホワイトニングとセラミック治療、どちらを行っていいかわからない場合は、歯科医院に相談してみましょう。ご自身の歯の状態に合わせて、どの方法で歯をきれいにするのが最良の結果を手に入れることができるのか、相談することで治療法が変わってきます。

白く美しい歯は、実年齢よりも若々しく清潔感に溢れています。年だから、と諦めず、歯を白く美しく整えて、生き生きとした毎日を送ってみませんか?

 

当院のホワイトニングについてはこちら

ホワイトニングは保険が効かない?

ホワイトニングジェルを塗布して歯を真っ白に仕上げるホワイトニング。口元の審美志向が高まる中、歯を白くして口元を美しく仕上げるホワイトニングが人気を集めていますが、ホワイトニングは保険が効かないのです。

歯科治療における保険適用とは?

私たちは、歯科や医科を受診するときに健康保険証を受付で提示します。その際、健康保険適用の治療であれば、大人の場合3割負担の金額を窓口で支払います。これは、病気やケガなど傷病名が付いた際に、保険を使うことができることになります。

では歯科治療における保険適用範囲はどこまでなのでしょうか。例えば虫歯治療や歯周病治療などは「歯および歯ぐきの病気のため、その治療として保険が適用になる」ということになります。つまり歯科治療では、最低限の機能を取り戻すために安い治療費で治療を受けることができるのです。

しかし、審美性を求めた治療となると、保険が適用にならず自費治療になります。歯列矯正やインプラント、セラミック治療などはより機能と審美性を高めた治療となるため、自由診療となるのです。ホワイトニングも治療目的ではなく、審美目的となるため保険適用とはならず、自費治療となるのです。

保険適用で歯を白くしたいと思ったら?

ホワイトニングは高いから保険で何とか歯を白くできないのか?とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。ホワイトニングは完全に自費治療となるため、金額は高くなります。そのため保険適用で歯を白くしたい場合、選択肢は歯のクリーニングになります。歯のクリーニングには保険適用のものと自費治療があり、保険適用の場合は当然ながら病名が必要となります。また歯周病治療の一環として、歯周ポケットの検査が行われます。内容は自費のクリーニングと比べると、使えるペーストなどに制限があり、最低限の内容で行われることになります。

それでもペーストを使って歯の表面に付いたステインを取ることで、歯本来の色を取り戻すことができます。

自費のホワイトニングと保険適用のクリーニングを上手く組み合わせてみても

ホワイトニングは一度の施術費用が高くなり、コースを組むとかなり高額になります。それでも歯を白くきれいにしたい場合、オフィスホワイトニングを半年にいちど受け、その間は保険適用のクリーニングをうけることで一定の白さをキープすることができるかもしれません。また着色を落とす効果の高い歯磨き剤を使うことも、ステインの付着を遅らせる効果が期待できます。

ホワイトニングとクリーニングを上手く使って、最も効果的な方法で健康的で美しい歯をキープすることで、笑顔に自信を持つことができるでしょう。

 

当院のホワイトニングについてはこちら

ホワイトニング、こんな症状が出た場合は?

薬剤を使って歯を真っ白に美しく仕上げるホワイトニングですが、トラブルが起こる場合もあります。これからお伝えするような症状が出てしまったら、ホワイトニングを中止しなければならないかもしれません。

ホワイトニング専用の薬剤を用いて歯を白くする

通常のクリーニングは、薬剤というよりは、研磨成分のあるペーストを使って歯の表面の汚れを落とし、滑らかに磨き上げてツヤを出します。

いっぽうホワイトニングは、医療機関でしか扱うことのできない薬剤を使って、歯の内部の色素を分解して歯を真っ白に仕上げます。ここで使用されるホワイトニングジェルは濃度が異なり、ホワイトニングを導入しているクリニックによっては、低い濃度のものから徐々に高濃度に上げていくことがあります。

特にホームホワイトニングは、始めたばかりのころは比較的低い濃度のものから徐々に高い濃度に上げていくプロセスのところもあります。

 

ホワイトニングを中断したほうがよいケースとは?

ではホワイトニングを中断したほうがよいケースとは、どのようなことでしょうか。ペーストを使ったクリーニングで歯にトラブルが起こることはめったにありません。というのも、クリーニングは歯の表面、つまりエナメル質に付着した汚れだけを取り除くため、内部の神経に刺激が伝わることはほとんどないと言えるでしょう。

しかしホワイトニングは薬剤が歯の内側の象牙質まで浸透するため、しみる、痛むといった症状が出てしまうことがあります。ホワイトニング後の痛みは多少なりとも感じるものの通常、一両日中には治まります。

ところが痛みがいつまでも続く、痛みがだんだん増してくるといった症状の場合、ホワイトニングの薬剤の刺激が強いことが考えられます。

特にホームホワイトニングの場合、早く白くしたいからと言ってジェルを流し込んだマウスピースを長時間装着していると、非常に強い痛みを伴うことがあります。このような場合、一旦使用を中止し、クリニックに相談しましょう。歯にヒビが入っていた、或いは虫歯があったというような問題がない限り、再開できる可能性もあるかもしれません。なおホームホワイトニングをする場合、必ず指示された装着時間を守るようにして下さい。

中にはホワイトニングの薬剤が合わないこともあります。ホワイトニングを始めてからお口の中の粘膜に異常が出た、体調が優れないなどといった場合、ホワイトニングを中止して早めにクリニックへ相談して下さい。場合によってはホワイトニングを断念しなければならないこともあります。歯のクリーニングでもケア次第で十分きれいな歯を保つことができます。

ご自身に最も合った方法で、きれいな歯そして口元で毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

当院のホワイトニングについてはこちら